※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

238 :我が幼なじみ ◆ZWGwtCX30I :2010/09/18(土) 20:58:03 ID:4bPJ1TpH
~~~~~~~~~
優の部屋

「んぅ……優君のパンツ、良い臭い……んぁ……ふ……あっふぁぁぁ!……はぁ……えへへ……イっちゃったよぉ、優君……」

私が余興に浸っていると……

「お兄ちゃーん!遊ぼー……え?何……これ?」

え……?どうして糞虫がここにいるの!?出かけているんじゃ無かったの!?

「風ちゃん……あの……これは……」

糞虫が無言で睨んでくる。こんなチビに睨まれたところで、どうってことないけど

「風ちゃん……この事は優君には言わないで……お願い」

今はなんとしても、優君にバレる訳にはいかない

「そんなの分かりません、言うかもしれないし、言わないかもしれません」

遠回しに言うことを聞け、と言っているのが分かった


239 :我が幼なじみ ◆ZWGwtCX30I :2010/09/18(土) 20:59:23 ID:4bPJ1TpH
「どうしたら……言わないでいてくれる?」

はぁ……こんな奴がいなければ、こんな事にはならなかったのになぁ……

「じゃあ……お兄ちゃんに二度と近づかないでください」

は?何言ってるの?この糞虫は
私と優君が離れる訳ないのに……
糞虫って、脳みそあるの?
あったとしても腐ってるんじゃないの?

「どうして、そんな事を言うの?」
「……由美子お姉ちゃんが大嫌いだからです」

私もアナタが大っ嫌い!
今すぐ殺してやりたいくらいに

「どうして?」
「それは……由美子お姉ちゃんが酷い事を言ったから……」

~~~~~~~~~
三年前 優の部屋

私は当時、仲の良かった糞虫と、よく遊んでいた

「風ちゃんは好きな人とかいるの?」

私が何気なくそう聞くと、風ちゃんは顔を赤くして俯いた

「いるよ……」
「そうなんだ!クラスのお友達?」
「ううん……違うの」

私は少し考えてみたが、風ちゃんの友達が誰か、それ以前に、風ちゃんに友達がいるのかすら、知らなかった


240 :我が幼なじみ ◆ZWGwtCX30I :2010/09/18(土) 21:00:34 ID:4bPJ1TpH
「優君は今トイレだから、言っちゃいなよ~」
「うん……えっとね、風奈の好きな人はね」
「うんうん!誰かな」

言葉というのは、とても恐ろしい。たった一言で、その人物に対する見方、感情等が全て変わってしまうことがある
友人関係や、夫婦間の仲もたった一言で、崩れることがある

それ程、言葉というのは恐ろしい魔力を秘めている

「風奈の好きな人はね……お兄ちゃん!」

え……?今なんて言ったの?

「え……誰?」
「風奈はお兄ちゃんが好きなの!」

風ちゃんは優君が好き?
何それ……まだ優君と知り合って数ヶ月しか経っていないのに、優君が好き?

異常な程、怒りがこみ上げてくる

……ふざけるな、優君の事を大して知らないクセに、好きなんて、ふざけないで……

「でも義理とはいえ、兄妹だよ?」
「うん……それでも好きなの」

私は我慢できずに言った


241 :我が幼なじみ ◆ZWGwtCX30I :2010/09/18(土) 21:01:44 ID:4bPJ1TpH
「……優君の事を、そんなに知らないのに好きなの?」
「風奈は、お兄ちゃんの事をよく知ってるもん!」

お前なんか人間じゃない……糞虫だ。消えてしまえばいいのに……

「……アナタなんかが、優君を知ってるなんて、気安く言わないで!」
「……え?」

糞虫は、何故私が怒っているのか分からず、呆然としていた

「私は、アナタなんかより、もっと優君を知ってる!私は優君と、昔からずっと一緒で、アナタなんかよりも、沢山の優君を知ってる!」

口に出したいことは沢山あったけど、最後に一つだけ、一番言いたいことを口にした

「アナタなんか、ただの妹、優君の好みも、何も知らないただの妹……優君は優しいから、アナタを哀れんでいるから、大事にされてるの……妹じゃなかったら、見向きもされないんだよ……」

"そんな奴が、私と優君の邪魔をしないで"
そう言おうと思ったけど、私は何故か言えなかった

そして、優君が帰ってきた

「優君、私帰るね……」
「え……あ、あぁじゃあな……」

私はすぐに帰ったから、その後、どうなったのかは知らないけど
それ以降は、あの糞虫とは遊ばなくなった
そうなると、必然的に優君の家には行けなくて、とてもつらかった