※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

719 :名無しさん@ピンキー [sage] :2010/11/10(水) 13:32:40 ID:4jWfzbjx
「外は嵐なのに、ここは静かだな・・・」
「でしょ~!私の自慢の誰も知らない秘密基地だからね!外にどんな嵐が来ても、ここだけは大丈夫だよ?」
「こんな洞窟、よく知ってたな」
「前から準備してたからね~」
「・・・はい?」
「よく来てたってこと!いろいろ持ち込んだから、しばらく生活できるよ」
「はは・・・準備万端だな」
「この日のために頑張ったからね~」
「・・・え?」
「気にしない、気にしない!」
「・・・まあ、いいけど・・・
しかし、天井はもろそうだな。入り口にひびが入ってる」
「うん・・・危ないから、もっと奥に入ったほうがいいよ?」
「ここらへんか?」
「そう、その辺り・・・・・・エイ!」
ガラガラガラ!!!
「うわ!入り口が!!」
「あ~閉じ込められちゃったね~」
「おま・・・何をした!何でそんなに落ち着いている!?」
「だって、ここなら何でも揃ってるから、平気だよ?」
「いや、そういう事じゃなくてだな・・・
でも、ここなら助けが来るまで、死なずに済みそうだな」
「ん?誰も来ないよ?」
「・・・ナンデスト?」
「誰も知らない洞窟だからね!来る訳ないでしょ?」
「どうすんだよ!野垂れ死ぬぞ!」
「大丈夫だよ」
「なんで!?」
「食糧は三年分くらいあるし、水は湧いてるし、生きて行けるよ?死ぬ時も、二人でいればさみしくないでしょ?」
「だから、そうじゃなくてだな・・・」
「ずっと一緒に埋まってようね・・・」





埋め!