※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

180 :我が幼なじみ◇solidsnake:2010/10/06(水) 18:31:02 ID:D070YUWU
「風奈、入るぞ?」

ノックをしても返事がない

その後、なんどかノックをして呼びかけたが、返事は返ってこない

「入るからな?」

俺はそう言って、ドアを開けた
暗い部屋の中、風奈は部屋の真ん中で、両膝をくの字に曲げ、床に手を付いていた

「……何?」

俯いたまま聞いてきた
顔はよく見えないが、きっと泣いているんだろう
声が弱々しい……それに、鼻をすする音が聞こえる

「風奈、少し話しをしないか?」

俺はできるだけ優しく言った

「やだ……やだ!お兄ちゃんは信じてくれないもん!!」
「ごめんな……俺もあの時はいきなりだったから、ろくに話も聞かずに怒って悪かった……」

続けて言った

「だから、今度はちゃんと聞くから、何があったか教えてくれないか?」

しばらくの沈黙の後、風奈はポツポツと話し始めた


181 :我が幼なじみ◇solidsnake:2010/10/06(水) 18:32:13 ID:D070YUWU
「お家に帰ってきて、お兄ちゃんと遊ぼうと思ってね……お兄ちゃんの部屋に入ったら……」
「由美子が……その……してたって事か」
「うん」
「見間違いじゃなくて?」
「やっぱり、信じてくれないんだ……」

何やってんだ、俺は……

「あ……ごめん!そんなつもりで言ったんじゃないんだ!」
「もういい……」
「本当に違うんだ」
「もういいもん!……お兄ちゃんなんて、大っ嫌い!!」
「あ……」

その言葉に、俺は深く傷付いた
まさか、風奈に大っ嫌いなんて言われる日がくるなんて……

今のは完全に、俺が悪かった。これじゃあ風奈に嫌われたって、文句は言えない……

「ごめんな……」

そう言って、俺は部屋を出た
最低だな……俺

あんな聞き方したら、傷付くに決まってんのに……
本当……最低だよ……

自分が憎い、大切な妹を傷付けた自分に苛ついてくる
今、風奈を支えてやれるのは俺しかいないのに……


「えへへ……これで、しばらくはあんな女の事よりも、風奈の事を考えてくれるよね?……お兄ちゃん」


182 :我が幼なじみ◇solidsnake:2010/10/06(水) 18:33:18 ID:D070YUWU
~~~~~~~~~
優の部屋

部屋に戻ると、由美子が心配そうに声をかけてきた

「どうしたの……?優君……泣きそうな顔してるよ?」

俺はそんな顔してたのか

「風奈に……嫌われたんだ」
「どうして……?」

心配そうな由美子を無視して言う

「今日はもう、寝るよ……」

今日はもう、何もする気が起きない……

「優君!」

由美子が、ベッドに行こうとした、俺の手を掴んできた

「どうした……?」
「私は……優君の味方だよ?……だから、悩み事とかあったら、何でも相談していいんだよ?……泣いてもいいんだよ……だから、優君には苦しんでほしくないよぅ……」

由美子が、泣きそうな声で言った

由美子はとても優しい、何時だって常に俺の心配をしてくれていた
改めて、俺は由美子が、如何に人間として良く出来ているかを思い知った

だから、好きなんだろうな……


183 :我が幼なじみ◇solidsnake:2010/10/06(水) 18:33:49 ID:D070YUWU
由美子の優しさに、今にも泣き出しそうになった

駄目な自分に対する、後悔や怒りとか悲しみ、いろんな感情がごちゃごちゃになって
それが怖くて、苦しかった、今すぐ泣きたかった

だけど、泣いてはいけない、そう思った
それは、人前で泣くという、恥ずかしさから来るものも少しはあるが、何より

好きな人の前では泣きたくない

そんな、小学生みたいな理由が殆どだった
それに、泣ける立場なのは風奈の方だろう……

「ありがとう、由美子」

笑顔でそう言って、俺はベッドに潜り込んだ
これから、どうしなきゃいけないとか、考えないといけない事はあったけど
今は何も考えていたくなかった

風奈……本当にごめん

そして、ありがとう……由美子