※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

94 名前:キモオタと彼女 4、75話 投稿日:2010/10/03(日) 05:05:48 ID:LPRU/MHX
ウチがあの人に出会ったのは、2年ちょっと前の話です。
ウチは、まだ大学入りたてで満員電車に慣れていなかった頃、痴漢に遭ったです。
それはもう、驚きましたですよ。
田舎じゃ、そんな事はなかったですし、男の人には免疫がなくて、誰の手かもしれない人に体を触られているのは、恐怖しかなかったです。
怖かったです。
怖くても、声もあげられなかったです。
周りには、男性の乗客しかいなくて、ジェスチャーで訴えればもしかして助けてくれるかもしれない。
そして、たまたま目が合った真面目そうなサラリーマン風な男の人に、後ろの痴漢に気付かれないように、手で「痴漢されている。」というニュアンスを含んだジェスチャーを送ったです。
それが、伝わってないのか。
何故か、相手はニヤニヤしながら、こちらを見始めたです。
…あぁ、ウチの困る姿を見て楽しむつもりですか…。
もう、どうでもいいです。
勝手にしやがれです。
ウチがそう思ったのと同時に、下着の中に手を突っ込まれてきたです。
「っん!」
ッツ、ふざけんなです。
そこまで、許したつもりはねぇです。
と、大声で怒鳴り散らしたい所ですが…。
案の定、ただただ黙っていることしか出来なかったです。
それを、良いことに奥に入れられて…。
その時は、死にたくて仕方なかったです。
痴漢には会い、見知らぬ男には見捨てられ、自暴自棄になっていた所に…。
彼に会ったです。

「オッフ、や止めなされ。 ち、痴漢行為は犯罪でござる。」
後ろを振り返ると、顔が整った男と、お世辞にも普通とは言えない容姿の男がいたです
「はぁ? 俺が痴漢したっての? っていうか、お前がしたんじゃねぇの?」
「オゥフ、何を言ってなさるのか。 拙者は見ましたぞ。 貴方が痴漢しているのを。」
…正直言いますと、どう見てもオタクっぽい人が、痴漢行為を働いたように見えましたです。
でも、私は…
「…そう…です。 その人が…痴漢です…。」
私が、震えながら指を指したのは…。

整った顔の方の男に指を指しましたです。
「ふっざけんなよ!? 糞女ァ!! 言いがかりもいい加減にしろよ!!」
「っひ…!」
整った顔が一気に崩れ、恐ろしい顔でこちらに迫って来た時は、失神しそうになったです。


95 名前:キモオタと彼女 4、75話 投稿日:2010/10/03(日) 05:11:17 ID:LPRU/MHX
「やややや止めなされぼぼぼぼうひょくはいけないでござんす!」
震えながらも、ウチをかばってくれるオタクの人…。
背中は、汗びっしょりだし、何か酸っぱい臭いもするし、正直頼りない人だけど…。
そんな人だけど、勇気を振り絞ってウチを助けてくれるのは、凄く嬉しかったです……。
「ってめぇ! きめぇんだよ!」
ッガ!
「おぶぷ!」
私を助けてくれた彼は、奇妙なうめき声をあげながら、派手に後ろに飛び、人混みの中に倒れ込んでしまったです。
その瞬間、今まで道場以外で使いたくなかった合気道で、後ろを振り向いていた相手の腕をとり背中にまで捻り、関節を外した。
ポキン
「ッギャアアアア!!」
気持ちのいい音ともに、相手の悲鳴が満員電車の中に響きわたる。
車内の到着のアナウンスがなっている気がするが、男の悲鳴が大きすぎて、何も聞こえはしなかったです。



着いた後、男は駅員に引っ張られていきましたです。
引っ張られながらも、私に罵声を投げつつ、駅員室の方に連れていかれたです。
あっ…。
今まで張り詰めていたものが一気に萎み、座り込んでしまいました。
こ、怖かったぁ……。
安心したら、どんどん涙が出てきて、とてもじゃないですが、平静を保てなかったです。
ウチは、その場にうずくまり、泣いていました。
その時、泣いているウチに声をかけてくれる人はいなかったです。
やっぱり、先程の男の関節を外した時、男が絶叫した瞬間を、乗客が一斉にうちと男を見て驚いたのでしょう。
小柄な女が男の腕を捻っているのを見たら、うちに近づきたくなくなるのも、当然ですね…。
そんな事を思うと、更に涙が出て来て大変でした。

「だ、だ大丈夫ですか…?」
顔を上げると、ウチをかばってくれた男の人でした。
「ここここれをよよよ良かったら、使って下さい!」
と言われて、渡されたのがポケットティッシュとお水でした。
それをウチが受け取った瞬間、男の人は走ってどこかにいっちゃいました…。
彼のそんな姿を見て、さっきまでの感情が嘘のように吹き飛んだ。
見ず知らずのウチの為に、殴られて痛い思いをしているはずなのに、ウチの事を気遣ってくれた彼の優しさに心惹かれましたです…。
今度、彼に会ったらお礼を言おう…。
そう心に決めた私は、先程までの辛い気分は吹っ飛び、代わりに胸のどこかで心地よい優しい痛みを感じていた。