※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

45 :我が幼なじみ ◆ZWGwtCX30I :2010/08/25(水) 14:53:27 ID:IV3nlGlo
~~~~~~~~~
風奈の部屋にて

「風奈……今から大事な話しをするから、ちゃんと聞いてほしいんだ」
「なーにー?」

まだ何も知らない風奈は、俺の胡座の上に座って、笑顔で聞いてくる
この無邪気な風奈の笑顔を、俺が崩さないといけないんだ

「あのな……父さんと母さんが二人で、海外に転勤することになったんだ」

やはり、風奈は驚いた顔をしている
無理もない、いきなりそんなことを言われて驚かない方がおかしいと思う

「え……本当?」
「あぁ……本当だよ」
「じゃあ、もうお母さんとお父さんには会えないの……?」
「ずっとじゃないよ」
「じゃあ……どれくらい?」
「それは……分からない」

風奈の瞳は揺れていて、今にも泣き出してしまいそうだ

「……そんなの、やだ!」


46 :我が幼なじみ ◆ZWGwtCX30I :2010/08/25(水) 14:54:41 ID:IV3nlGlo
そして……

「やだぁ……やだよぅ!うわぁぁぁぁぁん!!」

風奈は泣いてしまった
俺は、しばらく風奈を抱き締め、頭を撫でていた
これで少しでも風奈が落ち着いてくれたらと思いながら

「うぅぅ!やだよぉ!うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」

正確な時間は覚えていないが
かなりの時間、慰め続けていたと思う

段々と、風奈が泣き止んできた
そして、風奈は俺を見て言う

「うぅ……ひっぐ…お兄………ちゃん……は?」
「大丈夫、俺はちゃんと居るよ」
「……本……当?」
「勿論!本当だ!」

俺は、風奈が安心できるように笑顔で言った

「……うん、良かった……お兄ちゃんは居なくならないでね……」
「安心しろって!」

親以外の唯一の「家族」である俺が残ることを知り、風奈も少し落ち着いたみたいだ


47 :我が幼なじみ ◆ZWGwtCX30I :2010/08/25(水) 14:56:52 ID:IV3nlGlo
そういえば、まだ説明してないことがあったな

「……それに由美子も一緒なんだ、寂しくはないと思うよ」

俺がそう言うと

「え?何で……由美子お姉ちゃんが出てくるの?」

一瞬、風奈の表情が変わった気がした
それに、なんだか引っ掛かる言い方だな……

「あぁ、実はな……」

とりあえず俺は、風奈に何故由美子も一緒に暮らすのかを説明した

「それじゃあ仕方ないね……ねぇ、お兄ちゃん……」

「ん?なんだ?」

「今日は……一緒に寝てもいい?」

きっと、風奈も不安なんだよな

「おう!久しぶりに一緒に寝るか!」
「ありがとう、お兄ちゃん」
「兄妹なんだから、遠慮すんなよ」
「……うん!今日は沢山、お兄ちゃんとお話ししたい!」

やっぱり可愛いなぁ、こんなことを言われて喜ばない奴なんているのか?

そう思っていた俺だが、結局、朝日が登るまで風奈の話しを延々と聞かされる羽目となった……
まぁ、今日は休日だから良かったけど

嬉しいんだろって?そんな気持ちはもう、微塵も残っていませんよ……


48 :我が幼なじみ ◆ZWGwtCX30I :2010/08/25(水) 14:59:29 ID:IV3nlGlo
「風奈……もう寝てもいい?」

もう限界だ、これ以上睡魔と闘う精神力が、俺にはない

「……うぅ、もっともっと話したいのにぃ」

そう言って、風奈は頬を膨らませた
それより、もっと話したいって……どうして話のネタが切れないんだ、おかしいだろ……

「ごめんな風奈、起きたら、また話そうな」

そう言って、風奈の髪をくしゃくしゃにした
風奈は、これをやられると嬉しいらしい、理由は気持ち良いからだそうだ、俺には理解できない

まぁ、俺には誰もそんなことをしてくれる人がいないから、理解できないのは当然なんだろうけど
一度くらい、やられてみたいとは思うな、まぁ風奈や由美子には頼めないけど……恥ずかしいし

なんだか、色々考えていたら、余計に眠くなってきた……

「ん……えへへ~お休み、お兄ちゃん!」

お休みと返事をして、さっさとベッドに潜り込む
これでようやく眠れるんだ……


「お兄ちゃん……お兄ちゃんは風奈だけのモノだよ……あんな女と一緒になったら許さないから……」


49 :我が幼なじみ ◆ZWGwtCX30I :2010/08/25(水) 15:00:45 ID:IV3nlGlo
~~~~~~~~~
由美子

お父さんには感謝しないとね
優君のお父様とお母様を、どこか遠くに連れてに行ってほしいって言ったら、本当に遠くに連れて行ってくれたんだから
それに……かなり長い間は帰ってこないようにね

優君には悪いかなぁと思ったけど、仕方ないよね?
私と優君の邪魔をする、あの糞虫を消さなきゃいけないんだから
優君もきっと分かってくれる筈!

……それにしても、楽しみだなぁ
夢にまで見た、優君との同棲生活……
今の内に料理の練習をしとかなきゃね!

だって……美味しい料理をたっくさん作って、優君に恩返しするんだから!