※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

245 :触雷! ◆0jC/tVr8LQ [sage] :2010/08/09(月) 02:26:51 ID:qEkFWaaR
神添紅麗亜でございます。
憤懣やる方ない思いで、私は雌蟲その1の巣を後にしました。
なぜ、メイドがご主人様から離れるなどという、言語道断な事態が起きなければならないのでしょう? なぜ?
ご主人様も、「紅麗亜が一緒じゃないなら帰る」と言ってくださればよかったのですが。
結局ご主人様は、雌蟲その1の婚約披露会をキャンセルすることなく、巣に入ってしまわれました。
律儀なご主人様です。
しかし、その律儀さはメイドだけに向けるべきなのです。
ご主人様がお帰りになったら、しっかりとそのことをお教えしなければならないでしょう。
もっとも、今は他にやることがあります。
角を曲がり、雌蟲その1の巣が見えなくなったところで、私はポケットからイヤホンを出し、耳に差しました。
ご主人様の服には、盗聴器と発信器がそれぞれ複数仕込んであります。ご主人様の安全と貞操を守るメイドとして、当然の配慮です。
受信機を操作して電波を拾うと、雌蟲その1の子分共の、耳障りな声が響いてきました。
『お姫様抱っこで運んで差し上げた方がいいですか?』
『何なら、正面から抱きかかえて運んでもいいですよ?』
私が手をついていた塀がひび割れ、倒壊しました。
雌蟲その1の子分共が、あろうことかご主人様をからかっています。
私とご主人様を引き離しただけでも万死に値するというのに、何という罰当たりの所業でしょう。
ご主人様は、屈辱を必死に耐えておられます。
おいたわしい。
やはり、お連れするべきではなかったのかも知れません。
今すぐ舞い戻ってご主人様を奪還したいのは山々ですが、さすがの私といえども、死者を出さずに雌蟲その1と子分共を突破してご主人様を連れ出せる見込みは、あまり高くありません。
と、突然音声が途絶えました。
盗聴器の故障かと思い、別の盗聴器から電波を拾おうとしましたが、やはり何も聞こえません。故障ではないようです。
金だけは無駄にたくさんある家のようですから、電波を遮断する手立てでもしているのかも知れません。
全くもって、ろくなことをしない雌蟲一味です。
致し方なく、私はご主人様のお屋敷へ戻りました。
ご主人様を諦めた負け犬の分際で、雌蟲どもがご主人様を辱めているのかと思うと、掃除も洗濯も手に付きません。
私は鏡の前に立ち、メイド服の胸をはだけました。
ご主人様専用の乳房が、勢いよく飛び出します。
雌蟲その1や子分共の胸など、私に言わせれば貧乳です。大きさは私の方が勝っています。
もっとも、私は普段きつい服をきて、故意に胸を小さく見せています。ご主人様以外のオスを誘惑しても鬱陶しいだけだからです。
あんなくだらない招待状に気を取られなければ、今ここでご主人様に、この胸を荒々しく揉んでいただいていたはずなのに。
あるいはまた、逞しい肉棒をお挟みし、しごかせていただくこともできたでしょう。
そればかりではありません。
忠実なメイドの私が誠心誠意お願いすれば、縄で絞り上げていただいたり、鞭や蝋燭で責めていただいたりもできたはずです。
……申し訳ありません。想像したらつい、股間を濡らしてしまいました。



246 :触雷! ◆0jC/tVr8LQ [sage] :2010/08/09(月) 02:28:12 ID:qEkFWaaR
そのとき、私の携帯電話が鳴りました。
メールの着信です。見ると上の妹からでした。
『ご主人様をお迎えする準備ができました。早くお連れしてください!! 早く!!!!』
火を吹くような文面です。準備ができたのはいいのですが。
上の妹は、とてつもなく強欲で狡猾です。
一度血の臭いを嗅いだら、どこまでも追い詰めて喰らい付く、人喰い鮫に似ています。
当初彼女は、ご主人様の弱みを握って脅迫し、メイドとして認めてもらうことを主張していました。
あまりに常識外れなので、姉である私が押し止めましたが。
ちなみに下の妹は、男性経験が皆無にも関わらず、筋金入りの変態です。
ご主人様に屋外で調教していただくだの、性欲処理便器にしていただくだの、刺青だのピアスだの排泄だのと、私でさえ引くような内容を滔々と語っていました。
やはり彼女も、いきなりご主人様に会わせるわけには行きません。
正統派にして清純派なメイドのこの私が、最初にご主人様にお仕えするのが理に適っているというものです。
ピンポーン
と、呼び鈴が鳴ります。誰でしょうか。
私は服装を直し、玄関に出ました。
外に立っていたのは、雌蟲その2こと、晃でした。
自分の表情が引きつるのが分かります。
雌蟲その2は、何やら殺気立っています。この私と一戦交えようとでも言うのでしょうか。
それならば望むところ。返り討ちにして差し上げようと思ったとき、ふと疑問が浮かびました。
雌蟲その2は、雌蟲その1の婚約披露会に行かないのでしょうか。
単に興味がないだけかも知れませんが、一応聞いてみることにしました。
「おや、あなたは行かれなかったのですか?」
「行くってどこに?」
妙です。雌蟲その2は、婚約披露会のことを知らないのでしょうか。
「めすむ……中一条様の婚約披露会ですよ」
「なりき……中一条が婚約? 誰と!?」
ますます異様です。雌蟲その1の婚約も知らないとは。
嘘を言っているようには見えませんし、その必要があるとも思えません。
「どこぞの政治家の御曹司だそうですよ」
「え?」
「新聞にも載っていましたが。ご覧になっていないのですね」
私がそう言うと、雌蟲その2ははっとした表情になり、続いてにやりと笑いました。
どういう意味でしょうか。
「じゃあ、詩宝は今いないんだな?」
「その通りです。お引き取りください」
「分かったよ」
雌蟲その2が退散した後、私は部屋に戻って考えました。
雌蟲その2が、記事や招待状を見落としている可能性は、もちろんあります。
しかし、ご主人様の万一に備えなければならないメイドに、そのような楽観は許されません。
ここは何としても、雌蟲その1の婚約が事実かどうか、確かめる必要があります。



247 :触雷! ◆0jC/tVr8LQ [sage] :2010/08/09(月) 02:29:42 ID:qEkFWaaR
私はまず、図書館に向かいました。
昨日の新聞に、雌蟲その1の婚約記事が載っていることを、確認するためです。
まさかとは思いますが、雌蟲その1が、偽の新聞を届けてきた可能性も、ないではありません。
図書館に着くと、昨日の日付の新聞を見ました。もちろん、ご主人様がお取りになっている新聞です。
雌蟲その1の記事は、ありませんでした。
頭に血が昇りました。
全ては、雌蟲その1が仕組んだ罠だったのです。
私はまんまと引っ掛かり、ご主人様を外にお出ししてしまいました。
矢も楯もたまらず、図書館を飛び出します。
早く、手を打たなければ。
具体的に何をしたらいいか、まだ分かりませんでしたが、私はとにかく走りました。
すると、ご主人様からお預かりしている携帯電話が鳴りました。
立ち止って見てみると、知らない番号です。しかし出ないわけには行きません。
道路は騒々しいので、すぐ近くの銀行に入って通話ボタンを押しました。
「もしもし?」
『く、紅麗亜……』
ご主人様のお声です。いつお聞きしても心地よい声ですが、今は何かを堪えているように聞こえました。
「ご主人様! 今どちらにいらっしゃるのですか!?」
私は慌ててお尋ねしました。ご主人様からお電話をかけられるということは、まだ雌蟲その1に監禁されていないのかも知れません。
それならば、お助けする望みがあります。
『先輩の、お屋敷だよ……』
「すぐに逃げてください! 雌蟲の婚約は欺瞞でした。そこにいては危険です! 私もすぐ迎えに参ります!」
『ご、ごめん。紅麗亜……』
ご主人様のお声は、泣いているようでした。
「ご主人様?」
『僕もう、紅麗亜のこと、雇ってあげられないんだ……』
鉄棒で頭を殴られたような衝撃が走りました。
忠誠を誓ったご主人様に捨てられる。そんな馬鹿なことがあっていいはずはありません。
『聞いたわね? あなたはお払い箱よ』
雌蟲その1の不快な声が聞こえてきました。
『今すぐ詩宝さんの家から出て行きなさい。ちなみに、詩宝さんの家は今、私の名義になっているから、居座るなら不法占拠で警察を呼ぶわ。それじゃ』
通話が切れました。
何ということでしょう。
至高のメイドたるこの私が、雌蟲ごときの計略にひっかかり、命よりも大切なご主人様を奪われてしまったのです。
メイドにとって、これに勝る屈辱はありません。
怒りのあまり、視界が赤く染まります。
パーン!
そのとき、後ろの方で何かが弾けるような音がしました。
「全員動くな!」
何事でしょうか。誰かがわめいています。
ただでさえ怒りが制御できそうにないのに、ますます苛々します。
「動いた奴は撃ち殺す! 金を出せ!」
メイドがご主人様を奪われるという、世界を揺るがす大事件が勃発したのに、何がお金ですか。
どれだけ大金を積んでも、世界でただ1人のご主人様は買えないのですよ。
「おいこら! そこのメイド! 電話なんかかけてんじゃねえ!」
メイド? それは私のことでしょうか?
何という身の程知らずのオスでしょう。
私を呼んでよいのは、この世でご主人様だけだというのに。
私は、振り向きました。



248 :触雷! ◆0jC/tVr8LQ [sage] :2010/08/09(月) 02:31:04 ID:qEkFWaaR
目が覚めたとき、僕は柔らかいベッドの上にいた。
服は何も着ていない。
そして、これまた裸の中一条先輩とエメリアさんが、僕の左右から抱き付いていた。
僕の両腕は2人の枕にされており、感覚がない。
頭で血管が押さえられてしまったのだろう。
見ると、エメリアさんの向こうには、ソフィさんが寝ていた。
伸びた僕の手は、ソフィさんの特大のおっぱいを掴んでいる。
「うわ……」
驚いて手を引こうとしたが、痺れているのと、ソフィさんが僕の手をがっちり掴んでいたのとで、どうにもならなかった。
「お早うございます、詩宝さん」
目を覚ました先輩が、僕ににっこりと微笑みかけてきた。
「お。お早うございます……」
僕が挨拶を返すと、エメリアさんとソフィさんも起き出してきた。
「んっ……」
「ああ……」
「ソフィ、いつまで詩宝さんにおっぱい揉ませてるの?」
「ああん。失礼しました……」
やっと、僕の腕は解放された。まだ動かないけど。
「私、お食事の支度しますね。詩宝さんはここで待っていてください」
「は、はい……」
先輩は、ガウンを着て出て行った。
エメリアさんとソフィさんも、同じように出ていく。
1人になった僕は、昨日のことを考えていた。
先輩には取り返しの付かないことをしてしまったし、紅麗亜にも申し訳ないことをした。
紅麗亜は今、悲しんでいるだろうか。
落ち込んで、泣いているのかも知れない。
やっぱり一度会って、面と向かって謝りたい。
そう思っていたとき、ソフィさんが戻ってきた。
「詩宝様。新聞です」
「あ、ありがとうございます」
「では、また後ほど」
だんだん腕の痺れが取れてきたので、僕は新聞を読み始めた。
そして僕は、自分の考えが甘かったことを知った。
甘いも甘い。大甘の皇子だった。
“銀行強盗 メイドに睨まれショック死”
社会面をでかでかと飾る紅麗亜の記事を見て、僕は縮み上がる。
紅麗亜は悲しみに沈んでいるどころではなかった。
極限まで怒りを膨れ上がらせ、人を殺してしまうまでになっている。
死んだのが犯罪者で、一種の正当防衛だからよかったものの、まかり間違えば一般の人に被害が及んでいたかも知れない。
このままでは、絶対に済まない。
僕はベッドに潜り込み、しばらく震えていた。