※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

813 :狂宴高校の怪 序章:2011/06/25(土) 13:28:40 ID:OYjEOtgk
恐れ多くですが書かせていただきます。書き溜めがまだないので更新に時間がかかるかもです。

 目が覚めた。何も変わらないいつもの天井。何も変わらない日常。
 当たり前のことを思って俺、能登コイルはゆっくりと体を起こした。

「あ!お兄ちゃん!おはよう!」
 笑顔で挨拶をする俺の妹、能登ノマルは今日も元気だ。「あぁ、おはよう。」
 いつものように挨拶を交わして、俺は身支度を済ませ食卓についた。

 ピンポーン!
 おっと、迎えが来たみたいだ。
「コイル君!まだ寝てるのか!?」
 インターホンではなく、大声で直接俺に言葉を送る。
「うるせぇ!今いくから待ってろ!」
 半分食べ終わっていた食パンを牛乳で流し込んで、横の鞄を手に取って、俺は家を出た。
「いってきまぁす!」

 俺と肩を並べて一緒に登校してる男子生徒は、幼馴染みの葉久保シドウだ。
「君は今日も僕を三分待たせたね。いつになったら一分を切るんだい?」
「宣言するぜ。今後一切切らない。」
 俺は笑った。シドウも笑った。変わらない登校風景だ。

 学校に着いた。俺もシドウも、この私立の共学の縁郷高校の二年生だ。いつものように下駄箱に靴を入れると、
「よーコイル、葉久保、おはよう。」
 やって来たのは男友達その1、名は辻疾剣恒。筋肉質だがどこか憎めない男だ。

「・・・シドウとお呼びなさい。」
 葉久保はさらりと剣恒に言った。なぜだか知らないが、シドウは名字で呼ばれることを激しく嫌う。だから必ずと言っていいほど、初対面の人(剣恒を除く)にはこのフレーズを言う。
「おっとすまねぇ。つい呼んじゃうんだよ。」
 階段を登りながら、剣恒は笑いながら謝った。

 窓際の一番後ろ、前にはシドウ、横は空席。いつもの風景にちょっと嬉しく思える。 しかし、今日はいつもと違っていた。この時はまだ、これから自分に、そして友人達に何が起こるのか、想像もつかなかった。

――――――――――

 チャイムの音が響き渡る。何かの始まりを告げるかのように・・・。