※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

133 :触れられない優しさ :2008/05/03(土) 15:32:59 ID:ZfWXD8eZ


――か、体が動かない。どうやら金縛りにあったらしい。また、か……
「こんばんはぁ、健ちゃん」
僕の脳の中で甘ったるい女性の声が反響する。その声の主は、僕が愛した女性の声だ。名前を由梨という、二年前に事故死した彼女の。
「ふふ、また来ちゃった」
目を開けると、向日葵のように微笑む、生前のままの由梨の姿があった。透き通るような長い黒髪も、陶器のような白い肌も、睫の長いぱっちりとしたかわいらしい瞳も……
「健ちゃぁん……さっき、どこ行ってたの?」
そして異常なまでの僕への独占欲も。全て生前のままの彼女だった。


134 :触れられない優しさ :2008/05/03(土) 15:33:54 ID:ZfWXD8eZ
「い、いや……別に」
声が出せないので心の中で呟く。幽霊ってのは心の中まで覗けるのか、声が出せなくても会話はできた。
「別にって……私に言えないことなの……?」
悲しみとも怒りともつかない声が脳内に響く。聴覚を介せず、直接脳に語りかけてくる声からは逃れられない。
「私には分かるよ。健ちゃん、女の家にいってきたんでしょ?」
そう、確かに僕は今晩女の子の家に行ってきた。でも、別にやましいことをしてきたわけじゃない。言い訳はできないのは分かっているが、説明したところで、彼女が理解してくれるか怪しかった。
「健ちゃん……私のこと嫌いになったの?忘れちゃったの?」
由梨が僕の頬に手を伸ばす。だが、彼女の半透明の手は僕の体をすり抜ける。幽霊である彼女は、生きている僕の体に触れることはできないのだ。それでも彼女は幾度となく触れようとした。そしてその度にうなだれた。
「嫌いにもなってないし忘れてもないけど……ごめん」

「……なんで謝るの?」由梨は無表情で僕を見下ろしていた。見る者すべてを凍り付かせるような目で。それは、僕が由梨以外の女の子と話したりご飯を食べたりしたときの表情。
そしてなまじ美しいだけに、恐ろしかった。