※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

435 :未定:2010/03/18(木) 02:25:29 ID:RMem8h1u
私は朝が嫌いだ。
頭は良く働かないし、これから学校があると思うと憂鬱になる。

朝6時に起床。
7時30分に家を出て。
8時に学校に着く。
その後はくだらない授業を聞き流し。
昼休みになれば購買で買ったパンを食べる。
そしてまた授業。
放課後になれば自宅へ帰り。
コンビニで適当に見繕ったお弁当を食べる。
その後は風呂に入り。
出たら明日の諸用意。
課題なんか出ていたらこの時終わらせる。
そして遅くても12時には就寝する。

これが私「東条 美紀」の日常だ。
至って普通の高校生。
それが私だ。



436 :未定:2010/03/18(木) 02:26:04 ID:RMem8h1u
今は授業中。担当の教師が世界史について授業をしている。
岡部康仁 47歳。温和な教師で、学生にも人気がある。
人間観察は私の趣味だ。

「東条、何年か分かるか?」
「1939年です」
私はさっと答える。

「そうだ、さすがだな」

岡部は私に微笑を浮かべると、全員に視線を戻し授業を続ける。
世界史は好きだった。


世界史が終わり、今は休み時間。
クラスメイト達は幾人かのグループを作り、話に興じる。
ふと、この前読んだSF小説を思い出した。
星間戦争の話だ。星と星が争う壮大なスケールの物語。
とても面白かった。続編があるようだしな、今度買いにいくとするか。
「美紀ぃ」
ノイズが入った。
「用件」
「いきなりですかぁ、少しはゆとりを持ちましょうよぉ」
「用件」
機械的に繰り返す。
「冷たいなぁ、でもそこが良いんですよねぇ」
「3.2.1」
「分かりましたよぉ、言いますぅ。えーとぉ、今度家にぃ」
「却下」
「ひどいなぁ、最後まで言わせましょうよぉ。もしかしたらいい事かもなのにぃ」
溜息をつき、相手の方を向く

「どうせ、家に遊びに来たいとかそういった類のものだろう?」
「その通りぃ♪」

この女は「如月 沙織」
顔は文句の付け所のない美少女で、スタイルも抜群。
成績優秀で、運動もできる。
人当たりは良く、友人も大勢いる。
困った事に、何故かは知らないが私に好意を寄せているのだ。
愛の手紙を貰ったこと34回、告白を受けたこと62回と、異常だ。
「やだ」
「聞こえません」
「お前は小学生か」
「何を言われようが、決意は変わりませんよぉ」
駄目だ、もう我慢できない。
私は顔を伏せた