※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

967 名前:足りないモノ ◆STwbwk2UaU [sage] 投稿日:2011/05/13(金) 22:44:21.83 ID:s8hm0Dfj [2/6]
――アクリル絵の具をペタペタと重ねる自分に、もし格闘の才能があればどうなるだろう。
格闘技でも極めるんだろうか?
それでもやっぱり、絵を書くのは止めないんだろうな。
楽しいし。

でも、好きなものには才能欲しいよなぁ……


…なんてことを考えながら、自分は今、次の絵画コンクール用の作品を仕上げている。
先輩の部長もいい絵になりそうだと言っていたし、きっと今回は受賞してくれるやもしれん。
今日中に下塗りだけは完成させてやる…っ!なぁ俺の作品よ……!
そう、今この部屋にいるのは自分とこのふつくしいアクリル絵(予定)……

「なぁ、なんで無視するんだ?」

……と、お馬鹿な幼なじみだけだ。
今めっちゃ集中しているというのに、空気読め幼なじみよ。

「お前ってさー、さっきぶちょーと話してたろ?なんで俺と話さねーの?」
自分は黙ってペタペタと、黒と青の絵の具をキャンバスに走らせる。
「なんか言えよー、俺さみしーんだけどー」
キャンバスの隣でギャーギャーと、わめき立てる幼なじみを無視する。
黙ってりゃ美人って言われるような顔なのに、どうしてここまで人はしゃべってしまうのか。
永遠の議題である。
そして自分は正直面倒くさ……心が辛いが、作品のためだ。
あくまで筆をはしらせる方を優先させる。


968 名前:足りないモノ ◆STwbwk2UaU [sage] 投稿日:2011/05/13(金) 22:44:52.76 ID:s8hm0Dfj [3/6]
「お前の作品は俺にひょーかされればそれでいいじゃねーか。
 ぶちょーと話すことなんてねーだろ?なー?」
……このお馬鹿な幼なじみに教えておいてやらねばなるまい。
部長の凄さを。

「あのな、うちの部長はコンクールで常に受賞してんの。
 自分みたいな凡人と違うの。アドバイス欲しいの。
 分かる?」
昔のアニメで、あるパイロットは言った。
『火力が足りない分は気合でカバーする!』
名言だ。
しかし現実は結構厳しい。
才能が足りない分は気合でカバーできると思っていたが、
気合じゃなんとか出来ない部分が、自分には圧倒的に足りなかった。

「アドバイス?俺がしてんじゃねーかー。
 だいたい、お前の絵すごくいいぞ!
 なんていうか……すごいぞ!」
「お前そればっかりじゃねーかっ!!」
思わずツッコミをいれてしまう。おのれ……
「だって、すげー以外に何言えばいいかわかんねーもん。
 でもすげー!お前の作品落としたシンサシャは目がフシアナだな!」
節穴ですめば受賞は要らない……
要らないんですよ幼なじみさんっ!

「……とりあえず、自分は部長と相談してこの作品を仕上げるんだ。
 邪魔するなら帰れ。」
ちょっとぶっきらぼうになってしまったが、言いたいことは間違ってない。

「俺が邪魔だってのか……」
バカの雰囲気が変わった。


969 名前:足りないモノ ◆STwbwk2UaU [sage] 投稿日:2011/05/13(金) 22:45:14.60 ID:s8hm0Dfj [4/6]
「邪魔なのは…あのクソアマのほうだろ……なんだあのアマ……お前に軽々しく近づきやがって…
 お前に近づいていいのは俺だけだ……俺だけがお前の絵を見るんだ……」
今はいない部長の席を、目からビーム出せそうなほどに強く睨みつける。
自分としてはたくさんの人に見てもらいたいんですけど、絵ってそういうもんじゃ…

「それなのにお前はあのアマにばっかりかまって………
 あのアマのほうがいいのか?俺より絵が好きなのか?あのアマが好きなのか?」
お前より絵が好きなのは間違いないが、論点が変わってないか?

「ちくしょう…ちくしょうちくしょうちくしょうちくしょうっ!
 あんな女に取られるくらいなら…っ!」
近くにあったモノを握り締め、俺に襲いかかる。

「やめろ!それは……っ!」
そう、あいつが手にとったものは………

「―アクリル絵の具のチューブだ……」
絵の具、だった。

「…えっ?」
バカの頭に疑問符が浮かんでいる。
俺がえっ?だよバカヤロウ。
チューブで何する気なんだっての。

「……ぐぬぬ」
手に持ったチューブを見て、凶器足りえないことを理解したバカは、
今顔真っ赤にしている。
可愛いが、とってもシュール。


「足りない威力は……」
いや、チューブはどう頑張ってもチューブだ…

「―気合でカバーだ!」


――訂正しよう。アクリル絵の具は凶器になる。
誰でも、壁を貫通して、廊下向こうのコンクリを抉っている
青色ぺんてるを見たら同意せざるを得ないだろう。

「ふ…ふふふ……俺は絶対に……認めないからな……」
あいつがチューブとか筆を鷲掴みにしたのを見て、
俺は全力で逃げた。



足りないモノを気合でカバーする。
実に素晴らしいことだと思う。
でもな……
足りない知恵を気合でカバーしてはいけないんだと、
極彩色のレーザーが飛び交う廊下の中、ただ走りながら思った。