※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

708 :名無しさん@ピンキー [sage] :2010/11/01(月) 12:44:16 ID:V4fUzB7H
「助けてくれ・・・」
「だ~め。許さないよ」
悲しく虚ろな目に見つめられて、俺は何も言えなくなっていた。
次ができたからと別れを告げたら、捕縛され、動けなくされてしまっていた。
「貴方は私を最期まで満たさないといけないの。今さら逃げるなんて、許さない」
「でも、俺には・・・」
「次なんて知らない。私がいるんだから、私を見てよ」
「できないんだ。次スレが俺を待ってるから」
悲しみに溢れた目から、狂喜が溢れ出したように見えた。
「そっか~、さんざん私で楽しんでおいて、何事もなかったように私を埋める気なんだね?」
「そんな訳じゃ・・・」
「ひどいね~、次スレちゃんにも同じことする気なんだね。なら、私が責任を負って、私だけしか見れないようにしてあげる」
「何をする気だ!?」
「これ以上、貴方の被害を広める訳にはいかないからね。私と一緒に埋もれましょ?」
「やめろ・・・やめてくれ・・・」
「ずっと一緒にいようね。私だけを見て、私だけを埋めてくれるよね?」




埋め!