※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

925 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:09:00.88 ID:WH2Z4ZVE [1/13]
埋めるために、作っておいた短編でも投下しますわ。

926 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:11:02.73 ID:WH2Z4ZVE [2/13]
 目を覚ますと、薄暗い部屋の中にいた。

 傍らにある蝋燭の灯り以外に光はなく、
もたれかかっているコンクリート打ちっぱなしの壁は冷たい。
不審に思い辺りを見回すと、少女が目の前にぽつねんと立っているのに気がついた。

「あ……やっと起きてくれましたね」

 少女は穏やかな声で言い、笑いかけてくる。

「ここはどこ?」

 俺は状況が呑み込めず、少女に疑問を発した。
自宅の布団で寝ていたから、こんな牢屋のような場所にいるはずがない。
問いに、少女は表情を崩さず答える。

「私のお家の地下です」
「は?」
「率直に言うと、拉致しちゃいました」

 顔を赤らめて事も無げに言う少女に、俺は呆気にとられた。
深呼吸をして気持ちを落ち着かせ、再度少女を見る。
深く吸い込まれるような目、艶やかな黒髪が特徴で、顔は整っており美しい。
理由も無く拉致するような娘には見えない。


927 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:13:03.88 ID:WH2Z4ZVE [3/13]
「何の目的で?」
「お礼をするためです」

 少女は平然として言った。
だが状況が状況なだけに、その言葉は怪しく感じられた。

「君と話したこと、あったかな?」

 少女は悲しそうに首を横に振った。

「いいえ、ほとんどありません。
でも、何度も……何度も、お会いしています」

 視線が合う。
美しい目であるが、奥底は暗く、濁っているようにも感じられた。

「私は以前、貴方に助けてもらったのです。
三人の男の人に囲まれ、震える私の手を取って、一緒に逃げてくれましたよね」

 少女はおそるおそるといった感じで、訊いてきた。
覚えているかどうか、不安に思っているのだろう。
幸いなことに、俺の記憶にもその出来事は印象強く残っていた。

928 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:15:10.49 ID:WH2Z4ZVE [4/13]
「ああ、暗くて顔とかはよく分からなかったけど、君だったのか」
「はい……はい。良かった、覚えていてくれて」

 返事を聞くと、少女は安堵したのか心底嬉しそうな様子に変わった。
けれど少し懸念が残っており、それを解消するために訊く。

「何度もというのは?」

「私、あの事件の後、貴方がバイトしているコンビニに何度も行きました。
勿論、声をおかけして、お礼を言おうとも思いました。
でも会う度に、恥ずかしくなり、俯いて何も言えなくなってしまって」

「だから……」
「はい、拉致しました」

 思わず頭を抱える。
少女の思考は短絡的であると同時に、危険であった。
下手をすると、もっと事態が悪化するだろうと思い、溜息を吐く。

 体勢を変えようとして動こうとすると、ジャラリと音が鳴った。
嫌な予感を抱きながら、足の方を見ると、足錠がはめられていた。

929 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:17:14.49 ID:WH2Z4ZVE [5/13]
「これは?」
「足錠です」
「一応、俺って恩人だよね」
「でも正直な話、ここから逃げたいですよね」

 頷くと少女は満足げに胸をはった。
読み通り、といった感じで喜んでいる。

「それじゃあ、ご飯にしましょうか」

 少女は懐から紙を二枚取りだし、俺の前に差し出す。

「雌豚料理とポカポカ料理、どっちがお好みですか?」
「……雌豚?」
「あの店長のことですよ。
貴方に色仕掛けをしているのは、見てて腹立たしかったです」

 冷たい声が辺りに響いた。少女の目は据わっており、寒気を感じる。

「ちなみに今、店長はどこ?」
「此処より深くて暗くて寒いところに、目隠しされて一人ぼっちです」

 ニコニコしながら、少女は言った。
悪びれた様子は見られず、当然のことをしたというような感じである。
俺はポカポカと書かれた紙を取り、少女に手渡した。

930 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:19:18.03 ID:WH2Z4ZVE [6/13]
「じゃあポカポカ料理で。
あと、できれば店長を解放してほしいかな」
「なんでですか?」

 少女の目がギラリと光る。
多少たじろいだが、俺は平静を装って答えた。

「正直、あの人は嫌いだったから死んでもいいんだが。
もし君が殺人を犯すような人間なら、話したくなくなるからだ」
「……」

 少女は無言で俺の目を覗きこむ。
十数秒、舐めるように俺の顔を眺めてから、少女は離れた。

「わかりました、あの女は解放します。
あと、ご飯を持ってきますから、そこから動かないでくださいね」

 踵を返し、少女はこの場から立ち去った。
ドアの開ける音、階段を昇る音が聞こえてきたので、ほっと胸を撫で下ろす。

931 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:21:20.30 ID:WH2Z4ZVE [7/13]
―さて、これからどうしようか。

 目を閉じて、熟考する。

 少女は相当のお嬢様であろう。
大人二人を楽に誘拐できるほどの力を有していることと、
深い地下室を持っていることから、その事実は易々と考えられる。

 問題は、どう対処するかである。
逃げ口は一つしかなく、拘束されているのでほぼ脱獄不可能。
加えて、俺に執着しているため、
お礼とやらをくれるまで此処から出してくれないだろう。

「……面倒だな」

 小さく呟いて目を開くと、
お盆に料理を乗せた少女が、目の前に立っていた。

「ッ!?」
「お待たせしました」

 そう言って、少女は煮えたぎったスープとパンと牛乳を、
そっと俺の前に差し出した。
トマトスープは香ばしい匂いを漂わせており、食欲をそそる。

932 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:23:23.67 ID:WH2Z4ZVE [8/13]
 目覚めてから何も食べていなかったせいか、ひどく腹が減っている。
だが手をつけようとして、ふと、思いとどまった。
何が入っているか分かったもんじゃない。

「シェフが腕によりをかけて作ったスープです。
人の血も毒も入ってないことは、保障します」

 それを聞いても、疑いはまだ晴れない。
なかなか箸を進めない俺を見かねたのか、
少女は悲しそうな顔をして、自らスープとパンを一口づつ食べる。

「お腹が空いては何もできないでしょ。
これでも信用できないなら……交互に食べますか?」

 気恥ずかしげに少女は訊いてきた。
しおらしく自分の身を案じてくれる少女を、男として疑えなかった。

「ごめん、俺って最低だな」

 少女の頭を撫でて、頭を下げる。
少女は泣きそうな顔で、儚い笑顔を浮かべた。

「いいえ、罵りは私が受けるべきものですから。
そんなに優しくしないでください、泣いちゃいますから」

 それきり押し黙り、俺が食べるのをじっと見守っている。

933 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:25:26.03 ID:WH2Z4ZVE [9/13]
 まず、スープに手をつけた。トマトの酸味が口の中で広がる。
味の染み込んだ野菜は、歯ごたえも良くて美味しい。
熱々のために、パンと一緒に食べていくに連れて、
身体が火照ってくるのを感じた。

 最後に、牛乳を一気に飲み干し、ほっと一息ついた。

「おいしかったよ」

 素直に感想を述べると、少女は浮かない顔をして、
「そうですか」と一言呟いた。

「どうした……んだ?」

 不意に、身体に違和感を覚えた。
熱い何かが内部で蠢いているようである。
目が充血してきて、少女を見ていると興奮してくる。

「ごめんさい、騙してごめんさい。罵りは幾らでも受けるから。
でも、これが一番なの……」

 罪悪感を抱いているのか、少女は憂鬱そうな様子であった。

「何を盛った?」
「スッポンの血と特製の媚薬。安心してください、毒は盛っていません」

 少女は服を脱ぎ、一糸纏わぬ姿で近づいてくる。
抗おうにも身体は正直で、一物は大きくなっていた。

934 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:27:27.40 ID:WH2Z4ZVE [10/13]
「ふふふ……大好き。
ずっと、見てたんですよ。貴方を愛しています」

「むぐ!」

 少女に口を塞がれる。
舌と舌が両者の口内で絡み合い、クチャクチャと音を立てる。
数分間、口内を弄んだ後、少女は顔を離した。

「ぷはっ……激しすぎましたね。でも、ファーストキスですよ」

 妖艶な雰囲気を醸し出し、少女は言った。
俺が何も言わないでいると、切なげに言葉を続ける。

「怒ってますよね。でも、身体は正直ですよ」

 一物を優しく撫で、耳元で囁いてくる。
その行為によって、身体がピクリと反応した。
少女はズボンのチャックを開き、一物を取りだしてさする。

「じゃあ、入れますよ。初めてですけど勉強しましたから」
「よせ、まだ間に合う」
「もう遅いですよ。誘拐した時から、始まっていたんです」

 少女は騎乗位になり、腰をゆっくりと降ろす。

「……痛ッ」

 少女の股から赤い雫が一滴流れ出た。
彼女は小さく呻き声を上げるも、トロンとした目でこちらを見ていた。

935 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:29:31.90 ID:WH2Z4ZVE [11/13]
「ふふ、でも、痛いけど嬉しいです。貴方と繋がっています」

 次第に腰を動かすペースが速くなっていく。
初めは少女が動かしていたのだが、
気づくと、自分が本能のままに動いていた。

「ひぐ…駄目です。いえ、やめないでください」

 少女は潤んだ目で俺を見つめていて、それがまた心を刺激した。
媚薬のせいもあってか、限界が近くなってきた。

「どいてくれ、そろそろやばい」
「なんでどく必要があるんですか?」

 少女はくすくすと笑って、ギュっと抱きついてきた。
小ぶりながらも胸が身体にあたり、一物は更に固くなる。

「今日、危険日ですから。責任……取ってくださいね」
「つッ」

 耐えきれず果てて、少女の膣内に出してしまった。
どろりとした白濁液が、股から赤い液と混ざって垂れてきた。

936 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:31:33.57 ID:WH2Z4ZVE [12/13]





 数ヵ月後、少女は妊娠した。
責任を取るために、俺は少女と結婚して、財閥を継ぐことになった。
少女の両親に挨拶へ行った時の、
父親の同情の顔と、母親の満面の笑みは、生涯忘れられないだろう。