※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

31   名前:  触雷! ◆ 0jC/tVr8LQ   2010/07/29(木) 02:01:12   ID:1TGytqQU0

あたしの名前は、堂上晃。
「いたい! いたい! いたい! ギブアップ! ギブアップ!」
「ねえ、あたしのことすき?」
いつからあたしは、詩宝を男性として意識していただろう。今ではもう分からない。
「すき! すきだからおねがい、はなして!」
「じゃあ、おおきくなったらけっこんしてくれる?」
分からないが、かなり幼い時分からであるのは間違いない。
「け、けっこん? それは……うわあああああ!!」
「どうなの?」
「いたい! いたい! する! するから!」
少なくとも、あの日、公園でプロレスごっこをしながら将来を誓い合ったときには、あたしは詩宝に完全にイカれていた。
「じゃあ、ぷろぽーずして」
「ぷ、ぷろぽーず?」
「そう。けっこんしてっておねがいするの。しないなら……」
「す、するからまって! あ、あきら、ぼくとけっこんして!」
泣きながらあたしにプロポーズした詩宝。
そしてあたしは、彼を受け入れた。
「うん。いいよ。そんなにいうならけっこんしてあげる」
あの後、あたしは詩宝を家に引っ張って行き、“せいやくしょ”を書かせた。
『つむぎや しほう は 18さいになったら とうしょう あきら を およめさんに します。』
という文面だ。拇印も押させた辺り、あたしはなかなか冴えていたと思う。
保存用、観賞用、実用の3通を作らせたのは言うまでもない。
それ以降、あたしは特に婚約のことを持ちだすこともなく、ごく普通の幼馴染のように詩宝との日々を過ごした。
一々口に出して言わなくても、詩宝と将来結ばれるのは決定事項だと思っていたから。
しかし、小学校に上がったある日、あたしは詩宝の態度がおかしいことに気付いた。
あたしを特別扱いしないのだ。
他の有象無象の女共と、あたしと、詩宝は同じような態度で会話をしている。
本当なら、あたし以外の女とは、口を聞いてもいけないのに。
これはもう一度、“ぷろぽーず”をしてもらわないと駄目だろうか。
そんな風に思い始めていた矢先、プロレスラーだったあたしの父が引退した。
引退の原因は、怪我か何かだったと思う。
それはさておき、ある夜あたしは父に呼ばれた。
話を聞いてみると、父が現役時代に取れなかったタイトルを、あたしに取ってほしいとのこと。
そのために、男の振りをしてプロレスラーになってほしいと言われた。
はっきり言って、子供心に馬鹿馬鹿しいと思った。
男の振りなんかしたら、詩宝と大手を振って付き合えない。その1点だけを取ってみても、論外に思えた。
しかし、一晩いろいろ考えて、引き受けることにした。
それは、男に偽装するのを、詩宝に手伝ってもらおうと考えたからだ。
そうすれば、四六時中詩宝とくっ付けるし、詩宝と秘密を共有することになる。
なかなか魅惑的なシチュエーションではないか。



32   名前:  触雷! ◆ 0jC/tVr8LQ   2010/07/29(木) 02:01:40   ID:1TGytqQU0

翌朝あたしは、男としてプロレスラーになると、父に伝えた。
その代わり、条件を出した。
男装するに当たって、周囲を誤魔化すのを詩宝に手伝ってもらいたいから、それについて詩宝と詩宝の両親を説得すること、というものだ。
父はこれを承諾し、詩宝の両親に話を持って行った。
幸い、詩宝の両親が極めてノリ易い性格で、父の申し出を快諾したばかりでなく、詩宝を説得するのを手伝ってくれた。
詩宝自信は、父や詩宝の両親から話をされたときは渋っていた。
しかし、あたしが涙ながらに(嘘泣き)、父の意思を継ぎたいのだと言うと、すぐに応じてくれた。
やはり、彼は優しい。
それからしばらくして、あたしは詩宝と一緒に小学校を移り、それ以降は男として過ごした。
そして、父が所属していたプロレス団体に入団し、選手として活動し始めた。
ちなみに、あたしが入団したプロレス団体では、あたしが女であることをみんな知っていた。
それはそうだ。父はそこの選手だったのだから、家族構成ぐらいみんな知っている。
だが、そこはショービジネスであるプロレスのこと、父の野望を息子が継ぐと言う筋書きも面白いということで、黙認された。
ちなみに試合のときは、体型が隠れるようなプロテクターを付けて、誤魔化した。
まあ、そんなことはどうでもいい。肝心なのは、詩宝にどんな協力をさせたかである。
まず、学校では、四六時中あたしの側にいさせた。
特に意味はなかったのだが、とにかくそうさせた。
それから、胸を毎日マッサージさせた。
胸が大きくなると女であるのがばれるから、そうならないようにする、という理由だ。
『これで本当に小さくなるの?』と、詩宝は不審な顔をしていた。
あたしも、揉まれると小さくなるかどうかなんて知らなかったが、強引に揉ませた。
実際には全然小さくならず、それどころか風船のように膨張してしまったが、一切構わずに続けさせた。
それから、寝技の練習に付き合ってもらった。
他人と寝技で体をくっ付けたら、女だとばれるから、という理由だ。
さっき書いたように、うちの団体の人はあたしが女だと知っている。
だから意味はない。でもやってもらった。
具体的に言うと、自宅の練習場で、他に誰もいないとき、2人とも全裸になって体にオイルを塗って絡み合った。
なんで裸なのかと訝る詩宝に、こういうものだからと、あたしは言い切って続けさせた。
胸を揉まれるのも裸で抱き合うのも、ありえないほど気持ちがよかった。
絶頂に達して失神したことも、1度や2度ではない。
今からこれでは、詩宝と本当に繋がったらどうなるのかと怖くなったほどだ。
詩宝の方は、いつも顔を真っ赤にしていた。
女としてのあたしを詩宝に実感させ、あたしは満足だった。



33   名前:  触雷! ◆ 0jC/tVr8LQ   2010/07/29(木) 02:02:18   ID:1TGytqQU0

ところが高校に入学したとき、状況が変わった。
中一条という、成金の雌豚(もっと前の代からの金持なのかもしれないが、成金で十分だ。)が、何を血迷ったのか詩宝に惚れて、接近して来たのだ。
詩宝がフリーだとでも思っているらしい成金豚は、なりふり構わずに詩宝と仲良くなろうとした。
このときになって、あたしは初めて男装していることを悔やんだ。
詩宝と婚約していることを公言しておけば、成金豚の接近を許すことなどなかっただろうに。
しかし、もう遅い。どうするか。
男装を止めて、今からでも詩宝との恋人宣言をするべきか。
そう思っていた矢先、異変が起きた。
成金豚と同じように詩宝と親しくなろうとした別の女共が、次々と不登校になったり、学校を辞めたりしていったのだ。
当の成金豚は、いくら詩宝にベタベタしても平気なのだから、これは誰が考えても成金豚の仕業だろう。
皮肉なことに、あたしは男装していたおかげで、成金豚に邪魔されることなく、詩宝と接触することができていた。
これでは迂闊に男装を解くわけに行かない。あたしは詩宝に、成金豚を振らせる方向に作戦変更した。
あたしは、事あるごとに詩宝に言った。
「あの女はね、詩宝をからかって遊んでいるだけなんだよ」
「元々住む世界が違うんだから。あの女にとって詩宝はただの玩具なんだよ」
そのほか、成金豚に悪いイメージを抱くような噂もたくさん流した。
“メドゥーサ”という仇名を成金豚に付けてやったのもあたしだ。
元々、成金豚は強権的な性格で、逆らう者に容赦がなかったから、あたしは事実に多少の尾ひれを付けるだけでよかった。
さらに幸いなことに、あたしを支援する協力者が何人かいた。
それは、皮肉なことに、詩宝に惚れている女共だった。
さっき言ったように、連中の一部は不用意に詩宝に接近したため、成金豚に学校を追い出された。
しかし、残りは違った。
彼女達は、成金豚の行動に気付いており、急いで詩宝に近づこうとはしなかった。
蜘蛛が餌を待ち受けるように、息を殺して詩宝に接触する機会を伺っていた。
なぜそれが分かったかというと、彼女達があたしに接触してきたからだ。
奴らは詩宝の一番の男友達、ということになっているあたしのところに来て、詩宝の情報をねだった。
あたしは奴らに、詩宝の情報を漏らすような真似はしなかったが、成金豚を詩宝から引き離すのに協力してやると言って、噂を流す手伝いをさせた。
もちろん、あたしのものである詩宝に奴らが劣情を催しているのは、見ていて愉快ではない。
しかし、敵の敵は味方だ。成金豚を倒すために已むを得ず、手を借りることにした。
あたしと詩宝が結ばれた暁には、褒美として、詩宝の性欲処理便所くらいには認めてやってもいいと思う。
あたしは、心が広いのだ。



34   名前:  触雷! ◆ 0jC/tVr8LQ   2010/07/29(木) 02:02:46   ID:1TGytqQU0

そんな具合で努力を続けていたある日、詩宝が学校を休んだ。
病欠だというので、妻であるあたしは当然、彼の様子を見に行った。
病気が重いようなら、看病してあげないといけない。
まあ、実際にはどんなに軽い病気でも、無理やり寝かしつけて看病するつもりだったのだが。
ところが、詩宝の家に行ってみると、メイド服を着た雌豚が居座っていた。
雌豚と言っても成金豚ではない。見たことのない相手だ。
メイド豚はあたしが詩宝の家に入るのを拒み、追い払おうとしてきた。
翌日も詩宝は学校に出て来ず、詩宝の家に行くとまたメイド豚に邪魔される。
始め、メイド豚は、成金豚が詩宝を監視するために寄こした手先なのかと思った。
が、どうもそうではないらしいことに気付く。
メイド豚は、詩宝を家の外に出さないようにしている。
成金豚なら、そんなことをする必要はないだろう。むしろ、自分の屋敷に連れ込みたがるはず。
あのメイド豚はどこからか湧いて来て詩宝に取り憑き、監禁しているのだ。成金豚とは関係なく。
そして、詩宝が学校に来なくなってから3日目。
我慢の限界を超えたあたしは、メイド豚を殴り倒して詩宝を救出するべく、拳に包帯を巻いて詩宝の家に向かった。
プロレスラーが素人と喧嘩をすれば、普通は問題になる。しかし、この場合は監禁されている夫を妻が救出するのだから、正当防衛、緊急避難の範疇だろう。
勢い込んで詩宝の家のインターホンを押すと、案の定メイド豚が出てきた。
接近して顔面にパンチを入れようとしたとき、メイド豚は妙なことを言った。
「おや、あなたは行かれなかったのですか?」
どういう意味だろうか。殴る前に、あたしはメイド豚の真意を探ろうとした。
「行くってどこに?」
「めすむ……中一条様の婚約披露会ですよ」
「なりき……中一条が婚約? 誰と!?」
あたしは思わず、大声を上げていた。
成金豚が詩宝を脅迫して、強引に婚約したのかと思ったからだ。
しかし、それだったら、メイド豚が平然としているのはおかしいと思い直した。
「どこぞの政治家の御曹司だそうですよ」
「え?」
案の定、成金豚の婚約相手は詩宝ではなかった。しかし、成金豚がそう簡単に詩宝を諦めるだろうか。不審に思う。
「新聞にも載っていましたが。ご覧になっていないのですね」
それを聞いて、あたしははっとした。
詩宝と話題を合わせるために、あたしの家では詩宝の家と同じ新聞を取っている。
詩宝やメイド豚が読んだ記事なら、あたしの眼に触れないはずがない。
と言うことは、メイド豚が見た新聞の記事とやらは、成金豚のでっち上げに違いなかった。
メイド豚は、それにまんまと引っ掛かったというわけだ。
もちろん、メイド豚が嘘を吐いている可能性も、ないわけではない。
しかし、嘘にしてはあまりにもお粗末だ。あたしが成金豚サイドに確認したら一発でばれる。
多分、詩宝は今本当に、成金豚の偽の婚約披露会に出ているのだろう。
「じゃあ、詩宝は今いないんだな?」
「その通りです。お引き取りください」
「分かったよ」
あたしは大人しく、詩宝の家から引き上げた。
さて、これからどうするか。
成金豚が、詩宝をそのまま家に返すはずがない。
詩宝がいない間にメイド豚を排除するか、詩宝を自分のところに監禁するかだ。
前者ならいいが、問題は後者だった場合だ。
どうにかして、詩宝を救出する方法を考えないといけない。
メイド豚の場合と違って、成金豚は金で大勢のガードマンを雇っているので、力ずくではやりにくい。
とりあえず、布石を打つことにした。
携帯電話を出し、うちの団体の社長に電話をかける。
「もしもし」
『と、堂上か……?』
「はい。ちょっと急ですけど月曜の予定、空けてください」
『い、いや……月曜はゴルフのコンペが……』
「現役時代の社長も3流でしたけど、プロレス団体の社長が年甲斐もなく練習に参加して、首を折るなんてニュースも3流ですよね?」
『……真っ白に空けておきます』
「どうも」
あたしは携帯の通話を切った。一々自分の立場を分からせてやらないと動かないのだから、面倒臭い男だ。
後は、月曜に詩宝が学校に出てこなかったらどうするか、具体的に考える必要があった。