※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

960 名前:neXt2nExt ◆STwbwk2UaU[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 03:52:30 ID:lsTRKJVY [2/6]
…ジリジリとした熱い日焼けが僕を刺す。
遠くに海が見える無人駅で、僕は乗り換えの列車を待っていた。
季節は夏。同級生の子は海で泳いでいるのかもしれない。
自販機で買った缶入りのスポーツドリンクを開けながら、
日差しから逃げるようにホームから待合室に向かうと、そこに一組の男女がいた。
……男女というのは正しいんだろうか?
小学生くらいの、幼い子どもを対象に言うには。

子供たちは確かに幼かった。
しかし、その幼さを上回って有り余るほどの絆を感じた。
お互いを離さないかのように寄り添い、目をつむってお互いを感じる二人。
決して解かないかのようにつないだ手と手。

―ああ、そうか、こんなにも愛を感じているから、僕は男女……と感じたのかな。
二人のじゃまをしないように、待合室の隅に向かいながらふとそう思った。

―僕もこれから向かう街に、待っていてくれる人がいる。
3年ぶりの帰郷だけど、僕のことを覚えていてくれているかな?
いやでも、あの人もいい年だし、恋人の一人くらい……
はぁ……恋人……かぁ………

「……もなく……きの電車が……発車いたします。」

考え事をしている自分の耳に、列車のアナウンスが聞こえた。
―しまった!乗り遅れてしまったか!?
僕は一目散にホームへ向かう!
すると、先程の二人がちょうど、列車の中に乗り込んで、向こうの窓を見ていた。
男の子が窓の向こうの何かを指す。
女の子はそれをみて、クスクスと笑う。
二人だけの、二人のための列車……

プルルルル、と大きな音を立てて、列車は閉まってしまった。
あの二人を乗せた列車は、ゆっくりと、そして少しずつ速く、遠くへ行ってしまった。
ふと、時計をみる。
するとおかしい。時間が合わないのだ。
次の列車まで、まだ30分もあるのに、あの列車は行ってしまった。

―なんだったんだろう?僕は夢でも見ていたのかな?
僕は頭をかきながら、もう一度待合室へ戻る。
すると、あの二人の座っていた場所に、小さなキーホルダーが置いてあった。
男の子が好きそうな、銀色の剣の形をしたキーホルダー。
あの二人の忘れ物かな?と思ったが、何故かやけに手放しがたい。
僕もワルに目覚めたのかもしれないが、そのキーホルダーは持っていくことにした。

自分の、故郷まで………

961 名前:neXt2nExt ◆STwbwk2UaU[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 03:53:01 ID:lsTRKJVY [3/6]
―僕の故郷は、山と海に挟まれた場所にあった。
僕はそこで、中学生までずっと過ごしていた。
毎日が楽しくて、毎日夢を見ているような気持ちだった。

僕は暑いホームを抜け、改札を通り、待合室まで向かう。
待合室に、人はいない。
どうやら僕は早く来てしまったようだ。

―僕の近くには、いつもあの人がいた。
いつも微笑んでくれて、春の暖かな光のような人だった。
透き通るような美しさがあって、夏の強い日差しのような人だった。
いつも優しくしてくれて、秋の豊穣のような人だった。
いつも儚げで、冬の雪のような人だった。

僕は待合室を出る。
強い日差しに包まれながら、街を見下ろす。
蛇行した坂道の向こうに、少しゆらゆらと揺らいだ街が見える。

―僕はあの人が好きだった。
あの人と一緒に居たかった。
でも、もう………

僕はゆっくりと坂道を降りる。
すると、目の前に麦わら帽子と、若草色のワンピースが見えた。
僕はこの色を、この人を知っている。
だって、この人は僕の……

「ただいま、鈴香姉さん。」

僕の最愛の人は、微笑みながら

「おかえり、コーちゃん。」

出迎えて…くれた……

962 名前:neXt2nExt ◆STwbwk2UaU[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 03:54:07 ID:lsTRKJVY [4/6]
「コーちゃん、3年ぶりだね。
 どう、元気にしてた?」

坂道を降りて、家に向かっていると、鈴香姉さんが僕に話しかけてきた。

「うん……元気だったよ。
 鈴香姉さんはどうだった?」

「私も元気元気!
 …でもね、やっぱりコーちゃんがいないと……寂しかったなぁ。」

鈴香姉さんが寂しそうな顔で微笑む。
僕の心臓がドキリと弾む。

「で、でも鈴香姉さん!もういい年なんだし……
 ここ……恋人の一人や二人いるでしょ?」

「もうっ、女の人に年齢の話題は禁止!
 それに私は恋人なんていませんよーだ!」

鈴香姉さんは、手を腰に添え、怒ったように頬をふくらませる。
しかし次には僕の頭を撫でながら、こう言った。

「それに、鈴香姉さんとか畏まらなくてもいいのよ?
 前みたいに、スズねぇ…って………呼んで欲しい…かな……」

「うん……ありがとうスズねぇ。
 出来れば僕も、スズねぇって呼びたかったんだ。」

「そう?……嬉しい………」

鈴香姉さん…いや、スズねぇは少し顔が赤かった。
熱中症だろうか?少し急いで帰らないと……

963 名前:neXt2nExt ◆STwbwk2UaU[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 03:54:35 ID:lsTRKJVY [5/6]
「コーちゃん、荷物は部屋に置いたから。
 家は出たときと変わってないから好きなように使ってね。」

スズねぇが、お客様用の部屋……ではなくて、僕の部屋を締めながら言った。
僕とスズねぇの関係は、簡単に言うと従兄妹同士。
ただ、数年前まで親がずっと海外の危険なところで勤務していたので、
僕はずっと従兄妹の家にお世話になっていたのだ。

はぁ…とため息が出る。
そう、僕の初恋はあのスズねぇである。
そして、ため息が出る理由は……
スズねぇにお見合いの話がたくさん来ていると、叔母さんが教えてくれたのだ。
スズねぇはああ言ってくれたが、結婚するのも…時間の問題。
かくいう僕は未だに高校生。
スズねぇは、待てないだろう。
僕が大人になるのを。
僕以外の人が、スズねぇの隣にいるのだ。
見たくない…知りたくない……考えたく……ない………


「……コーちゃん?お風呂湧いたよ?」

「う……うわわわわっ!?」

目の前に、スズねぇの顔。
僕はびっくりして、思わず後ずざりし、スズねぇごとコケた。
スズねぇは後ろから覗き見るように僕を見ていたようだ。

「あいたたたた……コーちゃん、リアクション大きすぎるよ………」

「ご…ごめんなさい……」

しかし、僕の視界は真っ暗だ。いい匂いもする。
持ち上げて見直すと、スズねぇの胸だった。

「あわわわわ!ごごごごめんなさいっ!!!」

「んっ……ふふっ………
 コーちゃんも大胆になったかー」

僕は急いで離れる。
しかしスズねぇは少し顔を赤くするが、全く嫌がった素振りを見せない。
それどころか、すこし目が潤んでいるような………?
いや、いやいやそんなことはない。
風呂でも入って頭を冷そう。

「す……スズねぇ!風呂入ってくるね!」

「あ…ちょっと……っ!
 もぅ……!」

僕は急いで階段を降り、風呂場に向かった。


風呂場で足を伸ばし、ついでに背中も伸びをしながら、
僕は明日の予定を考えていた。

一応、僕も夏休みとは言え、遠くに来たのだから、計画くらい立てている。
今回此処に来たのはスズねぇに会いに来た……のは誰にも言えない第一目的だが、
建前としては、写真を取りに来たのだ。
そこでいま、古い記憶を家探ししながら撮影ポイントを確認している。

―今は夏だから、山のほうへ行ってホタルを撮るのもいいな。
ついでにそのまま夜だし、星を撮ろうかな?
朝焼けと夕暮れの海もキレイだし、そっちも捨てがたいな……
あえて母校?いやいやいや………

「コーちゃーん?入るねー」

そう、だから僕はこの声に気づかなかった。
気づいた時には、バスタオル一枚のスズねぇが風呂場にいた。

「なっ……なっ………!?」

「コーちゃん、背中流すの手伝ってあげるねー」

なんでこうなったのか、今の僕には理解できない。
でも、これだけは言える。

「よよよ嫁入り前の娘が、ひひひ人に肌晒しちゃいけませんっ!!」

僕は精一杯の常識と、否定を込めたつもりだったんだが、
スズねぇが今度は理解出来なかったらしい。

「え…?コーちゃんになんで隠さなきゃいけないの?
 何も問題ないじゃない。」

「ぼ、ぼくだって男なんだよ。そういうかっこしてると襲われちゃうんだよ!」

顔を真っ赤にして僕は言ったが、スズねぇは違う方向に勘違いをしていた。
何故かスズねぇがバスタオルを取りはじめたのだ。

「私……コーちゃんにだったら……襲われても……」

その言葉を聞いて、僕の意識は見事にぶっ飛んだ。
生命の危機的な意味で。

「ちょ……っ!コーちゃん!?大丈夫!?
 コーちゃん沈んじゃダメーっ!」