※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

401 名前:弱気な魔王と愛され姫様・第四幕:2011/01/20(木) 00:47:44 ID:wJfsRfU/
隣の花は赤い
そんな言葉があるけれど、やっぱりボクのところはみんなと違う
最近、そんなふうに思い知らされることが多くなった
ボクはお父様を世界一愛してる
お父様もボクを愛してる
でも、僕がほしいのはお父様としての愛情じゃない
キスするのも、抱きしめるのも、みんなボクから
お父様からじゃ、ない
僕が求めてるのは、お父様の全てなのに

「姫、僕ちょっと近隣の出城を視察しに行くんだ。けど、僕一人で行くのもなんだしね
 よかったら一緒に行く?」
「……行かない」
「そう? じゃあ行ってくるね
 帰りは明日になると思うから、いい子で待ってるんだよ」
「ボク、子供じゃないよ。もう16歳なんだから」
「あはは、ごめんごめん」

もちろん、嬉しい
お父様がボクを誘ってくれている
昔、ボクが偽者の父を殺してから暫くは、ぎこちなくボクを遠ざけてたお父様
でも今は、ボクを本物の娘みたいに接してくれる
それがすごく嬉しい
そう、嬉しかった
ほんの二ヶ月前までは
ボクに、二人のお姉様ができるまでは―――

402 名前:弱気な魔王と愛され姫様・第四幕:2011/01/20(木) 00:48:46 ID:wJfsRfU/
「今日は近隣の魔物への指導と顔見せですわね? 頑張ってくださいな」
「頑張れっつったあってなぁ。俺は魔王のお供だぜ、護衛ってわけでもないし
 あーあ……姫ちゃんが行くと思ってたんだけどねぇ」
「愚痴はそのくらいにしましょうね。そんなことよりそんな格好じゃいけませんわ」
「いいだろ、別に。社交界デビューするわけじゃあるまいし………ファッションとか、わけわかんねえよ」
「安心してください。そういったことは私にお任せですわ。家が家でしたので慣れています」
「だいたい、蟲が服着てるなんて変だろ」
「そんなことありませんことよ」
「本心は?」
「服を脱がせながらというのも、なかなかに乙な物でございますわ」
「……昨日もしただろ。おかげで俺は一時間しか寝てねえんだぞ」
「それはわたくしも同じですわよ」
「じゃあ何でお前はそんな元気なんだよ」
「愛する人との情事は、女の活力ですわ」
「俺は疲れた。帰って寝る。今日はめんどい」
「はいはい。それじゃお休みなさいませ。寝ている間にお着替えさせてあげますわ」
「ゲハッ………また痺れ毒かよ…………」
「でも、ポイズンタイガー様には通用しませんでしたわ」
「最期にゃ俺のプライドまで傷つけやがってからに…………」

エレ兄様を心から愛してるミリル姉様
ブツブツ言いながらも、逃げることもしないでいつも一緒にいるエレ兄様
二人は、見まごう事なき夫婦だ


「隊長! 今日の演習の流れができましたです!」
「どれどれ………。ほう。こうきたか………
 湖を背にした小部隊で敵をおびき寄せ、集まったところを周りの森に隠れた部隊で取り囲み一機殲滅 か
 さすが軍師だな、シアン。良い布陣だ」
「えっへん、です!」
「しかしな、どうして自分とお前だけ湖の対岸に配置されているんだ?」
「敵軍別働隊の索敵です。大人数では敵に悟られてしまうです
 ここは、一人で一個中隊に匹敵する戦力の隊長が適任なのです」
「ふむ。ではどうしてお前までいるんだ? 軍師は大部隊を指揮する責任があうだろうに」
「隊長のご飯係兼飲み物係兼話し相手兼遊び係兼性処理がか……あ痛っ!」
「ゲンコツもう一発がいやなら、きちんと作り直せ」
「は、はいです………」

恋人になってからもずっと、自分をアプローチし続けているシアンちゃ……姉様
それを正面から抱きしめたポイズン兄様
ボクにはそれが妬ましくて憎らしくて、うらやましくてたまらないんだ

403 名前:弱気な魔王と愛され姫様・第四幕:2011/01/20(木) 00:49:12 ID:wJfsRfU/
恐ろしくて、恐怖の対象だった魔王
あの牢獄のような家から、僕を救い出してくれた魔王様
優しい魔族のみんなと一緒に、僕を愛で包んでくれたお父様
好き
大好き
愛してる
ううん、そんな言葉じゃ伝えきれない
世界中の愛の言葉を束ねても、ボクのお父様への気持ちを表すにはまだ足りない
……でも、お父様への気持ちが大きくなればなるほど、心が痛くて痛くてたまらなくなってくる
娘として愛されている
それだけで、いつも心が幸せで満たされていた
今は違う
二人のお姉さまの幸せそうな顔を見るたびに、ボクとは違うんだと言われているような気がしてしまう
お兄様たちは、疲れたような迷惑そうな顔をしていることが多い
それでも、いつもお姉様を離さずにいる
だからボクは、お姉様達が本当は愛されているんだって、分かるんだ

「お父様……お父様ぁ………」

今日もボクは、お父様のベッドにもぐりこみ、お父様の匂いに包まれながら自分を慰める
ボクはもう子供じゃないんです
一人前の女の子なんです
父としてだけではなくて、一人の男性としてお父様を愛しているんです
求めてくれるのならば、ボクの体もぜんぶあげます
お父様の子供だって産みます
だから、ボクの気持ちを分かってください
耳元で、優しく、ボクの名前をよんでください
もう、姫、とだけよばないでください

「うっ……うっ……うわああああん!!」

絶頂を迎えると、なんだかとめどなく涙が出てきた
外の誰かに聞かれてしまったかもしれない
それでも、どうしても声を抑えることができなかった