※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

214 :キモオタと彼女:2010/02/26(金) 23:36:38 ID:RUPI98Ug
オゥフ、やっと家に帰ってこれたでござる。
このボロいアパート(2LDK)が拙者の家でござる。
ガチャ、パタン。
オッフゥ、疲れたでござるなぁ。
朝比奈さんは、周りの方々に対しては優しい方でござるが、拙者だけにはとても辛くあたるので、酷いでござる。
しかし、拙者の見た目や性格はどうも人を苛立たせる性格でござる。
グフゥ。
しかし、昔の事を思い出すと今までイジメられぱなっしの人生でござるなぁ。 ウッフゥ。
中学、高校のイジメは耐えきったでござるが、大学では、拙者の存在は周りからは無かったことにされたのが辛かったでござる。
拙者の家庭は、決して裕福ではなかったので、両親の為にも頑張りたかったでござるが・・・
無理でござった。
大学を中退してから、すぐに仕事を必死で探し、今の職場に就いたでござる。
拙者は、もう両親には迷惑をかけるのは申し訳ないので、実家ではなく、1人暮らしでござる。 ちなみに拙者は父上似でござる。
母上は、拙者から見てもすごい美人でござる。 何故、契りを交わせたのかが謎でござるなぁ。 ドゥフ。
母上にどうゆう成り行きで、父上と結婚したのかを聞いてみたでござる。
母上が仰るには、
「お父さんはね~。 すごく優しくてね~、一緒にいてすごい落ち着くんだよ~。」
・・・いや、そういうことではなく、結婚までの過程を聞きたかったのでござるが・・・。
しかし,その後は、父上の事だけで軽く三時間も話されたでござる。
父上に聞くと、苦々しい顔をして
「あぁ・・・、うん、色々あるんだよ。 大人はな・・・。」
言葉を濁されてしまったでござる。
人の人生は色々あるでござるなぁ。 ウッフゥ。
まぁ、拙者がいない今、二人ともゆっくり過ごして欲しいでござる。
オゥフ、拙者としたことがおセンチな気分になってしまったでござる。 ドゥフフフ。
明日は、会社が休みですし、秋葉に行くでござる。 グゥフフ。



215 :キモオタと彼女:2010/02/26(金) 23:46:06 ID:RUPI98Ug
うーん、明日は会社が休みだしなぁ。
彼が外出してくれるとすごい嬉しいんだけどなぁ。
私の休日の過ごし方は、外出する彼を後ろからつけたり、ずっと彼が家にいる時は、彼がコンビニなど行くときは、彼の家の前で待ち伏せし、一目見れたらその日は満足など・・・。
この2年間、彼と一切まともに喋っていない・・・。
会話をするとしたら、事務的な会話ばかりだ。
もっと、色んな事を喋りたいのに・・・。
彼と顔を合わせると考えている事と口にしている事が全然違ったりする。
「おい!」
(ずっと、好きでした。付き合って下さい!!) 「は、はい、何でしょうか?」
「この書類、ミスが多いぞ。」
(彼女じゃなくてもいいです。貴方専用の犬にして欲しいです。)
「ぁ、も、申し訳ありません。 すぐに直します。」
「・・・全く、同じミスを何度もするのは、止めてくれ。」
(そうだよ。 私とすぐに付き合うべきだよ。) 「グフゥ、は、早く直します。」
「さっさと、お願いね。」
(あああ、彼との会話が終わってしまう。 貴重な会話が・・・)
いつも、こんな感じだからなぁ。
彼の前に立つと、自分の言いたい事も言えなくなってしまう。
素直になれない自分が嫌になっちゃうなぁ。
・・・よし、明日こそは、彼の家に一日中張り付いて、彼がお出かけするのを待っちゃお。
明日こそは、彼と・・・。
仲良くなりたいなぁ。