※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

605 :Crete島の病少女:2010/03/27(土) 22:14:15 ID:Fr8Hyiu/

私は走った。

鳴り響くサイレン。
燃え盛る建物。
逃走する人々。
それを誘導する兵士達。

色々な風景がよぎった。
それでも私は父さまのことしか頭になかった。

(無事でいて)

思うのはそれだけ。


しばらく走ると飛行場が見えてきた。
飛行場はひどい有様だった。
私の中に不安がよぎる。
父さまが死ぬ・・・。

(いやっ!)

気がつくと、私は走り出していた。


飛行場のゲートは壊されていて入ることが出来た。
色んな人達が走り回っていた。
私はその中から父さまを探そうと必死に目を凝らす。

(いた!)

いつもの柔和な顔つきをガラリと変え。
忙しそうに走っている。
着ている白衣は血と埃で薄汚れていた。

「父さま!」

「!? エリーザ――」

父さまは走ってきた私を抱きしめてくれた。

「エリー、なぜここに・・・」

「父さま、ぐす、戦闘機が戦闘機がぁ、」

「エリー、分かった、分かったから・・・」

私は泣くのを堪えられなかった。

(父さまが無事で本当に良かった・・・)

私は心から安堵していた。



606 :Crete島の病少女:2010/03/27(土) 22:15:26 ID:Fr8Hyiu/

「エリー・・・」

父さまが私を呼んだ

「ふあぁ」

顔をあげて父さまを見る。

「エリー、よく聞きなさい。ヒットラーの軍隊がここに攻めてくるんだ。
 お前はここにいてはいけない、家に戻って地下室に隠れていなさい」

「それなら父さまも一緒に・・・」

「駄目だ、父さんは医者だ。怪我をしている人がいるのに離れることは
 できないよ」

「でも、でも」
 
「エリー、大丈夫だよ。父さんは絶対にエリーを一人にはしない」

「父さま・・・」

父さまは微笑を浮かべると言った。

「絶対に家に帰るから」

「・・・うん・・・」

本当はとても心配だったけど、頷いた。
父さまの性格は良く知っていたから。
それに父さまは約束してくれた。



607 :Crete島の病少女:2010/03/27(土) 22:15:47 ID:Fr8Hyiu/

「よし、レッドフォード君!」
 
軍人さんが向こうから走って来た。おそらくレッドフォードという人だろう。

「なんでしょうか?ドクターハイネン」

「悪いんだが、娘を私の家まで送ってくれないか?ここに居させる訳にはいかない」

「丘の上にある邸宅ですね。わかりました。ジープを回してきましょう」

「すまないな」

「いえ」

そういうとレッドフォードさんは行ってしまった

それから5分ぐらいでジープが来た。

「さあ、ミス・ハイネンどうぞ」

「あ、はい・・・」

私は後部座席に乗りながら父さまを見る

(父さま・・・)

「レッドフォード君、頼んだぞ」

「まかせてください、イギリス紳士の名にかけてお嬢さんは無事お届けしてみせますよ」

「うむ、また後でな。それからエリー」

「はい?」

「すぐ帰るからな、それまでちゃんと隠れているんだよ」

「わかってます、父さま」

「それではな、エリー。愛してるよ」

「私もです、父さま・・・」

それを合図に、ジープは走り出した。
後ろを振り返る。
父さまはさっそく患者の元へ走り出していた。
ふいに、嫌な予感がした。
(もう、会えなくなるんじゃ・・・ううん、ダメ)
私はそんな考えを振り切ると、前を向いた。




608 :Crete島の病少女:2010/03/27(土) 22:16:55 ID:Fr8Hyiu/

送られている途中、レッドフォードさんから色んな身の上話を聞いた。


イギリス人で、故郷のバーミンガムには奥さんと娘さんがいること。

ある日、飛行場で事故に巻き込まれ、それから医者である父さまと親しくなったこと。

好物はアップルパイなど・・・etc


「大丈夫ですよ、ナチどもが上陸しようとしても我らが誇る
 イギリス地中海艦隊が阻止しますからね」

そう語ったレッドフォードさんの目は輝いていた。
若干手が震えていたのはこの際、見なかったことにしておこう。


そんな話をしている内に私の家に着いた。

「どうぞ、ミス・ハイネン」

私はエスコートされて降りた

「いいですか、ドクターの言いつけをちゃんと守るんですよ」

私がお礼を言うと、彼はニコッと笑い、ジープで走り去っていった。

私は家のドアを開けて中に入った。
(言いつけは守らなきゃね)
私は地下室に続く階段を降り、厳重なドアを開けた。
地下室はかなり広く、食料庫やお風呂、トイレなどがある。
昔、父さまに何故このような設備があるのか尋ねたことがあった。
すると父さまは寂しそうな目をして言うのだ。

「お前をあの子の二の舞にはさせたくないんだよ・・・」

あの子とは誰?二の舞って?色々質問したけれど
微笑を浮かべるだけで何も答えてくれなかった。

私は扉を閉め、鍵をかけた。

少し離れた所にあるベットに潜り込むと、目を閉じた。

(無事で帰ってきてね・・・)

思うのはそれだけ。