※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

896 名前:狂宴高校の怪 第9話(強襲編)[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 21:03:33 ID:21/OMUIY [7/10]
――――――――――

 俺達三人とナオは、昨日働いたから今日は自由だ。やったー。
 しかし、昨日ちゃんと待ち合わせの場所を皆で決めたはず。コイルもシドウもナオも、まだ来ていない。
「あいつら・・・どこにいるんだ?」



「ケンゴウ君!」
 メールしようと携帯を手に持った時、不意に後ろから声をかけられた。
「葉久保!・・・どうしたんだ?」
 後ろにいた葉久保の顔は、焦りと不安の色が強く出ていた。
「シドウとお呼びなさい!コイル君が学校に来ていないんですよ!それどころか、昨日は家にも帰っていないそうです!」
 は?コイルは先に帰ったんじゃ・・・?
「妹さんやクラスの人にも聞きましたが、誰も知らないと言っていました。今、ナオさん達も聞き込みを行っています。」
 あの馬鹿が学校にいない?行方不明ってことか?



「シドウさん!ケンゴウさん!やっぱり誰も知らないみたいです!」
 向こうから、コイルの妹さんと、ナオとマナカが走ってきた。
「一年生と三年生にも聞いてみたんですが、答えは同じでした。」
 話を聞けば聞くほど、謎は深まる。いったいどこに行ったんだ・・・?



「ん?聞いてない人がまだいるぞ?」
 不意にマナカが手を叩く。
「今日休んでいる人には聞きようがない。」
 今日休んでいる人・・・?昨日の出来事・・・。あれ?
 シドウと目が合った。多分同じことを思ったのだろう。

「クドだ!」

897 名前:狂宴高校の怪 第9話(強襲編)[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 21:04:25 ID:21/OMUIY [8/10]

「クドさんは私達が眠りにつくまで、私達といました。つまり一番結論に近いのはクドさん。」
 シドウが、妹さんとマナカに昨日の出来事を話した。
「マナカさん!ヒントをありがとうございます!」
 そういって、シドウは入り口に向かって走っていった。
「おい!?どこ行くんだ!?」
 追いかけようとしたら、後ろから袖を掴まれた。
「ケンゴウ君!私のおかげだぞ!ご褒美に私の頭を撫でろ!」
 何だよ急に・・・。マナカはキラキラした目で俺に上目遣いをする。すまんが萌えない。
 しょうがないから頭を撫でてみる。茶髪の髪がサラサラと少しだけ乱れる。
「うん!やはりケンゴウ君に頭を撫でられるのが一番落ち着くな!」
 無視して頭の上においていた手を離し、シドウの後を追った!

――――――――――

「私達も後を追いましょう!」
 ケンゴウ君を追うようにして、私とノマルちゃんとマナカちゃんも駆け出した!
 ん?マナカちゃんの走り方がぎこちない。何でだろう。若干内股になっている。

――――――――――

 予想通りでしたよ。彼の今回の事件、やはり彼が関わっていました。
 数分前、私は彼に会いました。
「コイルを探しているのですか?」
 柱にもたれかかりながら、走ってきた私に声をかけたのは、
「やはりあなたでしたか。チバタ君。」

898 名前:狂宴高校の怪 第9話(強襲編)[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 21:05:31 ID:21/OMUIY [9/10]
――――――――――

 何の冗談だ?天井には俺の写真、ベッドの上にも俺の写真、机の上にも俺の写真。周りの全てが俺の写真ばかりだ。良い気はしない。なれるわけがない。
 ていうか誰の部屋だよ。インテリアとかを見るからには、女子の部屋に見える。

ガチャ!

 突如入ってきた、威圧感のある黒髪と眼鏡、ナイススタイルの女子。
「クド?じゃあ・・・ここはクドの部屋?」

 ていうかクドの服装はなんなんだ?これは・・・間違いない!コスプレ喫茶でクドが着ていたメイド服だ!
「えへ!気に入ってくれた?私のメイド服を一人で堪能できるのはコイル君だけだよ!」
「何だよ?何の冗談だ?誰に言われた?シドウか?ケンゴウか?チバタか?」
「ちょっと正解。チバタ君がきっかけを作ってくれたの。でも安心して、あなたを独り占めしたいって言う気持ちは本当だから。誰かに言われたからじゃないね。」
 最高の笑顔で俺の上に乗ってきた。
「ずっとこうしたいって思ってたんだ!やっとコイル君と一つになれるのね!私嬉しい!」
 クドが上体を倒す。俺の胸の上にクドの胸が押し付けられる。
「私の胸、大きいでしょう?でもこの胸を好きにできるのはコイル君だけだよ。」
 さらに押し付けが強くなる。かなり柔らかい感触だ。

 しかし、四肢を拘束する手錠と、光の欠片すら見られないほどに暗さを表に出したクドの瞳。その二つのせいで、いや、その二つのおかげで、俺の息子が元気になることはなかった。