※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

180 : 天使のような悪魔たち 第11話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:42:40 ID:H0fw2t4IO

結意は土足で上がり込んだようで、靴がない。まず一階からざっと目を通してみたが、姿はなかった。
すると二階か。だが、物音がまったくしない。結意が木刀を以て暴れれば、少しは物音がしてもおかしくはないのに。
…嫌な予感がする。俺は駆け足で階段を登り、二階の、明日香の部屋の扉をやや乱暴に開いた。

「なっ……結意!?」

結意はいた。ただし、木刀は手に持ってはおらず、気を失っているのか、目を見開いたまま床に倒れていた。

「おかえり、兄貴。」
「遅かったわね、飛鳥。」明日香と姉ちゃんも、部屋にいた。
「斎木くんが絡んできたせいで私の力は使えなくなっちゃったけど、
まさか明日香も力を使えるようになった、とは思ってなかったみたいね。」
「姉ちゃんまで訳わかんないことを……それより、"コレ"はどういう状況だ!?」
「ああ…心配しなくてもいいわよ。知覚神経が混乱して、意識を失っているだけだから。
まあ目が覚めても、何も聞こえず、何も見えないただのお人形さんになってるけどね。」

それはつまり、結意から光と音を奪ったのか。
そんな事が、本当に可能なのか?

「ところで飛鳥…やたらその女の事を気にかけるわね。記憶は消したはずなのに…心は消せない、って事かしらね」
「…やっぱり、俺の記憶を…!?」
「大丈夫だよ兄貴。全部終わったら、きれいに忘れさせてあげる。だから、"少しじっとしてて"ね?」

…なんだ、一瞬視界が黒く歪んだ気がする。
そう思った時には俺の体に力が入らなくなり、床に崩れ落ちた。
立ち上がろうにも手足に力が入らない。それどころか、"手足がある"という感覚すら感じない。

「な、んだよこれ…俺に何をしたッ!!」


181 : 天使のような悪魔たち 第11話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:43:57 ID:zV03YPhMO

これが姉ちゃんの…いや、"明日香の"力なのか。
明日香はしかし俺の質問には答えなかった。
代わりにと言わんばかりに、どこからか刃物を取り出した。…始めから、手に持っていたのか?

「じゃあね。私のお兄ちゃんを汚した罪は、償ってもらうよ?」
明日香は動かない結意の体に跨がり、刃物を高く掲げ……
「やめろ!明日香ぁぁぁぁぁ!」

一気に…振り下ろした。

「っ…うあぁぁぁぁぁぁ!」

激痛に襲われた結意は目を醒ましたようだった。だが様子がおかしい。
虚空を見つめ、もがく手は必死に空を掻く。すぐ隣に俺がいるというのに。

「飛鳥くん!嫌ぁ!嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

結意の叫び声は耳を裂かんばかりだ。

「ふふっ…発狂したかな? 目が醒めると同時に、お兄ちゃんに拒絶された瞬間の記憶が蘇るようにしたからね。」
明日香はまるで楽しそうに、嬉々としてそう言った。
「大丈夫だよ。ちょっと狙い外れたけど…ゆっくり、苦しみながら死んでね?」

結意は虚ろな瞳から涙をこぼし、次第に呂律が回らなくなり、息苦しそうにしながらも、俺の名前を呼んでいる。

「あ…すか…くん…ぃゃ…ぃかなぃでぇ……」

体を刺された痛みよりも、俺に拒絶された痛みの方が大きいというのか。

「神坂ッ!」佐橋の声がした。俺は唯一動く顔だけで、振り向いた。
どうやら隼を連れて、二階まで上がってきたようだ。

「あら、随分と無様な姿ね、斎木くん?」
「…お蔭さまでね、お姉サマ。」
「滑稽ね。貴方は私の力を上手く抑えこんだと思ったみたいだけど、その逆。
私が貴方の力を抑えていたんだからね?
今だって過負荷で、他人の肩を借りなきゃろくに動けないんでしょう?」
「…今回ばかりは、否定できませんね。でも、妹ちゃんも、もう限界みたいですよ?」


182 : 天使のような悪魔たち 第11話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:45:44 ID:H0fw2t4IO

限界? 隼の放った一言に、俺は明日香をもう一度見やった。
…鼻血を流している。結意の返り血ではない。明日香自身の血液だと見てわかった。
それに、顔色がすこぶる悪い。

「あはははは!無様だねぇ!泥棒猫には相応しい姿よね!きゃはははは…ごほっ」
明日香は微かに咳込んだ。
その時、わずかに血液が吹きこぼれたのを、俺は見逃さなかった。

「………わかってるわ。だから今夜だけでも、明日香を幸せにしてあげたかった。
今の明日香が力を使う事は命取りになるとわかってても、私は…
あんたたちの邪魔さえなければ、明日香はもっと長く生きられたのに…!」

姉ちゃんの声は今までにないくらい重く、哀しそうだった。

「さあお兄ちゃん、泥棒猫に見せ付けてあげようね。私達が愛し合う姿を。」
明日香は結意の頭に手をかざすと、手の平から白い光を放った。
「私達が愛し合う姿を見て、絶望しながら死んでね。」
「あ…飛鳥、くん? ここに、いたんだぁ…」
結意の瞳に光が戻ったようだ。
それを狙ったかのように明日香は俺の顔をぐい、と自身の方へ正対させた。

「お兄ちゃん…大好きだよ。」

明日香は結意に見せ付けるように、血の味のする口づけを俺にした。

「あ………はは、あはははははは…あははははははは…あはははははははははは!がふっ…あはははは、あはははははは!」

結意は笑った。壊れたスピーカーのように、無機質な笑い声を上げ、黒く淀んだ瞳からは一層大粒の涙を流し、
口からは時折間欠泉のように血を吹き出しながら。

「ありがとう………飛鳥。」

突然、明日香の体がびくん、と跳ねたと思うと、どさり、と力無く俺の上に倒れ込んだ。

「あ…明日香?」名前を呼ぶが、返事はない。
それ以降はまるで動かない。呼吸音も聞こえない。まるで糸の切れた人形のように。
静かだった。その瞬間、結意以外の全員が言葉を失い、沈黙が訪れた。


183 : 天使のような悪魔たち 第11話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:48:03 ID:zV03YPhMO

「瀬野、救急車を呼べ。」
「あ、ああ!」
瀬野は佐橋に促され、携帯を取り出した。
佐橋は口元を押さえ、壁にもたれる。顔色がひどく悪いのが見てわかった。

「…まさか、こんな結末になるなんて、ね」

隼は既に佐橋の肩から降り、自分の足だけで立っていた。

「過負荷は妹ちゃんにもかかっていたんだよ。
もともと体の造りが脆弱なクローン体。寿命だって近づいていたのにこんなにも負荷がかかったら、
それこそ一日と保たないさ。」
隼は気障ったらしく両手を掲げ、何かを念じた。
瞬間、視界が白に染まる。俺の体に力が戻った感覚を覚えた。
同時に、記憶が洪水のように押し寄せる。

(まっててね飛鳥くん!今日は飛鳥くんの大好きな焼き魚にするから!)
(だからぁ、飛鳥くん以外のとこにお嫁になんか行かないからね! )
(飛鳥くん………大好きだよ!)

それは、今まで失っていた記憶のかけら。俺は確かに、結意と愛し合っていたんだ。

「俺の持つ力…それは歪められた因果律を修正する能力さ。
亜朱架さんの力とは、まるで正反対のね。
ただし…失われた命までは元に戻せない。それをわかってて、何故妹ちゃんを?」
「…もう限界だったからよ。」

姉ちゃんは淡々と、語り出した。

「明日香の体は既にぼろぼろだった。まさか四年の間に劣化がこんなにも進んでいたなんて。
だから私は急いだ。明日香の願いを叶える為にね。
だけどこれ以上は苦しむだけしかなかった。だから、明日香が一番幸せを感じた瞬間に………
苦しまないように…脳を破壊したの…」

何だと。それじゃあ明日香は………
明日香は、死んだのか…?

「明日香、返事しろよ。」

俺は明日香の肩を掴み、前後に揺さぶる。だけど力なく体は弛緩していて、首ががくがくと動くだけだった。
…明日香は、本当に死んでしまったんだ。
俺は明日香の体を揺さぶるのをやめ、静かに寝かせた。

「ごめんな、明日香。本当に…ごめん」

それは、最期まで明日香の気持ちに応えられなかったからか。
明日香を、死なせてしまったからだろうか。
それとも、明日香が死んだ今も、結意を死なせたくない、と心の片隅で思っているからだろうか。
たぶん…全部だろう。


184 : 天使のような悪魔たち 第11話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:49:16 ID:H0fw2t4IO

「結意。」

俺はいよいよ衰弱してきて、声も出せなくなった結意の体を抱き起こした。

「今までごめん。俺、やっと思い出したよ。」
「…………………」

何かを言いたそうに結意は口を動かしたが、声は発せられてない。
だけど口の動きを見れば、なんとなく何を言ったのかわかった。

「ああ、俺もだよ。だから…」


だから、死ぬな。


185 : 天使のような悪魔たち 第11話 ◆ UDPETPayJA 2010/11/12(金) 22:50:12 ID:CkzHf342O

* * * *


瀬野の通報により、救急車はわりとすぐやってきた。
だが、救急隊員が来た時点で結意は意識を失っていた。
顔色もどんどん青ざめ、一目見ただけで危険な状態だとわかる。
しかしそんな状態でも、結意は決して俺の手を掴んで離さなかった。
やむなく俺は、救急隊員と一緒に結意を救急車へと運び込み、そのまま最寄りの病院まで同行した。
付き添いとして、佐橋が同行してきた。多分、この未来の結末を見届けたいが為だろう。
まあ、佐橋がいてくれたお陰で、俺は無傷。結意もまだ、かろうじて命を繋いでいるのだから、知る権利はある。
…明日香だけは、救えなかったが。それは互いにあえて口には出さなかった。

残った三人はどうなったかというと…
姉ちゃんは、明日香の遺体を抱えて一足先にどこかへ去っていった。
「終わったら会いに来る」と言い残して。
恐らくは明日香を弔いに行ったのだろう。
姉ちゃんはさらにこう言い残した。

「最期の瞬間、確かに明日香は幸せだったわ。"私自身"の事は、私が一番わかる。
だから、どうか気に病まないで。」

隼の話によると、明日香は姉ちゃんに万一の事があった時の為に造られたクローンだったらしい。
だからこそ二人は6つも離れてるのにあんなにも似ていたのだろう。
当然、現代の技術では不完全で、細胞の劣化が引き起こされ…あと三か月保つかどうかだったと聞かされた。
その隼も、瀬野と一緒に後から病院に来るだろう。

搬送されてすぐ行われた結意の手術は、二時間半にも及んだが、無事成功した。
ただ意識が戻るにはまだ半日以上かかるという。
俺は結意が目を覚ますのを、隣で待つことにした。

「飛鳥ちゃん…これ、食うだろ?」

隼は鞄から弁当箱を出してみせた。それは俺が拒否した、結意の作ったものだった。

「ああ、食うよ。…結意は料理が上手なんだぜ、隼。」
「へぇ…意外だね。」と言い残し、隼は病室を出ていった。
恐らくは気を遣ってくれたのだろう。

「さて、腹が減ったし…食うか。」

包みを解いて膝の上に弁当を置き、蓋を開けた。中身はアスパラベーコンに、綺麗に巻かれた卵焼き等、どれもうまそうな出来映えだ。
…米の上に海苔でハートマークが貼られているのは、もはや気にしない。
箸で一口、また一口と食べ進んでいった。

「うまいよ、結意。こんなことなら、もっと早く食っとけばよかったなぁ………」

全部食べ終わる頃には、視界は涙でぼやけていた。
隼のやつ…こうなる事をわかってたんだろうな。

「元気になったら………また作ってくれよな。
お前の料理だったら、朝飯とかぶっても大丈夫だから。」

俺は未だ眠り続ける結意に、そう言った。