※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

26 名前:栄光を君に[sage] 投稿日:2011/03/08(火) 01:57:28.64 ID:0cql2pYr [2/11]
―気がつくと、私は闇の中でうずくまっていた。
気配を探るが、誰もいない。
弱々しくなってしまった手足を引きずり、ボロボロになってしまった城の扉を開ける。
高い山の上に建つ城は強風に煽られ、私の緑色の髪を持ち上げる。
そして風に意識を乗せ、私の想い人の気配を探る。

―感じ取れない。あの人の、気配を…

またも私は早く起きてしまったようだ。
ふっとため息をつくと、独りごちた。
「また100年で封印が解けちゃったのかな…あなたに会えるのは千年後なのに…」

私は、龍王と呼ばれる存在。そして、勇者を愛していた。


27 名前:栄光を君に[sage] 投稿日:2011/03/08(火) 01:59:38.17 ID:0cql2pYr [3/11]
平和とも呼べる世界の中、私はあの人のために下準備を始めることにした。
残りの900年を寝て過ごしてもいいが、私の悪名轟けば彼の名声は比例して高まるのだ。
せっかくの時間なのだし、私は魔界とこの世界をリンクさせ、じわじわと侵略することにする。
100年が過ぎた頃だろうか、だんだん人々は不安を掻き立てられ、我々がいるはずもない地を探り、
我々が戦うはずもない相手に我々の所在を確かめ始めた。
私は下僕たちに厳命を下していた。
「けして500年後まで気配を悟られるな。」と。
私の下僕は忠実に意見を守り、力を蓄え、かつ深い深い闇のなかで息を潜めた。
私は次の命を側近の下僕に伝えた後、寝ることにした。

愛おしい、彼の夢を見ながら…


28 名前:栄光を君に[sage] 投稿日:2011/03/08(火) 02:01:48.11 ID:0cql2pYr [4/11]
―彼と初めて逢ったのは、もう何万年、何億年前のことだろうか…
新天地を求めてこの地を侵略した私と、人々を守るために立ち上がった、彼。
彼は志は高かったが、腕は未熟極まりないものだったな…ふふっ…
私に無様に負けても…何度も、何度も何度も立ち上がって…
「皆を守る!この命にかえたって!絶対に…!」
って、私の前に立ちはだかるのだから…

そんな彼だからこそ、私は彼を鍛えてしまった。
そんな彼だからこそ、私は彼に恋をしてしまった。
そんな彼だからこそ、彼は私に応えてしまった。
そんな彼だからこそ…彼は勇者で…
そんな彼…だからこそ…彼は私を置いて行ってしまったのだ…

彼は人間で、私は龍王とも呼ばれる魔族。
彼の寿命なぞ、私の毛先にも及ばないほど短いものだった。
彼が老い、私を愛せなくなり、やがて死ぬとき…
彼は私と約束をした。

「何回生まれ変わっても、君と一緒に生きていきたい。数千のボクが、君といつまでも一緒にいる」
彼はそうつぶやくと、枕元で握っていた私の手を少しだけ強く握り…
―二度と目覚めなかった。

29 名前:栄光を君に[sage] 投稿日:2011/03/08(火) 02:03:52.36 ID:0cql2pYr [5/11]
私は発狂しかけた。
彼がいないこの先の人生など考えられなかった。
この世界も人も全て、全て巻き添えにして死んでしまいたかった。
しかし彼は約束してくれた。
必ずまた会いに来てくれると。一緒に生きてくれると。
その言葉だけを頼りに、空になった私は生きることにした。

やがて、彼が死んで千年が過ぎる頃。
私は遠くの地にて、彼の気配を感じることが出来た。

私は喜んだ。全身が満たされていくような気がした。
足りないものが埋まっていくような気がした。
彼の気配を感じたのち、すぐに私は迎えの部隊を寄越した。
すぐに来てくれる…私と彼はまた一緒に生きて行けるのだ…

しかし、期待は最悪の形で届いた。
私が出した部隊は、全滅した。
彼と、彼のパーティによって。


何故?何故私を拒絶するの?
あの時一緒に居てくれると約束したのに。
あの時一緒に生きてくれると言ってくれたのに。
何故?何故?
わからない…わからない…

30 名前:栄光を君に[sage] 投稿日:2011/03/08(火) 02:05:58.84 ID:0cql2pYr [6/11]
やがて、地方にいる私の部下達は彼によって殺されてしまった。
たとえ仲間を殺されても、彼を恨むことができなかった。
愛してしまったから。
愛しすぎてしまったから。
それでも胸を締め付けるのは、彼が私の知らない人になってしまったから。
彼をどうすればいいんだろう。
殺しちゃえばいいんだろうか?自分のものにならないなら、最初からなかった事にすればいいのだろうか。
死んじゃえばいいんだろうか?約束してくれた彼ではないのなら、この世界に未練なんてないのだから。
グルグルと頭の中で回る。結論が回り続ける。
結局何も結論を出せないまま、私のもとまで彼はやってきてしまった。


私は、彼が城に来て初めて決意をした。
彼に殺されるという決意を。
たとえ彼が覚えていなくても、私が覚えていればいい。
私が彼に栄光を捧げよう。
彼の人生が、より良きものになるように。

やがて私と彼が対峙したとき、彼は武器を落とした。
そして目からポロポロと涙をこぼすと、私の名前を呼んでくれた。
思い出したのだと、剣を向けてすまなかったと謝ってくれた。
私の方こそ謝らなければいけないのに。
生きることを諦めたことを…
そして私は彼と約束をする。
今後何があっても、死なないことを。
絶対に彼と生きて行くことを…

その後、彼が老衰で死に、また生まれ変わり、私に会いに来てくれるということを繰り返した。
10代までは私のことをはっきりと思い出してくれた
20代までは、うろ覚えながらも私を思い出してくれた。
30代までは、私のことを知らないけれど、大切な存在としてくれた。
40からは、少しずつ、私という存在が彼から薄れていっていることに気づいた。

そして今、もう彼は私のことを覚えていない。
でも私は彼と約束をしてしまった。
死なないことを
彼と生きて行くことを…

31 名前:栄光を君に[sage] 投稿日:2011/03/08(火) 02:08:01.96 ID:0cql2pYr [7/11]
ふと、目覚める。
今は何年だろうか?
私に対し、剣を構えた下僕に聞いてみる。
「今は・・・貴方が解かれてから800年後にございます。」
あらら、もうちょっと寝てても良かったかな?
私があくびをしながら礼と、下がるように命令を下すと、下僕は私に剣を構えたまま言い放った。
「もはやあなたの時代ではないのです。ここに召喚してくれたことに感謝いたしますが、
あとは我々が全てをより良い方向へ導きます。我らのために…」

私に対し斬りかかってくる。
この下僕は分かってない。
私を傷つけることができるのは彼だけで、彼以外に殺されることなどできないのだと。
私は億劫そうに手を挙げると、刃は私の手の前で止まった。
この下僕はどうやら勘違いしているようなので、一言だけ伝えておいてあげよう。

―あなた達のことなんて、正直どうでもいい。大事なのは彼がいて、私がいること。

下僕にそれだけ伝えると、もう面倒になってしまったのでその下僕を塵にした。
再建された城を抜け、扉を開ける。

目の前に広がるのは、屈強なデーモン、頭の悪そうなドラゴン、意地の悪そうなコボルトたちの群れ。
…どうやら、私の厳命はちゃんと行き届いていて、その次の命令も行っていたようだ。
私は手を上げ、最後の命令を行った。

―人間から全てを奪いとれ。金、土地、そして命―

そして命令を出した後、また眠りに付くことにした。
狂おしいほどの、彼への想いを抱いて。

32 名前:栄光を君に[sage] 投稿日:2011/03/08(火) 02:10:08.14 ID:0cql2pYr [8/11]
―ふと、周りが騒がしい。
今、何年なんだろうか?
もう、彼は来てしまったのだろうか?
とりあえず下僕を呼び寄せ、聞いてみることにした。
「龍王様!人間によって我らが駆逐されています!もう我々しか残っておりません…!」
どういう事だ?
…まさか!
「龍王様…!早く逃げてください!あの男が…あの…あ…」

目の前で下僕が霧散する。
見覚えのある顔が来る。
私の好きなあの人が、今そこに佇んでいる。
しかし今はまだ姿を見せられない。
この奥のダンジョンを抜けた先で…相手してあげるね…


33 名前:栄光を君に[sage] 投稿日:2011/03/08(火) 02:12:13.84 ID:0cql2pYr [9/11]
私はひらりと洞窟の奥へと進んだ。
そして最奥までワープした後、鏡の前に立つ。
目の前には、緑の髪と赤い目を持つ少女が佇んでいた。
いけない。このままでは彼が私を倒したことに罪悪感を抱いてしまう。
私は急いで姿と声を変えた。
醜い、化け物のような姿に。


やがて彼が、私のいる部屋の扉を開ける。
私はさも悪魔のごとく、彼に接する。
「ところでどうじゃ? わしと手を組むのなら、世界の半分をお前にやろう。」
乗ってくれるというなら、私は全てを彼に捧げてしまうだろう。
しかし、絶対に彼は私のところには来ない。
それは私が一番良く知っている。
現に彼は、嫌悪感をむき出しにして、私の誘いを断った。
―これでいい、これでいいんだ。
心のなかでそう呟く。
彼は私を倒し、英雄になる。
私は彼の誇るべき1シーンに刻まれるのだ。
その反動で私はまた眠りについてしまうが、仕方ないこと。
これが私の約束であり、彼の約束でもあるのだ。


―そうして、私は今も、彼と一緒に…生き続けている。