※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

936 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:17:30 ID:n0OBkfas
こんばんわ。続きを投稿します。第二章です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

悠二の朝は早い。居候先の親戚の家で目覚めるからだ。
今通ってる高校は県内でも有数の私立校だった。
自宅からは遠かったのと、両親の不仲に嫌気が差したので
母方の姉に当たる叔母の家で生活させてもらっている。

今まで一軒家に住んでいた悠二にとって、マンション生活は
新鮮だった。高級マンションというほどではないが、それなりに
住み心地はいい。親戚の人たちは親しくしてくれるし、
なにより両親の夫婦喧嘩から逃れることが出来たのが大きい。

「悠ちゃん、最近学校の方はどう?」

「特に問題ないよ。もうすぐ学園祭が始まるからその準備で
 少し忙しいけどね。予定はおおむね順調に進んでいるよ」

叔母が用意してくれた朝飯を食べる。
悠ちゃんと呼ばれると、あのバカ女のことが嫌でも
頭に浮かんでしまうのがしゃくだが、口には出さずに食べ続ける。

トースターとハムエッグというごく一般的なメニューだ。
間違っても毒など入ってないから安心して食べられた。
アイリなら何を盛ってくるか分かったもんじゃないのだ。

「志穂(しほ)姉さんはもう行ったの?」

「今日も学校の図書館で勉強ですって」


937 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:18:30 ID:n0OBkfas
「へえ受験生は毎朝大変だね。でも家の学校の生徒って大半が
 推薦で進学するんでしょ?」

「そうだけど、一応小論文対策とかはやっておきたいらしいの。
 朝一で勉強した方が能率が上がるとか言ってたわ」

志穂と呼ばれた人はイトコの姉さんだ。悠二やアイリが高二なのに対し、
その一つ上の学年になる。今年から受験生だから、長年続けてきた
吹奏楽部は夏の終わりと共に引退した。

推薦では国立入試を目指していてるらしく、日々新聞を熟読したり
面接対策をしたり健康管理に気を使って過ごしている。

悠二は別に従姉のことが苦手というわけではなかったが、
受験生特有の緊張感に恐れをなし、あまり関わらないようにしてる。
ようはできるだけ邪魔をしないようにしているのだ。
居候という立場を考えれば当然といえよう。

世帯主は会社でいい地位に着いている人であり、高い年収に
比例して勤務時間も以上に長い。朝は始発で会社に向かい、
帰りは早くて23:30に帰ってくる生活。過酷な残業地獄のため、
休日は疲れきった顔でマッサージ器でくつろいでいるものだから、
傍から見たら気の毒すぎた。

この家で一番楽してるのは、結婚以来専業主婦として過ごしてる
この叔母さんだけだろうと悠二は密かに思っていた。

「それじゃあ行って来るよ」

「忘れ物ないわね? 定期も持った?」

「問題ないよ。それと今日も帰りが遅くなるかもしれないから。
 何かあったら連絡するよ。じゃあ」


938 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:19:42 ID:n0OBkfas
遅くなるとはアイリの自宅への強制連行によるものが大半だが、
たまに本当に学校の用事で残る時もある。便宜上、今の家族には
委員会の仕事だと言い張ってやり過ごしている。

アイリとの淫らな関係がばれたらきっと家を追い出されてしまう。
毎日が綱渡りの生活だった。良く言えば刺激的だが。

ーーーーーーーーーーーー

「おはよーー悠ちゃん!」

校門前で手を振っているのは、
昨日一緒にみだらな行為をした女だった。

(なんでアイリが校門の前で立ってるんだ。リムジン通学のくせに。
 玄関横付けでとっとと教室に入ればいいだろうが)

朝登校すれば必ず校門の前で待機しているのが日課になってる。
互いに家が逆方向なので少しでも一緒に登校したいという
乙女心なのだろうと悠二は推測する。

(くっ…誰にも見られてないだろうな?)

悠二は強烈な羞恥心に襲われていた。
異性と登校するのは傍から見ればうらやましいかも
しれないが、当人にとってはかなり恥ずかしいのだ。
僕ら付き合ってマースみたいなアピールしてるみたいで
むずかゆくなってくる。

幸い、朝早い時間だ(悠二が早起きしてる理由はここにある)
登校してる生徒はちらほら見える程度。悠二は公衆の面前で
大声で自分の名前を呼ぶのをやめてほしい、という思いを
彼女に伝えるためにはどうすればいいかと考えた。


939 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:20:49 ID:n0OBkfas
そして自然に下半身を露出しながらこう言った。

「おはようアイリ。あのさ……さすがに朝っぱらから一緒に
 登校するのは恥ずかしいかなって……思うんだけど……」

アイリは顔に冷水を浴びたように見る見る青ざめていった。

「うん。確かに悠ちゃんと一緒に登校するのは恥ずかしいかもね。
 いろんな意味で」

絶対零度といえる視線が、愛しい彼を捉えてる。

「……ごめん。どこで笑えばいいのか分からないよ。
 お願いだから私が切れる前にその粗末なモノしまって」

「実はこれ下半身クールビズなんです!! なーんて……」

「はいはい。おもしろいおもしろい。じゃあ死のうか?」

アイリの愛のあるアッパーカットが炸裂した。
それに要した時間はわずか二秒。軽やかなステップで
距離を縮めると同時に踏み込みを開始し、脳震盪(のうしんとう)
を引き起こすのに十分な力を持って彼の顎に拳を叩き込んだ。

あまりにも鮮やかな攻撃。

その一連の動作を見たものは、まるでフルオケの演奏を
聞き終えた後のような高揚感を得ることが出来るという。

悠二の身体は緩やかな回転を描きながら
吹き飛んで(下半身を露出したまま)気絶したのだった。


940 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:21:33 ID:n0OBkfas
ーーーーーーーーーー

保健室のベッドで目を覚ました悠二が最初に思ったことは、
顎と背中に鈍い痛みがあることだった。自身の身に何が起きた
のかは記憶にない。思い出そうとするとアイリの怒った顔が脳裏に
浮かんだので考えるのをやめたのだ。

「あっ、起きたんだね悠ちゃん」

「うむ。俺はどのくらい寝てた?」

むくっと上半身だけ起こし、アイリに問いかけた悠二。

「まだ朝の始業の前だよ。どうして悠ちゃんがここにいるのか
 気にしなくていいからね。遅刻する前に早く教室行こ?」

「おう」

アイリに手を引かれ、教室へ向かう。



 ざわざわ  ざわざわ 


教室にはほとんどのクラスメイトが揃って適度にざわついていた。
いつもと変わらぬ日常がそこにある。男女共にいつくかの
グループを形成し、その集団ごとに他愛もない会話をしてる。

話題も実に下らぬモノばかり。流行の芸能人やらアイドルの話やら、
インターネットで仕入れた怪しげな情報から恋愛の話など。


941 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:22:36 ID:n0OBkfas
その中でオタクっぽいグループがあるのだが、悠二はそいつらと
仲がよかった。オタクグループといっても外見がいかにも
オタクですという風ではなく、みんな最低限の身なりは整えている。

悠二は彼らの影響で深夜アニメとやらを見せてもらって以来、
実は密かにはまっていた。特に流行の魔法少女モノが大好物なのだが、
アイリや家族には秘密にしている。いくら三次元で性が
満たされていると言っても、二次元には特有の魅力があるのだ。
たとえ将来妻ができたとしてもやめるつもりはない。

アイリは女子のグループに溶け込んでいた。
いわゆる一番可愛い女子が集まるグループで、
スクールカーストの上位に位置する集団である。
(アイリの容姿はその中でも別格)

アイリに言わせれば表面上の付き合いであり、
空気のような関係と思ってるそうだが、
それはほとんどの生徒にとってそうだ。

学校での人間関係なんてそんなものだ。
本当の意味での親友など見つけられる人は
よほどめぐり合わせのいい人だけだろう。


「今日の一時間目はロングホームルームだ。三週間後に控えた
 文化祭にそなえて、演劇に出演する役者を決めてもらう。
 文化祭実行委員の二人は前に出てくれ」

担任教師の指示に従い、委員の悠二と榊原葵
(さかきばらあおい)が黒板の前に立つ。

演劇にするのは前回の投票で決まっていた。
あとは誰をどの位置に配置するかだ。


942 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:23:50 ID:n0OBkfas
「じゃ、俺が皆に聞いてくから榊原さんは書記を頼むよ」

「はい……」

彼女とは放課後残って仕事をすることが何度かあったので、
ついでと思いアドレスも交換しておいた。

榊原の家もそれなりの家系らしく、はい……とかいう
口調はいかにもお嬢様らしい。大人しい女子グループに属し、
なぜか同級生にも敬語を使う。

実はそれなりに気になる存在になっていたのだが、
アイリの前では下手な素振りは見せられない。

現にアイリが物凄い形相で二人の様子を凝視してるのだ。
女の嫉妬とは恐ろしい。

「まずは主演から決めていく!!
 誰か商人の男役がやりたい男子はいるか!!」

声を張り上げ、挙手を求める悠二。
しかし誰も手を上げない。
あたりまえだ。こんなめんどくさい役、誰がやりたいというのか。

なにせ演劇自体が中世の恋愛を描いた者だ。
商人の男と売春宿で働いている娘が恋に陥るという
ハレンチ極まる内容だ。脚本自体はオリジナルだが
結構ディープな描写が多く、当日は観客が驚くこと間違いなしだ。

「積極性のある奴は誰もいないのか……?」

ため息を吐きそうになる悠二。
途中でヒロインと口論末、お腹を
指されそうになる男の役は誰も望んでいないらしい。


943 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:25:30 ID:n0OBkfas
ため息を吐きそうになる悠二。
途中でヒロインと口論末、お腹を
指されそうになる男の役は誰も望んでいないらしい。

「脇役から選んでくのはどうでしょう?」

と言う榊原氏の意思を尊重し、通行人Aやら木の役などを
選ぶことになった。しかし問題なのは、クラスメイトほぼ全員が
脇役を望んでおり、脇役の投票率が限りなく100パーセントに
近かったことだ。

これではらちが明かないと判断したのは担任だった。
今まで隅のイスに座って傍観していた彼は、

「こうなったらくじ引きにしよう!!
 それなら文句ないだろ!?」

と言って速攻で四十人分のクジを作ってしまった。
(といっても実行委員の二人のみ免除なので実際は三十八)

悠二が壇上にクジの入った箱を置き、順番に生徒が引きに来る。
アイリが引きに来た時、「その女とイチャイチャしたら
殺すよ?」と耳元でいわれたので背筋がひんやりしてしまった。

主演の息子役と売春婦役にはクラスで特に容姿の優れた男女が
選ばれた。ようはイケメンと美少女だ。その他の人々は
裏方スタッフ(照明係から音響係)を含め、
全てその時間内に決定された。恐るべき早業である。

「んしょっと…」

決まった人の名前を黒板に書いていく榊原さん。
黒板消しを使ってる最中に体勢を崩してしまい、


944 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:26:30 ID:n0OBkfas
「……あっ?」

後ろ向きに倒れようとする。

「おっと…。大丈夫?」

よく反応した悠二が彼女の身体を支える。
後ろから肩を抱くようなせつない体勢だ。

ショートでボリュームのある髪が間近に見えて
不覚にもドキドキしてしまった。しかも悠二は
気付かないフリをしていたが、実は彼女の左胸を
触っていた(わざとではない)

「ご、ごめんなさい早見君……」

「べ、別にいいんだよ、気にするな」

ちなみに、早見(はやみ)というのは主人公の苗字だ。
アイリの苗字は橘(たちばな)という。漢字で橘愛梨。

 「ひゅーひゅー」 「付き合っちまえよおめえら」
 
草食動物のような顔をした生徒達たちから
野次が飛んでくるが、悠二の心配は他にある。

「……っ!!!!!!」 ギリギリ……

さっきから凄まじい勢いで睨んでくる猛獣こと愛梨お嬢様である。
普段から、あれ?なんかすげー視線感じてんなーと思ったら、
アイリに睨まれてる可能性大なのだった。視線をビームに例えるなら
米軍で実験中のレールガンに匹敵するかもしれない。

恐ろしさのあまり手足が心地いいリズムを刻みそうになるが、
表面上は冷静を装う。しかし冷や汗は止まらない。


945 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:28:00 ID:n0OBkfas
「まあ、すごい汗をかいてますよ。具合でも悪いのですか?」

心優しき榊原嬢は、そんな彼を気遣ってハンカチで
顔の汗を拭いてくれる。ここは教室の壇上であるというのに
大胆すぎである。それに周りの野次を全く気にしていないあたり、
スルースキルは無駄に高い。

アイリの視線はさらに鋭くなり、もはや人を睨み頃さん勢いに
なってるのにも気付いてないようだった。

(ふむ。どうやら俺か榊原さんが殺されるっぽい展開だね。
 つかなんでアイリの視線に気づいてないの榊原さん?
 君、これから殺されるかもしれないんだよ? 
 自殺願望でもあるの? バカなの死ぬの?)


そんな心配をよそに長かったロングホームルームは
終わり、ついに裁判のときが訪れる。


「榊原さん、ちょっといいかしら? 話があるんだけど?」

「え? なんでしょう、大切な話ですか?」

「いいから来なさい!!」

無邪気な榊原さんを魔界へいざなおうとするアイリ。

ただならぬ気配を感じた女子達は遠巻きにして
様子を見守っている。近くの席にいた男子達も
何事かと野次馬根性でアイリたちを見ていた。


946 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:29:04 ID:n0OBkfas
悠二はあわわ~、女同士の争いは怖いなぁ
とか言いながら慌てていたが、
何も出来ず、榊原は屋上へと連行されてしまった。

悠二もその後を追う。



「どうして私と悠二の邪魔をするのかなぁ?
 私たちの仲を知らないわけじゃないんでしょ?」

「ムグmグ……」

「ほらほら、どうしたのぉ? 言いたいことあるなら
 何か言ってみれば? もっともその格好じゃ何も
 しゃべれないでしょうけど…」

ドS口調なのがアイリ。ムグmグしてるのが榊原さん。
なぜか簀巻き(すまき)にされて口にガムテープを張られてる。
確かにこの状態では一言も話せないし、自由に動くことすら
かなわないであろう。簀巻き用の布団と縄はどこから
持ってきたのか不明だが。


悠二は屋上へと続く扉をこっそりと開け、
中の様子を見守っていた(助けに行くつもりはたぶんない)

屋上は予想通りカオス空間と化していた。
悠二は一部始終をじっと見守っていた。
アイリの奴は榊原さんに情け容赦のない腹パンを
食らわし、弱った所を簀巻きにして現在に至るのである。

話し合いなどもってのほか、アイリの恋敵にはもれなく
腹パンとう名の制裁を加えることをポリシーとする悪魔だった。


947 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:30:12 ID:n0OBkfas
「悠二は私の婚約者なの。よろしいかしら?
 あんたみたいな下劣な雌豚には不釣合いだと思わない?」

「ふごふご…」

アイリはゲシゲシと蹴りを食らわして榊原さんを苦しめてる。

(なんて惨状だよ。さっきまで元気そうにしてた榊原さんが
 今じゃ簀巻き状態でアイリに足蹴にされてるなんて……。
 なんだ……? 俺の中に新たな感情が宿り始めて…?)

悠二は下半身だけクールビスしたくなったが、
ギリギリのところで思いとどまる。

(榊原さんは運が悪かった。ただそれだけの話さ。支配者階級の
 橘愛梨には勝てるわけないんだ。最初から俺と関わらなければ
 こんなことにはならかった。ん? そう考えると俺が悪いのか?
 榊原さんとメアドを交換したのは俺。じゃあなんだ? 俺のせい?
 俺が彼女とイチャイチャしたいと思ったのはたぶん事実。
 なら俺が間接的に榊原さんをいじめてることになるじゃないか……)

考えすぎると罪悪感という波に飲み込まれそうになる。
今はこの事態を収拾すのが先決。

いきり立った勇者が屋上に突撃した。

「アイリ!!」

「あっ悠ちゃん。どうしたの急に?」

アイリは榊原のパンツを脱がそうとしてるところだった。
榊原は嫌そうに暴れてるが、布団には縄がきつく巻かれている。
柔らかい太ももからゆっくりとショーツが脱がされていく所を
目撃し、悠二は一瞬だけ固まるが気を取り直す。


948 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:31:09 ID:n0OBkfas
「俺は馬鹿だったよ。アイリをこんなにも不安にさせちまった。
 本当はアイリのことが大好きなのに。天邪鬼な性格のせいで
 その気持ちをはっきり伝えなかった。……はは。大バカさ。
 許してくれとは言わない。
 でも、せめて抱きしめるくらいのことはさせてくれ」

「何言ってるの。もう嘘には騙されないんだから……」

「これでも嘘に見えるか?」

力強い男の腕に抱かれ、先ほどまでの魔性が失われていくアイリ。
握っていた榊原のパンツを落としてしまった。瞳からは
大粒の涙が零れ落ちる。哀しみではなく、悦びの感情から来る
暖かい涙だった。

「それじゃ仲直りのキスしようか? アイリ?」

「うん……!!」

昨日交わったばかりだというのに、エサを与えられた
雌犬のように尻尾を振るアイリ。それだけ彼の存在が
大切なのだ。彼以外には何も要らない。逆に言えば
彼のいない世界など、生きる意味がない。

「んんん~~~」

必死で彼の唾液を舐め取るアイリ。
ネチョネチョしたやらしい音がなんとも卑猥だ。
そんなに身長差はないのでスマートに唇が重なる。

余談だが、アイリが163センチで悠二が168(メイドは154)


949 :『いかにして彼らは鬼畜へと変貌したのか』:2011/10/07(金) 20:31:42 ID:n0OBkfas
「もういいか? 次の授業に遅れちまう」

「だめぇもう少しだけぇ……」

上目遣いでおねだりするアイリは美しかった。
年を越えた妖艶さすら感じるその色気に、
二人ははさらに情熱的に絡み合うのだった。

一応ここには榊原氏(ノーパン)もいるのだが、
気にした様子はないどころか、
二人は簀巻きの存在などもう忘れていた。

「大好きぃ~~~!!」

「ずっと一緒だぞアイリ……!!」

アイリが満足するまでキスという名の
唾液の交換を続け、結局次の授業には
遅刻してしまうのだった。