※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

337 名前:neXt2nExt ◆STwbwk2UaU[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 21:16:21 ID:nVwOctKE [2/4]
ゴトン、ゴトンと体が揺れる。
子守唄が聞こえる。
よく、知っている声だ………

目を開けると、僕は列車の中にいた。
朝の日差しが、遠く向かい側の席まで僕の影を伸ばす。
―さっきまでのは、全て夢だったのだろうか。いや、これも…
そう思い体を動かそうとすると、動かない。
そして自分の右側に柔らかな重みを感じる。

「…気づいたんだね、コーちゃん。」
僕の愛しい人の、声が聞こえる。
しかし姿は見えない。
体が、言う事を聞いてくれないのだ。

「コーちゃん……私ね、振られちゃった。」
ゴトン、ゴトンと規則的に列車が揺れる。

「ずっと……ずっと好きだった人に振られちゃった。
 もう…ね、生きるのに……疲れちゃった………」
窓が開いている。風が、背中を撫でる。

「…でね、私、諦めようと思ったんだけど……ね…
 諦められなかったの。コーちゃんを諦められなかった。」
大きく横に揺れる。その反動で僕は座席に横倒しになる。
そして愛しい……スズねぇは僕に被さってきた。
そのまま、僕はスズねぇに口唇を貪られた。
舌すら動けない僕は、拒むことも受け入れることも出来ないままだった。
スズねぇの舌は動かない僕の舌を捉え、引き出し、吸いつく。
嬲るように舌を動かし、舌と舌が卑猥な音を立てる。

「んっ……む………はぁ………
 ごめんね、コーちゃん。
 動きたくても動けないし、話したくても話せないでしょ?
 私がやったの。しびれ薬を寝てる間に盛ったの。」
スズねぇはそのまま僕の上にかぶさり、僕を優しく抱きしめる。
列車の振動が、やけに大きく感じる。

「ねぇ、私分かったの。やっとね、理解できたの。
 この世界じゃコーちゃんと幸せになれないって。
 だから、ね……一緒に、行こう?」
また、僕の口が貪られる。僕はただ、なすがままだ。

――そういえば、僕が拾ったキーホルダー……どこ置いたかな……
落としちゃった……かもな………

338 名前:neXt2nExt ◆STwbwk2UaU[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 21:16:47 ID:nVwOctKE [3/4]
しばらく列車に揺られた後、僕はスズねぇに抱えられて列車から降りた。
降りた駅の名前は逢瀬岬。
確か、ここの海が見える公園で恋人になったら、幸せになるんだったかな……

「ス……ズねぇ………なんで…ここに……?」
僕は未だしびれが取れないまま、声を出す。
スズねぇが、変わらない微笑みをぼくに向ける。

「コーちゃん、ここの伝説知ってる?恋人になったら幸せになるっていう伝説。」
僕は頷く。

「実はね、もう一つあるんだ。ここと反対の岬で、とあることをするとね、
 ……ずっと一緒にいられるの。」
―そんなの聞いたことがない。
ここの岬のウワサはひとつだけで、そんな……
何をするっていうんだ?

スズねぇは僕を抱えたまま、険しい反対側への岬の道を登り始めた。
今までのスズねぇの力じゃ考えられないほど、力強く僕を抱えたまま登る。
やがて、岬の端の方まで歩き、僕とスズねぇはそこから座って海を眺めた。

ザァ……と海からの風が頬を撫でる。
近くからはかもめが、遠くからは汽笛が……
僕とスズねぇは、二人だけの世界に、いた。

「……コーちゃん、私が何しようとしているか……わかる?」

「…うん。」
僕は短く返事をする。
もう、僕はこれから起こる事が分かっていた。
スズねぇはつまるところ、どんな手段を使ってでも僕と一緒にいたいんだ。
僕は手段を選べなかった。
だから、僕は彼女にこんな手段を選ばせてしまった。
もし……もし僕に勇気があれば………

――いや、よそう。
僕はもう、受け入れるしかないのだ。
この結末を。


「~♪♪」
スズねぇが、曲を口ずさんでいた。
思い出すまでもない。結婚式で有名な曲……
結婚行進曲だ。
ひと通り有名なフレーズを口ずさんだ後、スズねぇは僕を見た。

「コーちゃん、私はね、夢があったの。」

「白いウェディングドレスを来て、ヴァージンロードを歩いて…
 お父さんにエスコートしてもらって、コーちゃんの元まで歩くの。」

「そして、誓いの言葉を述べて、指輪をはめて……口づけするの。
 ……愛おしい…貴方と………」

スズねぇはまた目を海に向ける。
その目は切なく、どこも見てはいなかった。
僕はフラつきながらも立ち上がり、スズねぇを立たせ、
……口づけを交わした。

「コーちゃん……?」
スズねぇは、驚いたように、嬉しいように話しかける。
僕の、僕の心だって決まっている。

「その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、
 これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを僕は誓います。」
結婚の宣誓の言葉を述べる。
僕にできることは……これくらいだ。

――スズねぇは泣いた。
この言葉を聞いて、僕を抱きしめながら泣いた。
今、僕が……いや、僕達が居るのは海の岬じゃない。
神聖なる聖堂と、宣誓せし神の前にいる。
そう、僕とスズねぇは今、結婚式を………挙げているのだ。

スズねぇはぼくに寄り添い、お互い歩を進めながら宣誓の言葉を続ける。
「新婦となる私は、新郎となるあなたを夫とし、良いときも悪いときも、富めるときも貧しきときも、
 病めるときも健やかなるときも、死がふたりを分かつまで……いえ、
 死すら乗り越え、愛し慈しみ貞節を守ることをここに誓います。」

歩を、進める。
世界がまるで、僕達を祝福してくれているように…明るい。

「ずっと、ずっと……好きでした。鈴香さん。」

ぼくの愛しい人は、真っ赤になって微笑む。

「ずっと…ずっと愛しています。孝太郎さん。」


僕が最期に見たのは。愛おしいお嫁さんの、幸せな顔だった。