※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

885 :ヤンデレ妻と初詣 [sage] :2008/06/12(木) 12:08:11 ID:qqyAx98Q
埋め代わりにヤン妻小ネタを投下だよ
エロ?無いよ

1月某日 晴れ

「あなた、そろそろでかけないと…せっかくの初詣なのに、人混みでおまいりできなくなっちゃいますよ」
もたもたと出かける準備をしていると、むくれた様子の妻に抱きつかれた。
あまり初詣に気が乗らない俺とは違い、妻はいつの間にか着物まで着て準備万端なようだ。

そういえば、妻の着物姿を見るのは結婚式の白無垢以来か。
今しがたのんびりするなと怒られたばかりだというのに、普段とは違う雰囲気の妻に思わず見とれてしまう。
…それにしても珍しい色の晴れ着だ。緋色…血色?
俺が不思議そうに晴れ着を見ているのに気付いたのか、
「これ、おかあさまからおくられてきたんです。いい染料がてにはいったからって」とはにかみながら答えてくれた。
よりによって俺の実家から…着物のことは詳しくないからよくわからないが、
染料というのは一般家庭でも簡単に入手可能なのだろうか。
「そうですね…素材ならそこらじゅうにいるんですけれど、やっぱり連続で狩るとさわぎになってしまいますから…
けつえk…染料を一滴のこさずしぼりとるのもたいへんですし。
おかあさま、必要なだけあつめるのに何ヵ月もかかったらしいですよ」
松茸並に貴重な染料だ。
「あ、でも後始末はすっごくたのしかったっておっしゃってました!」
わたしもおてつだいしたかったです、と何故か目をきらきらさせている妻に、
それならそのうち休みをとって一緒に里帰りしようかと提案する。
「えっ!ほんとうですか?」
この上なく嬉しそうな笑顔。言ってみて良かった。

そうこうしているうちに妻に手早くコートを着せられ、ぐいぐいと外に連れ出される。寒い…
神社に到着するまでの間、妻はずっと「トランクをひっぱりださなくちゃ」だの、
「お着物のつくりかた、おしえてくださるかしら」だのとはしゃいでいた。
早速里帰りする気満々になっている妻には悪いが、
正月明けでまとまった休みをくれるほどうちの部長は甘くない、と言い訳しておく。
「とれますよ、おやすみ」にこにこと微笑む妻。
「部長さんも……きっと、あなたにおやすみあげなきゃって、おもってますよ、うふふ」
もうすぐ仕事に追われる予定の俺を慰めてくれるのだろうか。
妻の優しさに感謝しながら、それなら神様には「休みが欲しい」と頼もうかなどと軽口を言い合う。

程なく神社に到着。
早めに来たせいか思ったよりも混んではいない。少し並べば境内まで辿り着けそうだった。
妻と参拝客の列に並びながら、今年の願いは何にしようかと思案する。
「休みが欲しい」も叶えてほしくはあるが、やはり新年最初の願い事なのだから
もっと優先度の高いものにすべきだろう。
あれこれと考えていると、突然「あなたあぁ」と助けを求める妻の声に我に還った。
何事かと妻の方を見ると、妻は何故か帰りの参拝客の列に巻き込まれそうになっていた。
慌てて妻を引っ張り出す。どうやら俺と同じように考え事をしているうちに列に紛れ込んでしまったらしい。
……正月早々うっかりしているものだが、おかげで今年の願い事を決めることが出来た。

『妻とずっと一緒にいられますように』…恋愛ドラマのようで照れ臭いが、これが一番の願いなのだからしょうがない。
たぶん、妻も同じことを願ってくれるだろう……もうはぐれないようにと差し出した手を、
恥じらいながらもしっかりと握り返してくれる妻を見る限り、
それは自惚れではないと期待しても良いのかもしれない。

おわり