※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

824 名前:妹はキスを迫る[sage saga] 投稿日:2015/03/05(木) 21:24:29 ID:v5zEQmKA [2/4]
「キスして」

 夕暮れに照らされた居間の中、ソファに寝そべった妹は阿呆らしいことを呟いた。
 連日の猛暑で頭がイカレタのだろう。聞こえなかったふりをして無視する。

「お兄ちゃん、無視はひどいんじゃないかな」
「無視してやってるんだ。ありがたく思え」

 真摯に受け止めた場合、妹は精神科行きだ。

「いいじゃん、してよキス。減るもんじゃあるまいし」
「俺の社会的信用が減る」
「減る程無いじゃん」

 痛いところを突かれた。

「とにかく妄言を吐くのは止めろ」

 近親相姦なんて魅力のないもの、する気はない。
 こんな生意気な妹と関係を持つくらいなら、玉砕覚悟で幼馴染に告白する。

「……わかった」
「よし」
「お兄ちゃんはツンデレだということが」
「氏ね」
 
 落ちてあった洗濯ばさみを投げつける。
 妹はそれをあっさりとキャッチした。
 無駄に反射神経がいい奴だ。

「ナイスキャッチ」
「自分で言うな」
「ナイスツッコミ。あ、お兄ちゃん。喉が乾かない?」
「急に話が変わったな」
「ジュース飲みたくなったんだから仕方ないじゃん。で、お兄ちゃんも飲む?」
「……飲む」

 確かに喉が渇いていた。
 主に妹のせいで。

「ラジャー」

 変な挨拶をして、当の本人はキッチンに向かった。
 だらしない服装が嫌でも目に入る。
 付き合うなら、清楚な娘がいいと改めて思った。

「おまたせー」
「ああ」
  
 妹からコップが手渡された。
 中には白い清涼飲料水、この季節の必需品だ。
 体が失った水分を取り戻そうと勝手に動く。
 気づいたときには飲み干していた。

825 名前:妹はキスを迫る[sage saga] 投稿日:2015/03/05(木) 21:25:48 ID:v5zEQmKA [3/4]
「いい飲みっぷりだね、キスして」
「どさくさに紛れて言うな」

 油断も隙もない奴だ。

「いい加減にキスしてよ」
「いい加減にキレるぞ」
「そこまで拒絶しなくてもいいじゃん」
「するに決まって『叔母さんとは』……お前」

 妹は、数枚の写真を持ちながらにやりと笑った。 

「キス以上のことをしたくせに」
「お前、いつの間にそれを撮ったんだ!」
「さあ、いつだろうねー」

 写真を取り上げるため、立ち上がろうとする。
 しかし――。

「くっ!?」

 体に力が入らない。

「無駄だよ、ジュースにたっぷりと薬を入れたから」
「どこでそんなもん手に入れた!!」
「教えてあげない。それより、取引をしようよ」
「取引だと」
「うん」

 脅迫犯は、怪しげな微笑で告げた。

「私とキスをしたらこの写真はお兄ちゃんにあげる」
「……それに従わなかったら」
「お父さんとお母さんに写真を見せる」
「……」

 こんなもの取引じゃない。
 答えは一つに決まっている。

「わかった。勝手にしろ」
「わーい」

 人生最悪のキスを俺はした。


「はい、写真」

 薬の効き目が薄れた頃、約束の品はあっさりと返された。

「良かったよ、お兄ちゃん」
「黙れ」

 写真は全部で十枚。
 言い訳のしようがない姿が移されている。

「あ、それとお兄ちゃん」
「……なんだ」

 正直、こいつとは二度と口を聞きたくなかった。
 それでも、返事をしてしまうのは妹からだろう。
 むかつく話だ。

「写真はまだまだあるから」
「なっ!?」
「これからもよろしくね」

 次はキス以上だね、嬉しそうに妹は言った。