※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

174 : 天使のような悪魔たち 第10話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:27:20 ID:ts6FS2cAO

さて、ついに俺と結意ちゃんは伏魔殿---もとい、飛鳥ちゃんの自宅前までやって来た。
インターホンを鳴らしてみる。が、反応はない。試しにドアノブを静かに捻ってみたが、鍵もしっかりかけられている。
まあ当たり前だが。 どうやら飛鳥ちゃんはまだ帰ってきていない。
「うーん…どうすっかねぇ、結意ちゃん」と、さりげなく視線をちら、っ横にやった。
「その木刀で、ドア壊してみる?」
「だめ。ドアが頑丈すぎて、木刀が耐えられないよ。」
「じゃあ、ガラス割って忍び込んでみる?」
「…いいかもね。でも、あまり音は立てたくない。」

なんとまあ、俺の予想とは打って変わって、結意ちゃんはこの期に及んで冷静だった。
てっきり飛鳥ちゃんの事で熱がいっぱいだと思っていた俺は、少し感心してしまっていた。

「大丈夫。私に任せて。」
「ん? あ、ああ」

言うや結意ちゃんは制服のポケットから針金を三本ほど取り出した。それを鍵穴に差し込み、かちゃかちゃといじくりだした。
結意ちゃんはピッキングができるのか? と疑問を投げ掛けようとした瞬間、がちゃ、という音がした。

「開いたよ。」

随分と早いもんだ。結意ちゃんは針金を鍵穴から抜き、ポケットにしまうとドアノブに手をかけ、静かに扉を開いた。
侵入成功、か。ここから先は、俺は結意ちゃんの援護に徹するとしよう。

「…………待て!」

背後から、聞き慣れた男の声がした。その声の主は、俺の親友であり、結意ちゃんの想い人でもある。飛鳥ちゃんだ。


175 : 天使のような悪魔たち 第10話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:29:14 ID:2YOmX9T2O

* * * *


間一髪、俺たち三人は隼と結意が家に上がり込む前に辿り着けた。
走りまくって息も絶え絶えだが、とりあえず「待て!」と隼たちを牽制した。

「よう、飛鳥ちゃん。白馬の王子様はどっちの姫君に手を差し延べるのかな?」
「その前に、その木刀で何をするのかを教えてはくれないかな、結意?」
「何って…飛鳥くんを苦しめる悪い虫を退治するためだよ。」
「お前………そんな訳わからない理由で明日香を?」
「斎木くんが教えてくれたの。私に冷たくするのは、妹ちゃんに脅されてるからだ、って。
もうすぐ、飛鳥くんを自由にしてあげるからね?」

なんだと…隼が?
そう言えば、何故今、隼は結意の傍にいる?
昼休みに結意の弁当箱を隼は持ってきた。よく考えれば、結意が弁当箱を自分から他人に預けるとは思えない。
そして、さっきの台詞だ。

『白馬の王子様はどっちの姫君に手を差し延べるのかな?』

「っ…隼、てめえが黒幕か!」
「黒幕、とは人聞きが悪いねぇ。どちらかと言えば、黒幕はお姉サマだぜ。」
「姉ちゃん? 姉ちゃんが何の関係があるってんだ!?」
「まだ全てを思い出すには早いよ、飛鳥ちゃん。飛鳥ちゃんには結意ちゃんと同等の痛みを味合わせて、それから思い出させてやるよ。
自分が今までどれだけ残酷な事をしてきたのかを、な。
さあ、行きなよ結意ちゃん。ここは俺に任せな。」

隼はいよいよ俺達を塞ぐように家の前に立ち、両腕を開いてみせた。
その隙に結意は、ついに家の中へと上がり込んだ。

「待て、結意! 隼てめぇ、そこを退けよ!」俺は道を塞ぐ隼に苛立ちを覚え、拳を握り打ち出した。
だが隼は俺の拳を受け流したかと思うと、そのまま腕を引き、足払いを決めてきた。

「ぐぁっ!」
「やめときなよ飛鳥ちゃん。喧嘩じゃ俺は負けないぜ? 俺は飛鳥ちゃんの何倍もの修羅場を潜り抜けてきてるんだからな。
安心しな、結意ちゃんが怒るからあまり痛くはしないさ。」

我ながら随分とあっさり倒されたもんだ。だが確かに隼は、追撃をして来なかった。
俺は咄嗟に跳ね起き、隼から距離を置いた。
---隙がない。一見飄々として見えるのはいつもの事だが、その実あらゆる攻撃にも対処できる。そんな構えだ。

「神坂。」佐橋が俺の耳元に顔を近づけ、喋りかけてきた。
「あいつは只者じゃない。よくわからんが危険だ。」
「なんでそう思う?」
「…未来が読めないからだ。あいつの近くに来てから、一切の未来が読めない。お前の死も、な。
それによく考えろ。俺がついさっき見た未来は、あの結意とかいう女の死だ。つまり、返り討ちに遭う可能性が高い。」
「結意ちゃんに限ってそれはないよ。」

隼は、佐橋の話を聞き逃さなかったようだ。


176 : 天使のような悪魔たち 第10話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:31:09 ID:CkzHf342O

「亜朱架さんは今、力を使えないはずだからね。」
「…姉ちゃん? 力って、何の話だ?」
「…仕方ないねぇ。綺麗さっぱり忘れてるんだから、これくらい教えてやるよ。」

隼は両腕をさらに大袈裟に開き、まるで演説をするかのように語り出した。

「亜朱架さんの持つ力、それは…"存在を無に還元する"力さ。
念じるだけで物質を消去することができ、記憶を消すこともできる。
思い出してみるといいさ、飛鳥ちゃん。記憶の中に、抜け落ちた部分があるはずだからな!」
「存在…記憶……?」

隼の言葉に促され、俺は一瞬、最近の記憶を振り返ってみた。
今日の事は全て覚えている。朝から結意に追い回され、図書室に逃げ込み、佐橋と出会った。
昨日…突然姉ちゃんが帰ってきて…その前に明日香が何故か結意の家にいて…ん?
一昨日…俺は学校が終わったあと………どこにいた?
三日前…この日も朝から結意に付きまとわれ、それから…何があった?
よく考えたら、思い出せないことだらけじゃないか。いくら人間が昨夜の晩飯の内容を忘れることがある生き物だからって、
こんなにも記憶に穴があるなんて、いくらなんでもおかしい。
隼の言っている事は本当なのか…?

「おい神坂! ぐだぐだ考えてる場合かよ!」突然、瀬野が大声で叫んだ。
「このままじゃ結意ちゃんが人殺しになっちまうだろ!
それに、よくわからんが佐橋の言う通りなら、結意ちゃんが…!
おい、シュンとか言ったな! テメェは結意ちゃんが人殺しになってもいいってのかよ!」
「…人殺し、ねぇ。大切な人の為なら、人殺しにだってなれる。それこそが人間ってもんだろう?」
「知るかよんな事!」

瀬野は木刀を振りかぶり、隼の元へと突進していった。
…だめだ。隼なら簡単にかわせる。


177 : 天使のような悪魔たち 第10話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:32:10 ID:CkzHf342O

「…神坂。」と佐橋が呼んだ。
「隙を作る。その間にお前だけでも行け。」

言い終わると佐橋も瀬野に続いて走り出した。

「うおぉぉぉぉぉ!」瀬野が木刀を横一閃に振り抜く。だが隼はそれを左手でいとも簡単に掴みやがった。
「遅いよ。」隼は木刀を逆に引っ張り、瀬野の体を引き寄せ、膝蹴りを腹に打ち込んだ。
「ぐ…はっ…」瀬野は嗚咽を漏らし、ふらついた。
瀬野がよろけたところに、今度は佐橋が握り拳を間髪入れずに打ち込んだ。
さすがに隼も二段構えの攻撃には驚いたようだ。だが隼は即座に片足を半歩引き、拳撃をやり過ごそうとした。
だが佐橋はパンチはしなかった。握り拳を下に振り下げたかと思うと右足で軽く跳ね、体を半回転させて左足で踵落としを仕掛けた。
半歩下がった程度ではかわしきれない。チャンスだ。
隼は両手を頭上でクロスして、踵落としを受け止めた。

「ちっ…あんたも、飛鳥ちゃん程度には強いみたいだねぇ」
「油断大敵って言葉、知ってるか?」

言うと佐橋は今度は残った右足を無理矢理跳ね上げ、空中でブロックされた左足で踏ん張り、蹴り上げに移行した。
…なんつー動きだ。
蹴り上げはようやく隼にダメージを与えるに至った。佐橋のつま先は、隼の顎をついに捉えたのだ。

「がっ…!」

隼は口元を押さえて顔をしかめた。その一瞬のうちに俺は全力ダッシュで隼の横をすり抜けた。

「あっ…待て、飛鳥ちゃん!」

慌てて隼は俺を追おうとするが、足は俺の方がわずかに速い。

「待っ…!? ぐあぁぁぁぁぁ!」
---突然、隼が大声で苦しそうに呻いた。
あまりに苦しそうな声に、俺は無意識に振り返ってしまった。

「…馬鹿な。俺の力で抑えられない…? ゆ、結意ちゃん…!」

言っている意味はさっぱり理解できん。だが、あれは間違いなく演技ではない。

「神坂! 早く行け! あとは任せろ!」瀬野が大声で俺を促す。
確かに瀬野の言う通りだ。隼のことは二人に任せよう。
俺は三人を尻目に、ようやく自宅へと入ることができた。


178 : 天使のような悪魔たち 第10話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:34:57 ID:LAKqI2RQO

* * * *


「さて、詳しい事を説明してもらうぞ。」

外に残された三人。俺は神坂に代わり、隼という男にそう尋ねた。
だが、わざわざ聞かなくても想像はついた。
隼の話が真実ならば、神坂の姉は異能力者(それも、俺とはベクトルがまるで異なる)であり、
神坂はその姉によって都合のいいように記憶を消された?
そしてこの男は、不自然なくらいに詳しい。結意という女を、そんな能力を持った相手の元へ平気で向かわせるということは、
何らかの対策がある、という事になる。
異能力に対抗するには、異能力しかないだろう。つまり隼は…

「お前、神坂の姉の力を相殺できるんだろ?」
「…さすが、うちの高校で一番頭が良いだけはあるねぇ…くっ…」
「だが今のお前には負荷がかかっている。神坂の姉の力が強まってるのでは?」
「それは違うね…亜朱架さんは、ぁくっ…良くも悪くも、成長しない…たぶん…いもう、と、だ…」
「…なんだと!」

最悪だ。神坂の妹までもが同等の力を持っているとしたら、隼一人では力を相殺できないのでは!?

「おい瀬野!手伝え!」
「なんだ佐橋!」
「隼の肩を持て。…中に入る」
「いいのかよ!こいつは…」
「もう俺達の邪魔をする理由はこいつにはない!それより、こいつの力が必要なんだ!」
しかし、連れてったところでどうする?
止められないかもしれない。…だが、やらないよりはマシだろう。

「…佐橋歩、なんで君はそんなに必死なんだ? 君からしたら、他人事なのに。」この期に及んでまだ減らず口を叩く隼。
それに対し、俺はこう言ってやった。

「未来を…変えるためだ!」