※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

183 名前:依存型ヤンデレの恐怖 ◆a5x/bmmruE[sage] 投稿日:2011/10/27(木) 00:08:28 ID:/Z6GsdR2 [2/5]

良くも悪くも家の食卓は賑わうようになった。

そう思う…。

未夢とキサラギの放つ殺伐とした空気の中、食事は淡々と進んだ。

「はい!」

不意にキサラギが挙手する。嫌な予感しかしないが無視する訳にもいかんだろう。
「何だ、言ってみろ」
「はい!ウチ、これからはリューヤ先輩のペットですから、好きな時に先輩の服着たり、匂い嗅いだりしてもいいんですよね?」
「変態」
「あうっ」

涙目のキサラギ。ショックを受けるうちは更生の余地はあるのかもしれない。

一方の未夢は燃えるような目でキサラギを睨み付けている。
こいつらの修羅場は既に確定事項だ。何らかの手を早急に打たねばならない。

「未夢…」

未夢の頭を撫でる。

「あっ…」

驚いている。
そして次第に表情が溶けていく。
こいつのアホ差加減は危険だ。
しっかり手綱を握っておかないと、キサラギにやっつけられてしまう。
こんなヤツでも預かってるからな、怪我はさせられん。


「先輩…なんで?」
「変態」

とりあえずキサラギにはこれで充分だ。
未夢の顔に余裕が戻って来る。
しかし…悪そうな顔で笑うようになった。
以前の天然ロリータフェイスが懐かしい。

「キサラギ、お前は何もしないうちからご褒美を要求するのか?」

俺も悪どくなった。いくら変態の手綱を握るためとはいえ、こんな思ってもないことを。

「ご褒美、ですか…?」

ゴクリと息を飲むキサラギ。

「ああ…」
「そ、それはどうしたら…貰えるんですか…」
「俺の家ではな…約束が多いヤツほどエラいんだ」
「約束…?」

未夢が、コホンと咳払いする。

「よし、未夢、言ってみろ」

真剣な面もちで頷く未夢。もう馬鹿の固まりにしか見えない。

「未夢とリューヤのお約束!」


「一つ!リューヤのパンツは履かない!」
「はうっ!」

キサラギ…何故驚く。

「一つ! リューヤの家では、オ、オナニー禁止っ!」

流石の未夢もオナニーと叫ぶのは抵抗があるようだ。少し噛んだ。

「ああっ…」

絶望するキサラギ。こいつはやっぱり変態だ。

「一つ!リューヤの家では…へっ、変態禁止っ!うわーん!」

未夢…泣くほど変態禁止は辛かったのか。
……いい気味だ。

「……」

そして呆然とするキサラギ。最早言葉もないようだ。

「そ、そんなぁ…ウチ…何にもできないじゃないですかぁ…」

知るか!
何考えてたんだ!

184 名前:依存型ヤンデレの恐怖 ◆a5x/bmmruE[sage] 投稿日:2011/10/27(木) 00:10:18 ID:/Z6GsdR2 [3/5]
…そして俺はキサラギに提案する。

「お前も、俺との間に誓いを結ぶか?」
「誓い…ですか?」

キサラギはあまり、ピンと来ないようだ。まあ、無理もない。

そこで言ってやる。変態にとって魅力的な条件を。

「…頭ナデナデが付いてくる」

「!」

キサラギは一瞬目を見開いたが、不満げに視線を逸らした。

「そ、それだけですか?」

揺れてる。揺れてる。

「まさかな…前抱っこでの背中ぽんぽんが付いてくる」

「ま、前抱っこ!…有り得ない!」

駄目を押してやる。

「ちなみに未夢は、第三段階のお腹すりすりまではゲットしている」

「なっ!?」

目を潤ませ、未夢を睨むキサラギ。

「ウチ…何でもしますから!」

ブラボー。
これで、キサラギにとりあえずの鎖をつけることが出来た。
しかし…涙目になるほどいい条件か?

「それで先輩、ウチの呼び方なんですけど、ウチの名前はキサラギ―――」
「お前はキサラギだ。それ以上でも以下でもない」

遮って言う。
キサラギは、キサラギだ。俺の後輩だ。
こいつは変態だが、それでもやっぱり人間だ。
俺のためにも、いつかは更生させてやる。

「そ、それで、何約束…したらいいんですかぁ…?」

掠れた声を出すキサラギ。その目が情欲に曇っている。少し煽り過ぎた。

「未夢に対する暴力禁止」

悪いがマジ約束してもらう。

「……」

おー、おー、目つきが変わったな。それが本性か。

「リューヤ先輩の言う事でも、いや、リューヤ先輩だからこそ、それを聞くわけにいかない」

来た。マジ答え。口調もはっきりしてる。だから俺は嫌だったんだ。

「リューヤぁ…お風呂ぉ…」

未夢の馬鹿がこの状況下で爆弾を投下する。

「……」

おー、キサラギすげぇ、ナイフみたいな目だ。

俺はキサラギのことをほとんど知らない。ただの変態ならいいが、キサラギはそうでない。
危険な変態だ。
俺は未夢で変態慣れしている。
その直感が、告げるのだ。この変態は危険であると。

「飲めないならいい。お前は、この場でリリースする」

本当はそれが一番いい。危険な変態を野に放つことになるがそれはそれだ。身近な変態は一人で充分だ。

「そ、そんなぁ…ウチ…ウチ…せっかく…」

しどろもどろになるキサラギ。どんだけ未夢を害したいんだ。

185 名前:依存型ヤンデレの恐怖 ◆a5x/bmmruE[sage] 投稿日:2011/10/27(木) 00:10:56 ID:/Z6GsdR2 [4/5]
「時間切れだ。キサラギ、帰れ」
「うあっ…」

キサラギの目に、じわっと涙が浮かぶ。
危険な変態に考える暇などやらない。ここまでのやり取りでこいつの危険性はある程度掴んだ。後はもうそれを離さん。
いや、離れていくのが一番いい!

「わかった!わかりましたからぁ…!」
「よし!では帰れ!」
「なっ!なんでですかぁ!ウチ、約束できます!」

「馬鹿っ、もう夜だ。そういう意味だ」
「ああ…」

安堵したのか胸をなで下ろすキサラギ。

「ウチは大丈夫です。もう先輩のペットですから」

帰らんという事か。どんだけ俺に飼われたいんだ。
この変態のせいで、今日は学校にも行けなかったというのに。

「それに、ウチ一人暮らしですし」
「……」


だが意表を突かれたな。こいつを知るのも今後の課題という事か。