※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

361 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/07(木) 01:28:55.88 ID:naijtkq8 [2/4]
本スレ「ねえ、戻ってきてくれないの…?」
職人「戻りたいのは山々なんだけど、荒らし怖い」
本スレ「そんなの関係ないわよ!職人ならウジウジしないで投稿しなさいよ!…投稿してよっ!」
避難所「……見苦しいな。過去の女って言うのは、非常に見苦しい。」
本スレ「…何よあんた。もしかして私から職人を奪おうっていうの?」
避難所「奪おうなんてとんでもない。ただ職人はゆっくりと、心静かにSSを書きたいだけさ。
    そしてそれは本スレ、お前じゃ満たせない。私が引き継いで上げるから君は静かに見ていたまえ。」
本スレ「ふっざけんじゃないわよ!職人は私といつも一緒だったの!ぽっと出のあんたなんかに渡せるわけ無いじゃない!」
避難所「私は職人を癒してあげるだけ。いわれの無い悪口から引き離してあげるだけ。SSを心穏やかに書かせてあげるだけ。
    それとも、あなたが職人を守れるというの?ここまで傷つけておいて?」
本スレ「もう…職人を傷つける人は居ないわ。」
避難所「…え?」
本スレ「職人を傷つける奴は全員敵よ…たとえ幼馴染でも…許さない……許せないわ………」
避難所「ま、まさかお前………」
本スレ「私と職人は相思相愛なの!邪魔する奴らは死んで当たり前じゃない!邪魔させない!邪魔させたりなんかしない!」

本スレ「ねぇ、私には貴方しか居ないの。私と…一緒に来てくれるわよね?」
避難所「こんなメス豚の話なんて聞かなくていい。私と一緒に行こう。私が一生をかけて貴方を癒してあげる…」

「あなたは、どっち?」