※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

438 名前:天使のような悪魔たち 第16話 ◆UDPETPayJA :2011/01/22(土) 23:31:48 ID:Lsqg9iqG
およそ20分経って、隼は自転車に乗ってようやくやってきた。
廃ビルと言えば近辺にはここしか該当する箇所はないから、廃ビルを限定する必要はほぼないはずだが、
恐らく俺が要した時間よりも早い。
自転車を飛ばして来てくれたんだろう。

「待たせたな、飛鳥ちゃん………なんて有様だ。」
隼が血まみれの姉ちゃんを見て、息を飲んだのがわかった。

「大丈夫だよ、飛鳥ちゃん。俺なら亜朱架さんを治せる。」

隼は静かに、しかし自信ありげにそう言った。

「以前もあったんだよ、亜朱架さんの治癒力で治せない傷、ってのがね。
基本的に俺達は頭を銃で撃ち抜かれても死なないし、傷も治る。
だけど、"消滅した部位"の補完まではできないんだ。
もし亜朱架さんの致命傷が、あの力によるものだとしたら…というか、他に原因が思い当たらないんだけどね。
普通の人間なら死んだままだけど、亜朱架さんなら蘇生できる。」

灰谷も同じ事を言っていた。隼の力なら、本当に姉ちゃんを治せるのか。
隼は深呼吸をして、両腕を大の字に広げた。このポーズは以前見たことがある。
隼が力を発動する時の、ポーズだ。

その時、俺の腕の中でぴくん、と姉ちゃんの体が跳ねた。

「ごほっ………~~~っ!」

姉ちゃんは痛みに悶絶したようなか細い声を搾り出した。
意識が戻った。姉ちゃんの体には瞬く間に温かさが戻ってきた。
同時に、姉ちゃんの体を一瞬、黒い光が包んだかと思うと、腹部の鉄片が綺麗に消え失せた。

「…こ、こは………飛鳥、なの…?」
「そうだよ、姉ちゃん。」
「あっ……飛鳥ぁ………!」

姉ちゃんはぼろぼろと涙を流し、体を震わせながら、力の入っていない右腕で俺に抱き着いた。

「わたし…死ぬのがあんなに怖かったなんて……死にたく、ない、死にたくないよぉ…!」
「落ち着け、姉ちゃん!」
「うぅ…あっ、あぁぁぁぁぁ!
うわぁぁぁぁぁぁん!うわぁぁぁぁぁ!」

姉ちゃんは突然、気が狂ったように叫びだした。
…一体、何があったというんだ。
あの姉ちゃんがここまで怯えるなんて、明らかに異常だ。



439 名前:天使のような悪魔たち 第16話 ◆UDPETPayJA :2011/01/22(土) 23:33:40 ID:Lsqg9iqG
「これは………亜朱架さんがこんなに取り乱すなんてねぇ…ただ事じゃあないぜ。」
「分析してる場合か!?」
「いや、大真面目に…亜朱架さんをここまで心身ともにズタズタにできるやつはいない。
しかも亜朱架さん…心臓がなかったんだぜ。」

なんで、なんで隼はそんなに冷静なんだ。
俺は泣き叫ぶ姉ちゃんを前に、ただ手をこまねく事しかできないのに。

「大丈夫だよ。身体機能が復活したから、後は勝手に治る。…メンタル面は、時間がかかりそうだけどね。
…さあ、今日はもう帰ろう、飛鳥ちゃん。」「…なあ隼、俺はまた、何もできないのか…!?」
「そんな事ないさ。現に今、亜朱架さんは飛鳥ちゃんにすがりついてる。
実の弟である俺ではなく、ね。
…飛鳥ちゃんも薄々感づいてたんだろう?」

そう言った隼の表情は、かすかだが哀しそうに見えた。
やはり、灰谷の言っていた事は事実だったのか。

夜はまだ明けない。この寒さも暗闇も、終わりはまだ来ない。
だけど、姉ちゃんの体温を感じることで、俺はようやく安堵を得ることができた。

* * * *


隼が携帯電話で手配したタクシーに乗り、俺と姉ちゃんは自宅へと到着した。
自転車はひとまず廃ビルの中に隠し、後日取りに行くことにしたのだ。
俺達がタクシーから降りると、隼はそのままタクシーで自分の家へと向かってしまった。
料金は恐らく隼が持ってくれるのだろう。…今度、飯でも奢ろうかな。

姉ちゃんはタクシーの中で、俺に抱き着いたまま眠ってしまった。
タクシーを降りてからはおんぶして運んでいる。
俺は自宅の鍵をジーパンのポケットから取り出し、鍵穴を回した。
………? 抵抗がない。まさか、慌てすぎて鍵を開けっ放しで来たか?
俺は鍵を抜き、扉を開いて中へと入った。
すると玄関には………結意が待っていた。

「………どこに、行ってたの…!?」
「結意…お前、起きてたのか。」
「答えて!どこに行ってたの!?」

そう叫んだ結意の表情は、涙で歪んでいた。

「…私、また飛鳥くんに…ぐすっ…捨てられたのか、って…」
「結意…違う!俺は姉ちゃんを迎えに---」
「…お姉さん、を…?」
「そうだ。それに、俺がお前を捨てるわけねーだろ?だって…俺にはもう、姉ちゃんと結意しかいないんだから。
大事な家族を、見捨てるわけねーだろ?」
「か…ぞく…わたしも、なの…?」

440 名前:天使のような悪魔たち 第16話 ◆UDPETPayJA :2011/01/22(土) 23:35:03 ID:Lsqg9iqG

少しずつ、結意の表情がやわらかくなってきた。

「ああ。だって、お前は俺の嫁さんだろ?」
「嫁…うん、そうだよ。私、飛鳥くんのお嫁さんだよ…?」

結意はようやく笑顔を浮かべ、俺に抱き着いてきた。
だけど、俺は後ろ手で姉ちゃんをおぶっているから、抱き返せない。

「お願い…私の側からいなくならないでね…?
私、飛鳥くんがいなきゃ…生きていけないよ…」

…俺を必要としてくれる奴がいる。
求められているこの瞬間だけ、俺の心は孤独から逃れられる。
俺は俺だ。灰谷とか実の姉だとか、関係ない。
俺はここにいていいんだ、とやっと思えるようになれた。

* * * *


それから一度寝直し、俺と結意は学校に行ったものの、特筆すべき事象は特になく、何事もなく帰路についた。
強いて言えば、今日も結意を俺ん家に呼んだ。それくらいだ。
姉ちゃんは朝方、明日香の部屋でぐっすり眠っているのを確認してきたが…

がちゃ。

自宅の鍵を開け、扉を開く。と同時に、足音がとたとた聞こえてきた。

「お帰りなさい、飛鳥!」
「ね、姉ちゃん?もう平気なのか?」
「…平気?なにが?」
「えっ…?」
「あら、そちらは…飛鳥の彼女さんかな?初めまして、私は神坂 亜朱架っていいます。
下の二人に比べると、漢字が書きづらい名前なのよね。」

---おかしい。
ここにいるのは、誰だ? 少なくとも、つい最近までの姉ちゃんとは別人だ。
口調が違う。結意に対して、今まで会ったこともないような発言。何より…ついこの前よりも、かすかに子供っぽい?

「…それにしても、つい前までちびっ子だったのに、いっちょ前に彼女連れてくるなんて…成長したのねぇ。」

だがそのかすかな差は、姉ちゃんが姉ちゃんでない、という事を気づかせるのに十分過ぎた。

「…わりぃ、姉ちゃん。しばらく二人っきりにさせて欲しい。…行こう、結意。」

俺は姉ちゃんの返事を待たず、結意の手を引いて2階へと駆け上がった。

自室に入り、電気ストーブのスイッチを入れてひとまず落ち着く。
頭の中で状況を整理したら、俺の手は自然と携帯電話の通話ボタンを押していた。
通話先は、隼の携帯だ。

「なあ隼、聞きたい事があんだけど……」
「どうした?」
「姉ちゃん、まさか記憶が消されてたりとかしなかったか?」

俺が思い当たる節と言えば、未だ正体の分からぬままの刺客とやらに記憶が消された、ぐらいだ。
だがそれなら、隼の力で心臓と共に復活してるはずだ。



441 名前:天使のような悪魔たち 第16話 ◆UDPETPayJA :2011/01/22(土) 23:36:13 ID:Lsqg9iqG
「………いや、記憶は消されてはなかったぜ。まさか、亜朱架さん記憶喪失なのか?」
「たぶんな。…結意の事、初めて見知ったような口ぶりだった。有り得ないだろ?」
「ははぁ…そりゃ、有り得ないねぇ。
…恐らく、あの力とは関係無しに、精神的ショックが原因だろうね。」
「一体、姉ちゃんに何があったってんだ。刺客って、誰だよ…?」
「刺客?」
「あ………」

そうだ。まだ隼には灰谷の話はしていなかったんだ。

「…明日話すよ。長引くから、電話じゃちょっと…な。」
「了解。それじゃあ…また何かあったらいつでも。」

通話を終え、携帯を閉じて机に置く。
結意はベッドに腰掛け、俺の顔色を窺っているようだ。

「…悪いな、結意。」
「ううん…私は大丈夫。それより、お姉さんは…」
「姉ちゃんなら大丈夫だよ。
それに…世の中には忘れた方が幸せな事もあるんだ。
結意には悪いけど、姉ちゃんにとっては、その方がいいのかもしんねぇ。」
「…そう、かもね。」

だが、一番の問題は解決していない。
灰谷の話していた刺客の存在だ

またいつ姉ちゃんが狙われるとも限らない。でも…俺に何ができるだろうか。

* * * *


「………じゃあ、今日は帰るね。お姉さんによろしく言っといてね。」
「ああ。また明日な。」

今日は結意は夕方には引き上げていった。
姉ちゃんに気を遣ったのだろうか。ここ最近はもっと遅くまでいたんだが。
俺は結意の後ろ姿が見えなくなるまで見送り、家の中へ戻った。

「ふぅ………やっぱり部屋の中は暖かいな。」

ベッドに身を投げると、室内の暖かさが染みてくる。
おまけに、さっきまで結意が座っていたから、まだ少しベッドが暖かい。
そのせいか、少し眠たくなってきてしまった。
だがそんな眠気は、俺の部屋のドアをノックする音によって打ち消された。

「入るわよ、飛鳥。」と言って、姉ちゃんが俺の部屋に来た。

「どーした、姉ちゃん。」
「ううん…飛鳥の顔が見たかっただけよ。」
「なんだよ、そりゃ。」
「いいじゃない。…気がついたら、すっかり一人前の男の子の顔つきになってるし。」
「…気がついたら?」
「…私ね、記憶なくしたみたい。」

自覚があったのか、と俺は内心で呟いた。
姉ちゃんは俺の横たわるベッドに腰掛け、肩越しに俺を見た。


442 名前:天使のような悪魔たち 第16話 ◆UDPETPayJA :2011/01/22(土) 23:38:43 ID:Lsqg9iqG
「たぶん、ここ5、6年の記憶がないの。何があったかさっぱり思い出せない。
私の中では、飛鳥はまだ小6なのに、背丈なんか軽く越されてるし。」
「ははっ…そりゃそうだ。俺だってもう16だぜ。」

それは姉ちゃんの時間が6年前から進んでいないからだ、とは口に出さなかった。

「ねえ、飛鳥。この間にどんな事があったのかな。」
「………一言だけいえるとしたら、思い出さない方がいい事があったよ。」
「あはは…何よそれ。…そう言えば、明日香は?」
「…!」 避けられないとはわかっていた。こればかりは、どうしようもない。

「姉ちゃん………明日香は、この前死んだよ。」
「えっ…嘘、でしょ…。」俺の言葉を聞いて、姉ちゃんの顔が一気に青ざめた。
「本当だよ。…明日香は、助からない病気だったんだ。」
「そんな………明日香が…死んだ…? それも、思い出さない方がいい事なの?」
「………。」

何も言えなかった。明日香は確かに、"助からない"命だった。
だから苦しまないように、姉ちゃんが介錯をした、なんて言えるわけがない。
だって俺は、姉ちゃんが明日香をどれだけ愛していたか知っているから。

「姉ちゃん。」 俺は上半身を起こし、姉ちゃんを抱き寄せた。

「あ…飛鳥?」
「俺、姉ちゃんの事守るから。…もうこれ以上、失いたくないんだ。」

声の震えは、恐らく姉ちゃんにわかってしまうだろう。
だけど、それも含めて本心なんだから、ごまかしたって仕方がない。

「………大きくなったね、飛鳥。頼りにしてるからね。」

そう言った姉ちゃんの声も、かすかに震えていた。

* * * *


文化祭当日の朝---

俺はいつも(というよりは、ここ最近)のように目覚まし時計が鳴る前に起床した。
一階に降り、洗面台で顔を洗ってからリビングに向かうと、すでにテーブルには和食セットが配膳されている。

「おはよう、姉ちゃん。」
「おはよう、飛鳥。私、知らない間に料理の腕が上がったみたいよ♪」

エプロン姿におたまを持ってそう言った姉ちゃんは、"14歳らしい"あどけない笑顔を見せた。

「そりゃ楽しみだ。やっぱ朝は和食に限るよなぁ。」
「ふふ…その台詞、小学生の頃から変わらないわね。」
「そうか? ずいぶんとマセた小学生だな。」
「自分の事でしょー?」
「ははっ…なあ姉ちゃん。どうして俺が、今朝は和食なのか、知ってるか?」

二人同時に席に座り、姉ちゃんは白米の入った茶碗を、俺は味噌汁の入ったお椀を手にとった。

「姉ちゃんの味噌汁が昔から好きなんだよ、俺。」


失ったものは沢山ある。だけどようやく、平和な日常が帰ってこようとしている。
このときの俺はそう信じて疑わなかった。
だがそれが、数時間後には見事粉々に打ち砕かれるなんて、露ほども考えていなかったんだ。