※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

99 名前:koyomi[] 投稿日:2012/11/11(日) 13:50:45 ID:OkMXAtX2 [2/4]
ふと目を覚ますと、そこにはいつもの見慣れている天井ではなく、
そこには俺の幼馴染の顔があった。

「ねぇ、何でか分かるよね?」
「さぁ、さっぱりわからないのだが、どうして俺はここにいる。
そして、早く手錠を鍵をくれ。」
「嫌よ。返したら、拷問の意味が無いじゃない。」
「だから、俺が何をした。」
「それも分からないの聡?」
ちなみに俺の名前は、斉藤さとし。漢字で書くと聡。この字になる。
そして、今絶賛俺を監禁している彼女は、原田七海という。
身長は、自称168と言うが実際には160にも満たないと思う。
からだつきは、中学生と間違われることもある。もう高校2年生なのに。
いわれても仕方が無い、プロポーション。悪く言えば貧乳。
そして俺は昨日のことを振り返ることにした。

昨日は、確か朝起きたら………



「ちょいと待て、おまえは何で普通の起こし方ができないんだ。」
「普通でしょ。恋人ならば。」
「俺は、お前を恋人にした記憶もないし、恋人でもキスして目覚めるわけ無いだろ」
と言うくだらない会話からはじまって、

「ねぇ。一緒に学校いこうよ。お願い。」
「嫌だ。断る。俺は先に行くからな。と言うか早く制服に着替えてから学校こいよ」
「けち」
と言って俺は学校に言って

「もうその時点で私の心は壊れてんだよ。」
と言う今の発言は聞かなかったことして、さっさと開放してもらえるように、俺はがんばって思い出していた。

たしか、学校について、

「ねぇ、聡君。今日の放課後あいてるかな?」
と俺の席の隣の島田美月はこう切り出してきた。
このお方は、七海と違って、身長もあり、無いプロポーション。しかも髪型はいつもポニテ。
この方にこんなことを聞かれてたら、もうこう答えるしかないでしょう。
「ああ。あいているけども、何かようかい?美月さん」

100 名前:koyomi[] 投稿日:2012/11/11(日) 14:18:10 ID:OkMXAtX2 [3/4]
「よかった暇で、あのさ、新しい服ほしいからさ、荷物もちとかさ
あと服が似合ってるか見てもらいたいんだけどいいかな?」
そんな事、いいですよ。と言ってみる。
「本当にありがとう」
と言って、最高の笑顔を見せた。やばい超かわいい。

「ちょっと、そんな事したの。聡。そんな事。この七海様を差し置いて、この野郎。」
この発言も当然無視。しかしこのことではないとどうしたもんか。
まぁ買い物はとても楽しくやりました。服だけではなく下着まで買っていたからびっくりしたけど。
ものすごく目の保養になりました。

「ちょっと、お昼のときよ聡。」

お昼は確か………

俺はお弁当をいつも作っている。理由は二つある。
ひとつは、お弁当を持ってないと、七海が、お弁当を差し出してくる。
これはとてもいい事だと思う。しかし、奴はなんと、お弁当のおかずに、自分の体液を入れるということをしているのだ。
俺はもうトラウマになり、お弁当をみせて、あるよアピールをしている。
あともうひとつは、俺の部活の先輩のためである。
俺はいつも昼は屋上に行って食べている。先輩はいつも屋上にいる。
この先輩は、香坂かおりと言うなんか演歌歌手みたいな名前だが、外見は、本当に幼い。ぶっちゃけ七海といい勝負である。
「あ、聡後輩。今日もちゃんと作ってきたかい?」
「はいはい。ちゃんと作りましたよ。今日は久々にパンですけど。」
「パンかよ。私は、ご飯がいいの。」
「じゃ食べなくても良いですよ先輩。」
「うそうそだから、パンでも食べるから。ごめんなさい。」
「よし分かればよろしい。さっさと食べてくださいね。5時間目は移動教室なんですから。」
「そんなこといわないでさ、私と一緒にサボろうよ。楽しいよ。」
「残念ですが、俺は、先輩と違って、頭がよくないのでちゃんと授業は受けなきゃいけないのですよ。」
ちなみに、この先輩は学年主席。サボってるのに。
「まぁまぁ、そんな事はいわずさ、分からないところは私が教えてあげるから。まぁ先輩ですから。」
「それやったら、3日間ぐらい監禁されたので、やめときます。」
「あぁ、ななみちゃんね。あの子。結構すきだね。このもて男。」
「まぁ。本当によく分からないですけどね。」という会話をした。