※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

393 名前:ツイノソラ ◆wERQ.Uf7ik[sage] 投稿日:2012/05/01(火) 18:39:44 ID:Bbf8rtn. [6/10]
そして、夜が来る。
僕とケイは、古びた平屋の、今はもう誰も住まなくなったそこに一夜の宿を求める。

夜は……『レイス』の世界だ。
第二世代の僕には危険過ぎる。


レイス――大戦中、空が光ってから、いつからか夜の世界を跋扈するようになった、かつては人間だったものの変異体。
日光の下では生きられず、そのため日中は、光を避けた暗がりに潜んでいる。

レイスは食欲だけで生きている。僕の両親もレイスにやられた。
生きたまま、がりごりと喰われた様は、一生忘れることはないだろう。


僕とケイの二人は、廃屋でささやかな食事を済ます。

「ケイ、その緑色の虫は鍋に入れない方がいいね」
「んあっ、わかった」

日が落ち、流石のケイもピリピリと緊張している。
せわしなく周囲を見回し、手元に近づけた鉄パイプを握ったり、手放したりと落ち着きがない。

「大丈夫だよ、ケイ。外にはトラップを仕掛けておいたからね。レイスが来れば、すぐ分かる」
「うん」

頷いたケイは真剣そのものの表情だった。
きっと、自分でなく、僕のことが心配なのだろうけど余計な心配だ。

僕は手持ちのリュックから組み立て式のボウガンを取り出し、早速組み立て始める。

「ケイ、もしレイス共がやって来たら?」
「…ぶっ叩いて、脳みそ撒き散らす!」

僕は、やれやれと肩をすくめる。
まったく、この脳筋は……
鉄パイプを握りしめ、鼻息を荒くするケイにいう。

「ハズレ。ケイ、またはぐれても知らないよ?」
「あうっ!」

ケイは第一世代だ。しかも、腕力に限っていえば、飛びきり強力な第一世代だ。
あのレイス共も五体くらいまでなら、素手で応戦できる。

鉄パイプを持ったケイの強さは……推して知るべし。

「……もし、僕がレイスに咬まれたり、ひっかかれた時は?」
「それは……それは……」

ケイはオロオロとして、しきりに唇を舐め回す。

「その時は、僕の脳みそを撒き散らす。分かるね」
「……」

レイスの体液には『レイス症状』を伝染させる『何か』がある。
感染すると、個人差はあるが、一時間ほどでレイスになる。
狂暴化し、喰うことしか考えられなくなる。
この国に僅かに残る『自衛軍』の調べでは、レイスの頭の中に『何か』いるらしい。

僕の旅の目的はこの『自衛軍』と合流することだ。

394 名前:ツイノソラ ◆wERQ.Uf7ik[sage] 投稿日:2012/05/01(火) 18:41:02 ID:Bbf8rtn. [7/10]
『自衛軍』の本拠地は、ホッカイドウの何処かだ。
僕は、そこで『自衛軍』に志願するつもりでいる。


二時間交代で僕から先に眠る。

眠りに落ちる瞬間、泣きそうな表情で僕を見つめ続けるケイの潤んだ瞳が、酷く印象的だった。


……
………
…………

突然響き渡った激しい衝撃音に、僕は飛び起きた。

目の前では、腰に貧相な布切れを巻き付けただけの女のレイスが二体、鉄パイプを構えたケイと対峙している。

レイスたちは歯を剥き出して、飢えにぎらつく眼でケイを睨み付けている。

一方のケイは、わからない。僕を庇うようにして、こちらに背を向けている。

外には糸を張り巡らして、誰かやって来た時は鈴の音が鳴るようにしてある。

……ケイめ、ここまでレイスを近づけるとは、さては居眠りしたな!?

考えながら、手元のボウガンに手を伸ばす。

――と同時に、ケイが吼えた。

「ウウウウウ! ガアアアアッ! このメスブタどもっ! そんな格好で何しに来たっ!」

僕は、この剣呑な雰囲気の中、ずっこけそうになった。

確かに、レイスの女二人はおっぱい剥き出しのエロい格好をしている。
けど、問題はそこじゃない。……そこじゃないよね?

「喰らってぶっ飛べ! この腐れビッチがっ!!」

第一世代のケイが、加減なく鉄パイプを振るう。

目にも留まらぬスピードで振るわれたそれは、レイスの女二人の頭を潰れたトマトよろしく吹き飛ばした。

ごちゃあっ、と肉を叩く音がして、放射線状に血飛沫が飛ぶ。

狂奮冷めやらぬケイが喚き散らす。

「カナメは、ケイと一緒にピリオドの向こうまで行くんだっ! 行くんだっ!」

行かない。行きたくない。
ケイは何処でそんな言葉を覚えたのだろう。

そんなことより、部屋中レイスの血液で汚れてしまった。
レイスの血液はとても危険だ。
僕は、ピリオドの向こうがどうとか喚き続けるケイの手を引いて、その場を後にした。

「あのビッチども! カナメとファックするつもりだったんだっ!」

……いつものことだ。今更、何も思わない。
ケイの馬鹿は、取り返しのつかないところまで進行している。

「くそっ! くそっ! カナメは、ケイのだよなっ!? ケイのだよなっ!?」
「はいはい」

僕はボウガンを構えたまま警戒しつつ、路上に乗り捨てられた古いバンにケイを押し込め、自分も乗り込む。

395 名前:ツイノソラ ◆wERQ.Uf7ik[sage] 投稿日:2012/05/01(火) 18:42:12 ID:Bbf8rtn. [8/10]
僕は後部シートにケイを押し倒し、激しくキスをする。

「あうっ! カナメっ!」

ケイには困った癖がある。
興奮し過ぎてしまうと、なかなか落ち着かないのだ。
鎮静化させるためには性的刺激を与えるのが一番早く、確実だ。

「カナメっ! カナメっ!」

喘ぐケイの首筋をなめ上げながら、耳元でそっと呟く。

「ケイ、落ち着いて……僕は逃げないから……」

なるべく平静を保ち、落ち着いた調子で言う。
このままケイを興奮させたままにしておけば、レイスを呼び寄せることは間違いない。

「カナメぇ…」

ケイが上げる切ない声を聞きながら、バンの窓越しに周囲を見まわす。

レイスのいないことを確認してから、ケイの大きな胸を揉み、下着の中に指を這わせ、ぐちゃぐちゃになったそこを掻き回してやる。

「はぁぅぅ…」

濃くなった女の匂いが車中に漂う。

僕は、舌を絡め、じっくりと煮溶かすようなキスで、ケイを追い詰める。

「カナメぇ……欲しいよぅ……」

返事代わりに、唇を吸い上げながら、肥大したクリトリスを捻り上げてやる。

合わせた唇の間から、くぐもった声が漏れ、ケイが絶頂の合図を出す。
むわっと牝の匂いが濃くなり、手のひらがケイの分泌液に塗れた。

「声出したら、やめるから……」

残酷に言い放ち、再びケイを追い詰める。
挿入はしない。
僕は第二世代だ。本能的な欲求をコントロールできない第一世代とは違う。性欲は理性でコントロール可能だ。

ケイは真っ赤になった顔で唇を噛み締め、呻きすら漏らさぬように耐えている。

興奮を抑えるための刺激は充分に足りている。それでもケイを快楽漬けにする理由は、ただの憂さ晴らしだ。

こんな厄介な馬鹿は、僕には必要ない。

「イケよ……ほらっ!」

アナルにも指を突っ込んで、激しく蹂躙してやると、ケイは返事代わりに、陰部から飛沫を吐き出した。

結局、僕がケイに挿入したのは朝日が射し始めた頃だ。
白目を剥き、飽和状態で快楽を受け入れるだけの人形だったが、それでも挿入の快感は並ならぬものがあったようだ。

「ぎひぃぃ…!」

短く呻き、絶頂する。同時に、思いっきり尻をひっぱたいてやる。
最後の締めだ。

ちょっとした悪戯心。
……マゾ豚に躾れば面白い。

396 名前:ツイノソラ ◆wERQ.Uf7ik[sage] 投稿日:2012/05/01(火) 18:42:53 ID:Bbf8rtn. [9/10]

「カナメぇっ……好きぃぃ……」

ケイは、その喘ぎを最後に激しくアクメを迎え、失神した。

僕は行く。
この終焉の世界を。
僕は行く。
この終の空(ツイノソラ)の下、精一杯生きるために。