※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

606 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/05/25(日) 01:27:24 ID:qzSnjebq
『そうだね、ヤンデレ姉だね。』

ゆっちーとは、幼いころからずっと一緒にいた。
私は姉で、ゆっちー…ユウヤは私の弟だったから。
ゆっちーと私は、生まれた時からずっと一緒。

姉「それで、ゆっちー、今日の夕飯だけど…」
ユウヤ「なんでもいいよ…別に…」
姉「…グラタンとかどう?」
ユウヤ「グラタン…?別にいいんじゃない。姉ちゃんが食べたいもん作れば。」
姉「…そっか、で、でもゆっちーのために一生懸命、作るからね!」

と、一拍おいた次の瞬間、弟の身体が私の胸に飛び込んできた、あわてて私はミトンをはめた手で弟を支える。
高校生とは言っても、文化部に入ってるゆっちーの身体はまだまだ小柄で、華奢だった。

ユウヤ「ごめん…お姉ちゃん。今日さ、告白したんだ。でもフラれちゃって…イライラしてて…姉ちゃんに対しての態度が…あんなんなっちゃって…んっ…」

”オトウト”を強く抱きしめる。上半身をゆだねてくるゆっちーの頭に、ちょうど私の胸が押し付けられたのだろう。
…下半身も預けられたのを感じる。
少し身体を離して、恥ずかしがっているゆっちーに向かって微笑みかける。

姉「いいよ、気にしないで。失恋したら誰かに当たりたくなる気持ち…わかるからさ。」

両親とも、仕事が忙しくて帰宅が遅いことが多い。そんな私たちの家での、秘密の約束。
姉弟二人だけでご飯を食べるときは、私が口移しでゆっちーに食べさせてあげる。

猫舌なゆっちーがまだ小学生の頃にはじめたものだった。
しっかり食べさせるためにふざけ半分ではじめたものだったけど…
今も続ける理由は…

ユウヤ「やっぱりさ…俺には姉ちゃんしかいないのかも。」

照れくさそうに笑うゆっちーを強く抱きしめてあげる。
そんなこと言ってくれるなんて、すごくうれしい。
それでこそ、女の子とゆっちーを近づけないように手を回している甲斐があったというもの。だね。

ゆっちーと私は、生まれた時からずっと一緒。
そう

死ぬときまで…