※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

541 名前:題名の無い長編その十八第二話[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:55:46.64 ID:QaLYyO/U [2/9]
 
 四限の終わりを告げる鐘が鳴った。
先日のやりとりを思い出し、溜息を吐く。
水を飲んだ後、逃げるように帰る俺に紗耶は、
「明後日、屋上で待ってますから」と寂しげな顔をして言っていた。
約束をした訳ではないが、行かなければ人として最低である。

 気重ながらも立ちあがり、屋上へ行こうとすると、
振られ仲間のうちの一人、飯島啓太が近づいてきた。
啓太は、小柄で生意気そうな顔をしているが、
愛嬌があり、どこか憎めない奴だ。



542 名前:題名の無い長編その十八第二話[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:59:07.59 ID:QaLYyO/U [3/9]
「あれ、今日は一緒に飯を食わないのか?」
「すまんな、他の奴と屋上で食う予定だからパスだ」

 軽くいなして教室を出ようとすると、肩を掴まれる。
振り返ると、啓太はにやにやと笑っていた。

「そういえば、今日のお前なんか変だったな。誰と食べるんだ?」
 
 答えによっては逃がさないぞ、言外にそう仄めかしている気がした。
恐らく俺が女と食べることを疑っているんだろう。

「柊紗耶とだ」

 嘘を吐いてもいずれ分かることだと思い、素直に言った。
それを聞いて、啓太は不思議そうな顔になる。



543 名前:題名の無い長編その十八第二話[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 01:01:13.22 ID:QaLYyO/U [4/9]
「夕香ちゃんとじゃないのか?」
「いや、俺たち振られてるだろ」
「……まあ、確かにそうなんだがなあ」

どこか煮え切らない感じで、啓太は呟いた。

「じゃあ、もう行くぞ」
「うん? ああ、待たせちゃ悪いもんな」

 そう言って教室を去ったが、
出ていく間際まで啓太は納得のいかない表情をしていた。
まるで、そんな筈はないというような感じで。

544 名前:題名の無い長編その十八第二話[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 01:04:33.44 ID:QaLYyO/U [5/9]
 屋上に着くと、既に紗耶はいた。
天候は曇りで空はどんよりとしている。
そんななか、紗耶はぼんやりと虚空を見つめていた。
虚ろな目と感情のない顔は、どこか儚げである。
俺が近づくと、紗耶は一瞬驚いた表情をしたが、すぐさま笑顔に変わった。

「お弁当、作ってきましたよ」

 床には藍色とピンク、二つの弁当箱がある。
おそらく、俺のために作ってくれたものだろう。
紗耶の真向かいに座り、顔を見つめて礼を言う。

「ありがとう」
「いえ、彼女として当然のことですから」

 恥ずかしげに顔を俯け、小さな声で言う彼女は可愛らしかった。
それと同時に、微かな罪悪感にさいなまれる。
こんな女の子の告白を、酔った勢いで安易に受けてしまった。
自分は彼女に相応しくないと思い、自虐気味に笑う。


545 名前:題名の無い長編その十八第二話[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 01:06:41.70 ID:QaLYyO/U [6/9]
「祐一さん、どうかしましたか?」

 紗耶は心配そうに俺を見つめる。
そんな仕草も可愛らしく、自分には似合わないと感じた。

「紗耶は綺麗だし、優しいな」

 それを聞くと、紗耶の顔は仄かに赤くなった。
また心が痛んだが、そのまま話を続ける。

「だからさ、俺は君に相応しくないと思う。
君の姉に振られた後、酔った勢いでその妹と付き合うような奴だぞ。
それに、とくに秀でたところもないしな」

 俺の話が終わると、先ほどとは打って変わって、
紗耶は無表情に変わっていた。
一昨日のような濁った瞳で、また俺を見つめる。

546 名前:題名の無い長編その十八第二話[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 01:09:21.43 ID:QaLYyO/U [7/9]
「忘れてても良いって言ったじゃないですか」
「いや、だからそれは……」
「だから、なんですか。まだあの女のことを引きずってるの?
私は構いませんよ。あなたが私さえ見ててくれれば。
それに、酔った勢いを狙ったのは私です。
そんなことどうでも良いじゃないですか。
ずっと好きだったんですよ、中学生のときから。
あなたは覚えてないかもしれないけど」

 淡々と、けれど感情的に、紗耶は俺に言葉を浴びせた。
それから俺の一挙手一投足に気を配り、不安げに訊いてくる。

「捨てませんよね」
「え?」
「私を捨てませんよね」

 そう言って、怯えた目で俺を見る。
小さく震える肩は、どこか頼りなげで、今にも崩れそうだった。
迷いが無いわけではないが、これ以上はもっと酷いことになりそうである。
俺は覚悟を決め、彼女を抱きしめて、背中をそっとさすった。

547 名前:題名の無い長編その十八第二話[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 01:11:37.18 ID:QaLYyO/U [8/9]
「わかった、もうこの話はしない」
「本当に?」
「ああ。こう見えて、誠実な男だぞ」

 場を和ませるように、軽く笑う。
紗耶もそれにつられるように、半泣きで表情をゆるめた。

「それじゃあ、飯でも食べるか」
「はい」

 嬉しそうに笑う紗耶を見て、俺は今日二度目の溜息を吐いた。
(ここで引いたら男じゃないな)
そう思い、彼女と付き合っていくことを改めて決意した。