※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

178 名前:依存型ヤンデレの恐怖 ◆a5x/bmmruE[sage] 投稿日:2011/10/26(水) 23:55:50 ID:bE1u59/c [2/4]
非日常のドアは、常に開かれている。
現在、家のリビングでキサラギが泣きながらメシを食っている。

「お、おいしいです……」

などと抜かしているが、キサラギが食っているメシは、本当は俺のもので、キサラギのために作ったものではない。


朝、玄関を開けるとそこでキサラギが泣いていた。

全身を嗚咽に震わせ、力の限り泣いていた。
ご近所の目が痛かった。
キサラギがここにいるのはそういう理由からであって、特にメシを食わせたかったわけではない。


さて、俺はいつ、キサラギの変態ボタンを押してしまったのだろう。

キサラギに出会ったのは、丁度一年程前のことだ。
受験を控えたキサラギは、駅前の本屋で万引きをやらかして捕まっていた。
めっちゃ目が泳いでいた。
受験前の大事な時期だ。報告が学校に行けばどうなるだろう。推して知るべし。
まあ、今後のキサラギの人生の値段はこの時決まったようなものだ。
税込みで530円位だろう。それっぽっちでキサラギは人生棒に振るかもしれない。
人類皆に等しく厳しく冷たい俺だが、さすがにそれは酷かろうと思った。
それで本屋のオヤジの注意を引く。
キサラギ逃亡。
変態誕生の流れだ。

キサラギの前でふてくされているもう一人の変態であるが、キサラギの存在が非常に気に入らないようだ。
それはそうだろう。あまり数が多くては、変態の稀少価値がなくなってしまう。
未夢は眦を吊り上げ、これ以上ないくらいの憎悪を込めてキサラギを睨み付けている。

変態対変態。その対戦には寒気が走りこそすれ、特に興味は湧かない。

「それでキサラギ、お前はなんで泣いていたんだ?」


キサラギは大きく鼻を啜って、箸の動きを止めた。
鼻水と涙でグシャグシャになった顔が痛々しい。それでも食うんだから大した根性だ。

「ぅべっ、リューヤ先輩…捨てられる…げへっ…思って…」


口の中のものをなんとかしろ。


「俺はキサラギと付き合っていない。その表現はおかしいぞ」
「ぅべっ…」

キサラギがご飯を吐き出して泣き始めた。なんと汚い。
さて、どうしたもんか。一人でも手を焼く変態が二人に増えてはたまらん。

「リスカ女だけ…じゅるい、です…」
「知らん!そんなこと!」


できることなら、二人とも消えてもらいたい。

「ウチもぉ…リスカしたら…飼ってくれますかぁ…?」
「飼わん」
「ぅべっ…!」

いかん。

179 名前:依存型ヤンデレの恐怖 ◆a5x/bmmruE[sage] 投稿日:2011/10/26(水) 23:57:48 ID:bE1u59/c [3/4]
キサラギのヤツ、とうとう嘔吐した。
俺は慌ててキサラギを横にする。
その後は吐瀉物の処理に取りかかる。


泣きながら食うからだ!変態のすることは本当に迷惑だ!


「ぐずっ、リューヤ先輩…やっぱり、優しい、です…」


ふざけるな。
俺の家だ。そのままにしておけないだろうが。

「ごぇっ!」

未夢のヤツが連れゲロした!


もうやだぁ…


「ごぇんなしゃあい…」
「ぅべっ…」

未夢の嘔吐を見て更に戻すキサラギ。
辺り一面はもう地獄絵図だ。


もう殺せよ……。


事態を収拾し、やや酸っぱい匂いの漂うリビングで、俺は深い溜め息をついた。
「キサラギ、落ち着いたら帰れよ」
「…イヤです。ウチも…そのつもりで来ましたから…」
「そのつもり?何のことだ?」
「…ウチも、飼ってくれますかぁ…?」
まだ言うか。

「…別に未夢は飼ってるわけじゃない」
「なんで、そんな嘘つくんですかぁ…ウチも…先輩の服着たい…雨の日…」


あれか。
雨の日に未夢が欲求不満から顔を赤くしてたあれか。
つまり、キサラギの変態的言動はジェラシーによるものか。
待て。何故それが飼うという言葉に繋がる。
やはりこいつは…

「変態」
「はい…」
「変態!」
「はい…」

こいつ、本物だ…どうしよう…。
キサラギのサイドテールの髪の毛が、再び湧き出した嗚咽で揺れている。
俺はキサラギの髪を拭ってやる。

「リューヤ先輩…優しい…好き…」

それが大きなミステイク。ゲロが付いていただけなのに。
しかし、どうする?未夢ですら持て余す俺がキサラギをどうにかできると思えない。
キサラギは遊びでない空手をやっている。段位は知らないが、いくつかの大会でトロフィーを貰っている。
十分、俺を殺せる。

OK!新しい変態の誕生だ!!


「わかった…」

自分のものとは思えないような嗄れた声が出た。

「本当ですか!?ウチ、ウチ……!」

大丈夫か、俺?大変なこと言ったぜ?

キサラギの目に、じわっと歓喜の涙が盛り上がる。

「これで…ウチもようやく…」

ようやく、なんだろう。分かりたくない。

「先輩の…ペットに…」
「……」

うっとりとするキサラギ。
疲れた…。
もう、百年も千年も眠りたい。

最後に…おめでとう、キサラギ。
新しい変態…。