※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

776 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/03/01(土) 19:58:07 ID:s1JwMypw
ヤンデレに後ろから『だ~れだ』ってされたい
で、間違えたい


778 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/03/01(土) 22:56:57 ID:dLP8n0o6
「だ~レダっ」

後ろからふわっとシャンプーの香りがした。と思ったら視界が少し汗ばんだ手で覆われた。
真っ暗ではなく、細い指は陽に透けて赤みを帯びている。生命の赤だ。
首筋のあたりに柔らかい髪が触れ、吐息もかかる。
走ってきたのだろうか、後ろの少女の息は上がっていた。
声音を変えていて誰だか分からない。
だが、おそらく待ち合わせの相手だろう。

「ことみだろ?」

「うふふ」

風が背後から吹いてきた。
生臭い風だ。
片手が外れた。
半分の視界の後ろから、放物線を描いて、丸い、ものが。
丸い、モノが。飛んで、きて。

視界の真ん中に落ちた。

「やっぱりことみちゃんと間違エタ……」

視界の真ん中に落ちていることみと目があった。







続かない。反省はしている。