※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

461 :Crete島の病少女:2010/03/18(木) 20:45:47 ID:RMem8h1u

外では銃声が鳴り響き、爆音が聞こえる。
味方はどうなったのだろうか、部隊の皆は・・・。

「また、外を見てるの?駄目だよ」

微笑を浮かべながら女が近づいてくる。
美しい少女だ、初めて見た時は純粋にそう思った。

「なあ、もういいだろう。ここから解放してくれないか?」

手に巻きつけられた、鎖を見ながら呟いてみる。

「何言ってるの?そんな体で行ったらすぐ殺されちゃうよ」

またか、何回繰り返せばいいのだ。

「足はもう平気だ、君も知っているはずだろう」

看病してくれたのは彼女だ、知らないはずがない。

「・・・手当てしたのは私だよ、傷の具合は私が一番知ってる」

「なら――」

「足がまだ動かないっていうことは私が一番よく知ってるよ」

「!・・」

くそ、何を言っても駄目か。できることならあの日に戻り、自分に
警告してやりたい気分だった。

そう、この監禁生活が始まったのはあの日からだ・・・。



463 :Crete島の病少女:2010/03/18(木) 21:21:28 ID:RMem8h1u
「降下猟兵」はエリートだ。普通の兵士なんかじゃ出来ない芸当を
軽々しくやってのける。

空から舞い落ち、敵陣の真っ只中で任務をこなす。

だから俺達はエリートなのだ。

5月20日

俺は機内の中にいた。もうすぐCrete島への降下が始まるのだ。
ふと、体中を震えが駆け巡った。
これは俺にとって初めての降下なのだ。

「緊張しているのか?」

部隊長が声をかけてくれる。

「大丈夫です」

嘘だ、本当はこの場で叫びたいほど緊張している。
部隊長は微笑を浮かべた。

「私からはぐれなければ、生きて帰れるさ」

俺はその言葉を胸に刻みつけた。


「降下準備!」

部隊長のそんな声が聞こえた。
立ち上がり、気を引き締める。

「いけ」

「いけ」

「いけ」

どんどん前の奴らは舞い立ち、あっという間に俺の番だ。
風の声と心臓の鼓動以外なにも聞こえない・・・。

「いけ」

ドン!と背中を押され、空へ。
重力が一層、強くなる。
次の瞬間には風の洗礼と対空砲火の嵐。

生きて、帰れるさ。



465 :Crete島の病少女:2010/03/18(木) 22:11:42 ID:RMem8h1u

ビュオオオオという風の音。
今日は風が強い、窓がガタガタ揺れる。

「飛んでいってしまいたい・・・」

そんな呟きは日常茶飯事だ。

私は風が好き。だって自由だしどこへでも行ける。
パルテノン神殿だって、自由の女神だってどこへでも。
しがらみも何もない空が心底羨ましかった。

唐突に外へ出たくなった。
風を感じたい。
1階に降り、玄関のドアを開ける。

「ッ!・・・」

予想以上に強い風が私の顔を打つ。
でも、そんな感覚すら嬉しくて、私は外へと歩き出す。

「はあぁぁ・・・・・」

「すうぅぅ・・・・・」

息をはいて吸ってを繰り返す。
心が軽くなった気がする。
よし、いつもの場所へ行こう。
私は歩き出す、風に打たれながら。



466 :Crete島の病少女:2010/03/18(木) 22:14:23 ID:RMem8h1u

「着いたぁ」

私の家から歩いて少しの所に草原がある。
草原の真ん中には、大きな岩があった。
その石の上が私の定位置だった。

「うんしょと」

石の上に登り、大の字で寝転がる。
空が見える、私の大好きな空が。

ゥーーン

「?」

遠くからかすかに聞こえてくる。
なんだろうか?



467 :Crete島の病少女:2010/03/18(木) 22:15:10 ID:RMem8h1u
ゥーーン

段々と

ウゥーーン

音が

ウゥーン

大きく

ブゥーン

明確に

ブゥン!

あ、大きな影が
通りすぎ――え?
私は弾かれた様に上半身を挙げる。

「何!?」

ついさっき通り過ぎた「それ」を目で追う。
知っている。あれは――

「戦闘機!」

どうしてこんな所に。
頭の中を疑問が飛び交う。

なぜ?

どうして?

何をするつもり?

パパは――

「そうだ!父さまが危ない!」

確か今日は軍の飛行場に行くと行っていた。
知らせないと!
私は岩から飛び降りると、一目散に走り出した