※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

59 名前:狂宴高校の怪 第14話(試練編)[sage] 投稿日:2011/07/08(金) 00:32:51 ID:UsqEq.t6 [2/5]
――――――――――

 思い出した・・・。謎の嘔吐の原因、四年前の記憶。
 俺はあの家族との決別以来、女性を怖がっていたのだろう。

 そしてそのトラウマによる言動で、俺はマナカを苦しめていたのだろう・・・。

 ・・・何だかマナカに会いづらいな・・・。ドア一枚隔てた向こうにいるマナカに会えない。会うのが怖い・・・。
 鍵は外してある。だから後はドアノブを回すだけ。そんな日常の動作が出来ないでいた。
 何かが俺を躊躇させる。

 そんな俺の気持ちを無視して、トイレのドアは俺の力を借りずに開いた。
 マナカが立っていた。



 色の無い目が俺に向けられている。まるでクドだ。
「ケンゴウ君・・・君はまた私をひとりぼっちにするのか?また私を置いていくのか?」
 何を言っているんだ?
「もう私は君を離したくない!私はもうあの時みたいな事は嫌だ!」
 ・・・あの時。恐らく俺と同じ、四年前の記憶だろう。マナカにも何かあったんだ。

 いや・・・。微かに見えてきた。
 恐らくマナカの四年前の記憶、その中に俺がいるはずだ。

 マナカとの間に何があったか。四年前の記憶と一緒に思い出してきた。それはマナカも一緒だろう・・・。

60 名前:狂宴高校の怪 第14話(試練編)[sage] 投稿日:2011/07/08(金) 00:33:33 ID:UsqEq.t6 [3/5]
――――――――――

「じゃあな、マナカ。」
「また明日部活で会おう!ケンゴウ君!」
 私はケンゴウ君と別れ、ケンゴウ君の家の隣にある私の家に入った。

 家に入ると、姉が玄関に立っていた。
「お帰りなさい、マナカ。」
「ただいま!お姉ちゃん!」
 私はお姉ちゃんに挨拶をして、ケンゴウ君と過ごした楽しい時間の余韻に浸りながら、部屋に入っていった。

刹那。

「あん・・・ケンゴウ・・・さない!」

 後ろから声が聞こえた。



 次の日は学校が休みだ。私はケンゴウ君にメールをした
「今日、私の家に来ないか?新しいゲームを買ったのだ!一緒にやろう!」
 勿論、ゲームをするためだけに呼ぶわけではない。
 あわよくば私は、彼と一夜を共にしようと思っている。部屋には避妊器具は置いておいた。準備万端!いつでも来い!ケンゴウ君!

ピンポーン!

 来た!階段を一気に飛び降りる。着地に失敗したが気にならない。痛みは感じない。それほどに彼が愛しい。
「良く来たな!ケンゴウ君!さぁ入ってくれ!」
「おぅ、お邪魔します。」
 愛しのケンゴウ君を、私は自分の部屋にいれることに成功した。



 私は今、キッチンにいる。
「今からお菓子とお茶を持ってくるから待っててくれ!とびきり美味しいお菓子とお茶を用意するよ!」

 そんなわけで、お湯が沸くのを待っていた。
 この後が問題だ。どうやって彼とベッドに入ろうか。露出の多い服はすでに着ている。油断しなくても胸が見えてしまう。貧乳だけど。もちろんミニスカートも標準装備だ。
「ケンゴウ君・・・私で興奮してくれるだろうか・・・。」
 私は姉みたいなナイススタイルではない、いわゆる幼児体型だ(小学六年生だからかな?)それでも私は彼を手にいれる。手にいれるためなら何でもする。どんなことでも出来るんだ!

ピー!

 あ、お湯沸いた。お菓子とお茶を早く持っていかなければ!

61 名前:狂宴高校の怪 第14話(試練編)[sage] 投稿日:2011/07/08(金) 00:34:30 ID:UsqEq.t6 [4/5]

 私の部屋は二階の一番奥にある。だから姉の部屋を必ず通ることになる。
 普段の何気ない習慣が、今日は違った。

 姉の部屋から何かが聞こえる?

 聞き覚えのある愛しい声?ケンゴウ君?
 そっと耳を澄ました。
「やめ・・・まずいよ・・・。」
 何なんだろう。ケンゴウ君が誰かを説得してる?
「邪道は承知の上よ!あいつに渡すぐらいなら私が奪う!」
 奪う?何を言っているんだ?誰かがケンゴウ君を・・・監禁しようとしてる?

「やめようよ、マナカが来ちゃう。」
「あいつの名前なんか出すな!ケンゴウは私だけを見ていれば良いの!あんな奴なんか気にするな!」
「あんな奴って・・・妹だろ。」



「例え妹だろうが、私の恋路を邪魔するなら殺す!利用できるなら利用する!全てはあなただけのためなんだから!」



 どういう事?お姉ちゃん?何で?
 何で?何で?何で?何で?何で?何で?何で?何で?何で?何で?
 頭の中が整理できない。体が高揚する。
 本能が全身に下した私への命令は一つ。



姉を殺せ!



ガチャ!



プシャー!



「キャー!あつっ!」
 私はお茶を姉にかけた。熱さで姉がのたうち回る。
「何でケンゴウ君にこんなことしたのかな?教えてほしいかな?」
 姉の上に乗り、首を絞める。
「カハァ・・・!」
「どうしたの?喋れないの?だったらこんな喉いらないよね?」
 指に人生最高の力を込めた。

「やめろ!」

 私の手を握った手。愛しのケンゴウ君の手だ。
「ケンゴウ君?何でこんなやつの事かばうのかな?何で?何で?何で?」
 私は指にさらに力を込める。こんな家畜以下の女、さっさと消えてしまえば良い。
「やめろ!死んじゃうだろう!」

 何で?何でケンゴウ君は私を押し倒すの?何で身支度をしてるの?何で部屋を出てくの?
 あぁそうか、私の部屋じゃないと雰囲気でないよね。こんな家畜以下の女の部屋なんて嫌だよね。

 いつまでも待った。部屋のベッドの上で待ち続けた。しかし彼は来ない。
 何で来ないの?あぁそうか!私の愛情表現が足りなかったのかもしれないね!
 私は決めた。これからはケンゴウ君を第一に考えケンゴウ君に尽くすと誓おう。
 ケンゴウ君を汚す者は殺す覚悟でぶつかるまでだ。



 姉は家を出ていった。ケンゴウ君はどこかに引っ越してしまった。
 私に残ったのは果てしない孤独感だけ。
 親も姉もいない広い家の中にいる私の心は、どんな闇よりも暗かった。