※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

469 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/01/01(火) 10:49:00 ID:M6ywAIdX

「○○くん、『私の事嫌い』とか『もう付きまとうな!』とか言ってたよね?さっき
でも○○くん、あたしの足でこんなにオチンチン大きくしちゃって……ふふ、やっぱり私の事が……」

メールでヤン子に呼び出された俺は、学校の体育館倉庫に呼ばれた。
体育館倉庫には、体操着を着用したヤン子が立っていた。
ヤン子にいきなり俺の両手を握り、「ず~っと好きです付き合ってください」と
今時、エロゲーでもそんなセリフ吐かねぇ~よっと思うようなとってもベタベタ告白をしてきた。
もちろん俺の答えはNO。なぜならこんな根暗と付き合ったらクラスの笑いものだ。
それに俺には、高島さんという(まだ片思いだけど)愛する人がいるからだ。
ヤン子は、告白を断られるといきなり俺にスタンガンを突きつけた。俺は、ショックで気を失った。
気が付くと俺は、手足を縛られ、ヤン子の足にチンポをシゴかれていた。


470 :きゃの十三 ◆DT08VUwMk2 [sage] :2008/01/01(火) 10:51:16 ID:M6ywAIdX
「おい!これはずせよ!!聞いてるのか?この狂女!キチガイ!被爆星人!!」
「えへっへへへ、駄目だよぉ~○○くん それ全部、放送禁止用語だよぉ~」
「あっ!ゴメン……じゃねぇ~よ!!その汚い足どけろよ!」
「へへへ、素直じゃないなぁ~ いいのかなぁ~?どけちゃって」
確かに今、止めてもらうととっても物寂しい
…が、コイツにいいようにされるのは、もっと嫌だ
「もぉ~、素直じゃない○○くんは、こうなんだから」
いきなりヤン子の足の上下運動が激しくなる
ヤバイ…このままだと俺は、ヤン子の足でイってしまう
イキそうになった瞬間、ヤン子は、俺のチンポから足を離した。
「え?……なんで?」
「ふふ……ほぉ~ら、やっぱり○○くん、わたしで感じたんだ
もう嫌がるふりをしても無駄だよ?ほらほらこんなにオチンチン、濡らしちゃって♪」
ヤン子は、妖しく微笑みながら俺のチンポを擦った。
「ふふっ、目が血走ってきたね、○○くんの本心…私の事、本当は好きなんでしょ?
つづきしたいんでしょ?だったら『付き合って』って言ってよ!好きだって言って!
ずっと待ってたんだよ?ほら、この長髪だって君が「高島さんの髪って綺麗だよな」って言ってたから
伸ばしたんだよ?この胸だって「牛島先輩みたいな巨乳っていいよな」って言ったから
嫌いな牛乳飲んで大きくしたんだよ?それなのに君は、私の事、振り向いてくれなくって……
ねぇ?もうこれ以上、我慢させないでよ ほらぁ……早く早くぅ♪」

……意識が朦朧とし、中途半端なもどかしさで俺は…俺は……


471 :きゃの十三 ◆DT08VUwMk2 [sage] :2008/01/01(火) 10:52:05 ID:M6ywAIdX
※ ※ ※ ※ ※

ずぷっ、ずぷぷぷっ……

「ふふ、○○くんのオチンチンおいしぃ~♪」


――俺は、あの日、我慢できずヤン子とつづきをする代わりに交際をした。
思った通り、クラスのみんなは、俺を笑いものにした。でもまぁ約束したんだから仕方がない
あれから毎日、俺は、ヤン子の家に招かれてこのようにヤン子の奉仕を受けている

「あぁ、もう2008年か……」
「○○くん、明けましておめでとうございます」
ヤン子は、俺のチンポを頬ずりながら新年の挨拶をした。
俺は、おもむろにヤン子の顔が隠れるぐらい長い前髪をたくし上げた。
「どうしたの?」
「いや……今、気付いたけど、お前意外とかわいかったんだな」

「えへっえへへへへへ」
――ヤン子は、頬を赤く染めた。