※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

317 名前:雌豚のにおい@774人目[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 20:12:56 ID:U3EspJww [2/9]
「年賀状は一枚か……」
 数なんてあんまり気にしないものの、やはり寂しかった。
「ま、何枚あってもさ、お年玉に当選するわけじゃないしな」
 独り言を繰り返しても……やっぱりむなしかった。
 確かに僕は誰にも出していない。
 むしろ、受け取ってから相手に出す予定である。

 言い訳を繰り返しながら、呼び鈴を指で押した。
 ピンポーンと乾いた機械音が響く。
「はーい」
 と同時に、少し低い女性の声が耳に届いた。
 あまりに早すぎて、待ち伏せていたんじゃないかと驚いてしまう。

「と、隣のものだけど、」
 その動揺を隠しつつ、
「あの、年賀状を」
 言葉を続ける。
 そう、僕は受け取ってから相手に返すようにしているのだ。
 しかもアパートの隣の住人なのだから、直に手渡した方が会う機会も出来て一石二鳥。

318 名前:雌豚のにおい@774人目[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 20:13:27 ID:U3EspJww [3/9]
「あけましておめでとう!」
 さっきより少しだけ高い声と共に、勢いよく開く扉。
 眼前に表れた〝どてら”姿の女性。
 まるで、慌ててそれを羽織ったようにも見える。
「もしかして寝てた?」
「ううん、全然!」
 彼女は否定したのだけど、本当は舟を漕いでいたのかもしれない。
 だとしたら、悪いことをしたな。
「手短に言うけど、用件は」
「まま、寒いでしょ。入って入って」
 また、最後まで言い終わる前だった。
 部屋の中へと、彼女に手を引かれたのは。

「でーんと座って。今温かいものでも持ってくるから」
 僕がコタツに座るのを待ったかのように、
「いや、年賀状を渡しに」
「気にしない気にしない」
 矢継ぎ早に、言葉を残して台所へと消えていく。
 彼女は、よく二回同じ言葉を繰り返す癖があった。
 そういうのを知ってるほどには、隣付き合いを持っている。

 一つため息をついて、コタツの机に持ってきた年賀状を置いた。
 大掃除をしたのがわかるぐらい、とても磨かれた机に。
 僕の年賀状とは、比べものにならないほど綺麗だった。
「ま、まぁ、小一時間で作ったものだからな」
 不思議に思うのは、ある年までは仕事の仲間達から何枚も来たこと。
 いつからだろうか、一枚しか来なくなった。
 その最後の一枚はもちろん、彼女からの物。
 だから、最近では受け取ったら返すという風に気取ったりもしている。

 うーん、職場で不和を起こしたことはないのだけれど……。

319 名前:雌豚のにおい@774人目[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 20:13:55 ID:U3EspJww [4/9]
「はい、お待たせ。君の大好きな緑茶だよー」
「早っ!?」
 あらかじめ用意でもしてたのかと思えるほどに早かった。
「ふふん、私は出来る子だからねー」
「さいですか」
「むー、信じてないなぁ」
 軽口を叩け合えるのも、それぐらい信用されてる証拠なのかもしれない。
 普通、正月早々に赤の他人に来られたら困るだろうに。

「黙っちゃって、」
 ふっと考え込んだ自分を見逃さないように、人差し指で頬をつつかれた。
「どうしたのどうしたのー」
 そうして顔を傾ける。
 それに倣って長い髪が垂れた。

「そういえばさ、両親とか来てないの? 親戚とか」
 もちろん、自分は来ない。彼女のも来たのを見たことはない。
 それを知っているのだけど、あえて質問で場をにごした。
「ふふ、来るわけないじゃーん。君と同じで年賀状の数も同じ」
 どてら姿の女性が、机の上の雑な年賀状を手に取る。
「だから嬉しいな。ありがとう、宝物にするよ」
 そして、そう付け加えた。

320 名前:雌豚のにおい@774人目[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 20:14:14 ID:U3EspJww [5/9]
「あーっ、君は照れてるな」
「ちがっ!」
 彼女がもう一度、「照れてるな」と付け加えて微笑む。

「はいはい、照れてる照れてる」
「今度は私の真似マネかな?」
「ちげぇよ」 
 端から見たら、僕らはどういう風に見えるのだろうか。

「なぁ、気になったんだけどさ」
「何々?」
 間髪を容れず答えながら、今度はさっきと逆の方へと首を揺らした。
 次いで、見とれるほど黒く美しい髪も傾く。
 その視線は、観察しているように自分へと向いていた。
「ほら年賀状で、同じ枚数って言ったじゃんか?」
 だから恥ずかしかった。
 彼氏はいるのかとか、これからの予定とか……問いかけることが。

「うんうん、言ったよぉ。他にも君と私は色んなことが一緒で」
「いやいやいや、そうじゃなくて」
 口早にしゃべり始めた彼女を止める。
「僕さー、昔はもっとたくさん枚数もらってたんだけどさ」
「ふぅん」
「もしかして疑ってる?」
 それとも、彼女自身が一枚しか来ないのを気にしているのだろうか。
 本当は、特定の誰かから来る予定だったとか。
 目の前の女性は、そう思っても当然なほどに見栄えが良かった。

321 名前:雌豚のにおい@774人目[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 20:14:37 ID:U3EspJww [6/9]
「疑ってないよぉ。……それで?」
 思い返せば、自分の部屋に職場の友人が来たこともない。
 誘えども、いつも用事がと言われた覚えが……。
「早く続きを言ってもらえないかな?」
「ああ、うん。でさ、」
 促されるように、僕はもう一度口を開く。
 その間、目の前の女性と何度も視線がぶつかった。
 あちゃー、地雷の話題だったか。

「なんで来なくなったのか、年明けの七不思議として話そうと思ってさ」
 質問したかったこととは違って、自分でも内容をまとめ切れなかった。
「もう、そんなのは七不思議にはならないよ」
「……で、ですよねぇ」
「だって謎なんてないからね。真実はわかってるのだから」
 まるで名探偵のように、人差し指を立てる彼女。
「な、なんだってっ!? それは本当かキバヤシ!」
 ポーズを決めるその仕草がよく似合っていた。

「もちろんだとも。なにせ私が全部破り捨ててるんだからなっ」
 …………。
 一瞬どころか、時が止まりそうだった。

322 名前:雌豚のにおい@774人目[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 20:14:56 ID:U3EspJww [7/9]
「ふぅ……。また冗談ですか」
 往々にして、彼女はこういうジョークを出してくる。
 いつかの時も、そうだったような。
「えへへー。でもこれで私と君は一枚岩だ」
「あー、聞いて損した」
 それは年賀状が一枚なのと掛けてるギャグなのかと、突っ込む気も起きなかった。
「もう! そんなこと言うならお雑煮出さないよー!」
「それだけは、お代官様!」
 言葉とは裏腹に、彼女の表情は笑顔だった。
 こういっては何だけど、僕たちはお似合いなんだと思う。
 ……たぶん。

 誰に言われるまでもなく、出されたお雑煮を一口すする。

「そうそう、一つ忘れてた」
 また低くなった声色に、首を振り向けた。
 口に入った長く黒い髪の毛を取り出しながら。
 間違いなく彼女のモノだ。
 たまに……というか、ほとんど入っている。

 要するに、おっちょこちょいなのだ。
 それが分かるぐらいには、隣同士の付き合いがある。
 もう気にはならなくなったのだけど。
「今年、君の職場に入った女がいるようだけど」
「ほへが、ほほしたの?」
 ちょうどお餅を噛んでいたため、ちゃんと発音はできなかった。
 けれど、なんとなく意図がわかったのだろう。

323 名前:雌豚のにおい@774人目[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 20:15:19 ID:U3EspJww [8/9]
「アイツはもう二度と来ないわ。遠い実家に帰ったのだから、遠いね」
「……ふぁい?」
 だろうが、返答された言葉の意味はわかるはずもない。

「いつもと同じ二人だけの新年。今年もヨロシク」
 まだ口に餅が残っている僕を後目に、彼女はおせちの用意に取り掛かるのだった。