※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

865 名前:狂宴高校の怪 第6話(葛藤編)[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 20:16:01 ID:38xO2Pvk [8/11]
――――――――――

 めんどくさい・・・。もうそれしか言葉が出てこない。段ボールを切るだけの単調な作業だ。飽きてきた。しかし・・・。
「はい!サボらない!」
 後ろには鬼のような顔で見張っているクドがいる。サボるにサボれない。サボったら頭から食われそうだ。
 さらにクドは俺の後ろにいる。威圧感が半端ない。逃げたい。
 クドは会場設営に参加しているのだが、鎧作りに参加している大半が男子のため、当然サボる人が多くなる。
 まぁそんなわけで、クドが見張りに入ったということだ。
 クドは長い黒髪と眼鏡、男を虜にするには十分すぎるスタイルの良さ。ナオと違い、美人という言葉が似合う女子だ。当然モテる。
 しかし、クドは今まで受けてきた告白を全て例外無く一蹴してきたらしい。
 まぁそんな石頭が後ろに居れば作業もはかどる。もう鎧の半分以上が出来上がってしまった。

――――――――――

 後ろで見てるだけで濡れてきちゃう・・・。このまま頭から食べてしまいたい。
 いやいや!落ち着け私!今の私は学級委員長としているんだ!だから不埒なことは出来ない!
 でも・・・学級委員長としての自分を見失ってでも、私は彼を手にいれたい!

866 名前:狂宴高校の怪 第6話(葛藤編)[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 20:17:58 ID:38xO2Pvk [9/11]

 彼との出会いは、私が高校1年生の時だった。
 彼とは同じクラスで、私はその時も学級委員長だった。しかし、副委員長や書記の人は、仕事には関わってくれなかった。真面目に仕事をしているのは私だけ。当然去年の予算会議は私一人だけだった。
 しかし、彼は違った。
「あれ?一人で予算決めてるの?手伝おうか?」
 私は意味がわからなかった。彼は何の役職にもついていない。なのに手伝ってくれるといった。
「あれ?めんどくさがりのコイル君が進んで会議に参加とは珍しいですね。」
 彼の親友、葉久保君が笑っていた。指摘されて彼も笑う。
 めんどくさがりの彼が私のために?私の胸が高鳴った。
「えっと・・・ありがとう・・・能登君・・・」
「コイルでいいよ。名字で呼ばれるのは何かくすぐったいから。」
 彼は私の目を見て、また笑った。

 その予算会議は、決めることが少ないのですぐ終わってしまった。
 もっと続いてほしかった・・・。時間があっという間に過ぎた気がした。
 私はそれ以来、彼を意識するようになった。気がつくと、私は彼を目で追っていた。そして、彼の姿を見るたびに想いは強くなる。独り占めしたいと思い出した。
 いけないことなんだろうな。でも私は、彼以外を好きにはなれないだろう。
 だからこそ私は彼を手にいれる。どんな手を使ってでも・・・。

867 名前:狂宴高校の怪 第6話(葛藤編)[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 20:20:30 ID:38xO2Pvk [10/11]
――――――――――

 見張りがいるだけでこうも作業スピードに差が出ようとは・・・。クドの威圧感、恐るべし。
 と言っても、出来上がったのはまだ1体だけ。鎧は残り2体だ。しかもかなり大きめの鎧なので、今回作った「足軽の鎧」とは比べ物にならないくらい複雑だ。
 果たして、「戦国武将の甲冑」と「王国の重騎士団長の鎧」は無事に完成するのだろうか。この2つの案を提案したケンゴウを軽く恨んだ。

――――――――――

 会場設営の方はまだ初日なので、それほど進んではいない。今教室にあるのは、従業員スペースとお客様のスペースを隔てるカーテンと、ちらほら見える装飾ぐらいだ。
 私は、カーテンの最後の調整をするために残ると言い、会場設営の皆を帰した。衣装作りの人もいないし、教室にいるのは私だけ。
 ふらふらと私は、置いてある鎧の所に歩いていった。
「コイル君が作った鎧・・・。」

 気づけば私は、上半身だけ制服を脱ぎ、鎧を着けてあそこを弄っていた。
「はぁ・・・んはぁ!コイル・・・くぅん・・・。」
 我ながら淫らな女だな。しかし、彼への思いが私をさらに突き動かす。
 ふと私は、棚にハサミがあることに気づいた。そのハサミは・・・。

「!!!」

 間違いない!コイル君のハサミだ!
 顔が一瞬で真っ赤になる。あそこは潮を吹いてしまい、床がびしょびしょになってしまった。
 ハサミを手に取る。冷たい・・・。温もりは消えてしまっている。
 しかし、抑えていたものが爆発するには十分すぎた。

「はぁぁぁ!ん!うぅん!コイル君!コイル君!好きぃ!大好きぃ!大好きぃ!」
 ブレーキはない。あそこを弄るスピードが一気に速くなる!脳に響く快感が、ここは学校なんだ、私は学級委員長なのだ、という意識を完全に遮断している。もはやただの雌犬だ。そう認識して恥ずかしい気持ちになっても、指は止まらない。いつの間にか二本の指で弄っていた。あ、一本追加。
「あああああぁぁぁぁぁ!!!!!」

 ・・・学校でイってしまった・・・。床が愛液まみれだ。
 持っていたティッシュで床を拭く。
 鎧を脱ぐのは正直名残惜しいが、しょうがない。鎧を脱いで、ハサミと一緒に元の位置へ。

 虚しい気持ちのまま、私は制服を着なおして、教室を後にした。