※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

366 :転載:2010/08/14(土) 22:41:16 ID:uPkb+fr5
49 名前: 風雪 3話 ◆ f7vqmWFAqQ 2010/08/14(土) 22:33:25 ID:qybzXf/Y0

この世は無限の可能性で出来ている。
そう、どんなにエキセントリックな出来事でも、起きる事はある。
例えば、教室に謎の組織が乱入するとか、そんな男子中学生の妄想みたいな出来事でもだ。
はたまた、朝起きたら自分が醜い虫に変身していた…とか。
そう、こんな非日常過ぎる出来事があるんだ!
だから、いじめっ子にパシられて代理告白をして、その告白の効果が自分に帰属するなんてよくある話…
「な訳あるかッ!!!!!」
「…どうした?」隣の女性がこちらの顔を覗きこんで訝しんできた。
いや、はい、あの、どうしたらいいんですかね、僕。いっそ逃げたい。
ただいま夕方。僕は今日の朝に告白の代理を押し付けられた。
そして、何故か僕が、現在進行形で隣を歩く双葉宮風子と交際する事になってしまった。
「なあ、雪斗」
おいおいおい、よく考えたら明日、広瀬に殺されかねないって。
「おーい、雪斗」
どうすっかなぁ、どうすっかなぁ。
今更「実はあの告白は代理告白で、僕の気持ちじゃ無いんです☆てへッ」なんて言うしかないよなぁ。
「どうしたんだー?」
でも、お互いの為にならないんだよな。こういうの。正直に言うべきなんだよ。
「…?」
でも、結果的に傷つける訳だしなぁ…。
「おい!」
「ウがっ!」額に衝撃が走る。正面を見ると、デコピンを撃った後の状態の右手と背の高い彼女が居た。
どうやら、デコピンを食らったようだ。地味に痛い。同時に目も覚める。
「えっ、あ、何ですか?」
「あーいや、話掛けてもボーっとしてたから、つい、ね。」
「すいません。」とりあえず、平謝りをかましてみた。
「まあ、いいんだ。許す代わりにだ、その、今度の日曜日、デートに行くぞ!」
「デート、ですか。」
思考再開。このままの関係を惰性で続けて意味があるんだろうか。
そもそも、デートって何処行きゃ良いんだよ。童貞に分かる訳ねーだろ!
「何か予定でもあるのか?」
「あー、いや、えっと」
言おう!あの告白は僕の意思じゃないって事を。


367 :転載:2010/08/14(土) 22:41:39 ID:uPkb+fr5
50 名前: 風雪 3話 ◆ f7vqmWFAqQ 2010/08/14(土) 22:33:50 ID:qybzXf/Y0

「えっとで…フがっ」何かにぶつかった。幸い、電柱の様な固い物では無かったが。
だが、ぶつかった対象物を見ると、幸いでも無かったが。
「ンダコラ!テメェ!前見て歩けゴラァ!」パターン青、不良グループです。
つーか、なんだこの不良。ステレオタイプ過ぎる…。腰パンに学ランにリーゼントって…昭和時代ですか、この野郎。
しかも、他の2人もステレオタイプ…なんて口には出せなかった。とりあえず平謝りをかまそう。
「す…すいません…」
「アァ!?聞こえねーぞ!あ!?」
タチ悪いな畜生!
「しかも彼女連れか、優雅だなテメェ!ウゼーな!」
すいません。僕は望んでないのに交際まで嗅ぎつけました。
大体なぁ、彼女欲しいなら作る努力しやがれ!ねだるな、勝ち取れ!それが人生のルールだろうが!
「おい!おめーら!こいつボコって、そこの女まわそうぜ!」
後ろの2人は、そのリーダー格っぽい男の提案に乗ったようで、気色の悪い歪んだ微笑みを見せてきた。
マズい!逃げよう!そう思って先輩の手を握って逃げるつもりだった。
しかし、儚くもその即席の計画は失敗した。
手を握る前に、頬をぶん殴られて吹っ飛ぶ。
柵に背中をぶつけて激痛が走る。背中と頬の痛みがデコピンの比じゃない。
くそ、先輩だけでも…守らないと。ここで「僕にかまわず逃げて!」とか言ってみたい。
死亡フラグだけど、人生で一度は言ってみたいんだよね。
「先輩、逃…げ…て…」
驚くべき光景が、僕の目に映った。
先輩がリーダー格の男を締めあげている。
地べたには、他2名が顔を腫らして、這いつくばっていた。
「暴力は嫌いだから平和的に解決しようと思ったが、話し合いでは解決できないみたいだな。」
「「ヒ、ヒイイイイ!」」
あ、リーダー格の男を残して、同級生らしき2名が逃げた。
「ちょ…おま…!!おい!!」
「で、どうする?お前もこの場から立ち去るか?」
「は、ハヒィ!も、もういちゃもん付けませんから!許して下さいッ!!」
先輩の手が不良を放す。不良は尻もちをついた後、脱兎の如く逃げだした。
かわいそうに…全治何週間するんだろう…。ご愁傷様です不良君。


368 :転載:2010/08/14(土) 22:42:02 ID:uPkb+fr5
51 名前: 風雪 3話 ◆ f7vqmWFAqQ 2010/08/14(土) 22:34:11 ID:qybzXf/Y0

先輩がこちらに近づいてくる。
「大丈夫か?」
先輩の手が、殴られた僕の頬に触れた。
「こんな真珠の様な肌に傷を…。あいつらにはもっと制裁を加えても良かったな…」
「大丈夫です。なので頬をぷにぷにしないで下さい…」あと、後半の台詞、冗談でも笑えない。
「しかし、君の頬は綺麗で、それでいてぷにぷにして気持ちいいな!女としては羨ましい限りだ。」
「そりゃ…どーも。」不覚にも照れる。
しかし、『実はあの告白は代理告白で、僕の気持ちじゃ無いんです☆てへッ』なんて言ったら殺されかねないという事が分かった。
先輩が僕の頬から手を離して、その手を差し伸べる。
その手を掴んで先輩に起こして貰って、2本の足だけで立っている状態に戻る。
「でさ、デートの件なんだが…」
「ニチヨウビデスヨネ!マカセテクダサイヨ!」
「な、なんだ急に?まあ、楽しみにしてるよ!」
「アハハハハ、ボクモタノシミダナー!」
背中が冷や汗でべったりだった。










尾行していたら、有力情報をゲットした。
雪斗と双葉宮が日曜日にデートすることが分かったのだ。
さて、尾行してやろうっと。