※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

409 :ヤンデレの扉 ◆ZUUeTAYj76 [sage] :2008/03/21(金) 18:32:49 ID:uy+ZxvCh
この病院には「暗黙の了解」があった
『404号室に入る患者とは関ってはならない』
けれど私は、その4階の端にぽつりとある個室が気になっていた
まるで他の患者から隔離されているその病室
入るのは毎回女性で、大体1ヶ月周期で入れ替わる患者
なぜ気になるのか自分でよく分からない
だからこそ、会いたかった、あって話をしてみたかった

――チャンスは意外と早く訪れた

その日、私は夜勤だった
突然の搬送、近くで大規模な玉突き事故があったようだ
スタッフは皆その対処におわれ、私もそうするハズだった
私が向かったのは404号室
ダレも居ない4階、きっとチャンスは今しかない
鍵を空け、私は404号室に入った

「いらっしゃい、なにも無いけれど、ゆっくりしていって」

直後、暗闇の中から声をかけられた
儚げな少女の声、暗くて姿は見えない
でも間違いない、この病室の主だ


410 :ヤンデレの扉 ◆ZUUeTAYj76 [sage] :2008/03/21(金) 18:33:34 ID:uy+ZxvCh
「私に、会いに来たのでしょ? 違う?」
「あなたと、一度でいいからお話したくて」
「だったら、そんな所に立ってないで、座ってください」

私は暗闇にぼんやり浮かぶパイプ椅子に座った

「なにか悩みがあるのね、たとえば、恋……とか」

……!

「うふふ、図星ね。彼と上手く言ってないみたいね」
「そうだけど、どうして、どうして分かるの?」
「だってあなた、そっくりなんですもの、私に」

そして私は話した、自分のこと、彼のこと、二人の関係
彼との付き合いが上手くいっていないこと
どうすればいいのか分からなくなっていることを
彼女はそれを全て聴いてくれた
そして私に語りかける、当然のことを言うように

「好きにすればいいのよ
 彼の幸せのために貴女の幸せのために
 二人の幸せのためなら彼だって喜んでくれるわ
 だって貴女達は愛し合っているのでしょう?
 愛し合う二人が幸せになるのは当然のことじゃない、ねぇ? 
 幸せになるために思い浮かぶことの全てをしてあげるの
 少し手荒な手段をとっても彼なら許してくれるわ、
 だって貴女を愛しているから。貴女も、彼を愛しているから。
 今は拒絶していても、きっと将来感謝されるわ
 貴女に愛されてよかったって、幸せだって
 うふふ、私の彼もよく泣きながら……あ、惚気てごめんなさいね」


411 :ヤンデレの扉 ◆ZUUeTAYj76 [sage] :2008/03/21(金) 18:35:49 ID:uy+ZxvCh
すぅっ、と心のモヤが晴れていくのを感じた
きっと私は迷っていたのだ、
今ならきっと何だって出来る、彼のために
それを感じたのか、彼女は満足そうに頷き言った

「さあ、早く行動に移したほうがいいわよ、邪魔が入る前に、ね
 そうそう、お礼を言うの、忘れていたわ」

お礼を言わなければならないのは私のほうなのに

「開けてくれて、ありがとう」
「……あ」

気づいたとき、彼女は病室から消えていた


彼女がどうなったのかは分からない、きっと恋人と幸せにしているのだろう
あれから、私は病院を辞めて彼に会いに行った
彼は酷く驚いていたけれど会いにきてくれたのを喜んでいたんだと思う

「これからはずっと一緒に居られるからね」

そういうと、彼は泣きながら何度も謝った
ああそっか、自分のせいで仕事をやめたと勘違いしているんだ
自分を責めないで、私は自分の意思で仕事を辞めたんだから

さあ、一緒に幸せになりましょう