※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

264 :ヤンデレウィルスに感染してみた [sage] :2008/06/16(月) 01:11:04 ID:vTbj9rqy
『heartshot』

Aim――HeadShot

今日も一匹、主に擦り寄ってきた醜い肉の塊をモノに変える。
弾けた頭部が、醜悪な肉塊のくせに割りときれいな花を咲かす。
この肉を沈めたのは、まあ、予防だ。
これ以上近づかれては目障り、それで十分。
前の前の汚物は主の唇を奪った、だから撃った。
撃ったといっても口を広げてやっただけ。主を汚した唇と引き換えに。
風穴開いた大口なら馬の×××も咥えられるだろう、ビッチにはお似合いだ。
明確な罪状があるのはそいつだけ、だと思う。多分。
主がまるで誘蛾灯かのように、蟲は寄ってくる。
何匹狩ってもきりがない、次から次へと沸いてくる毒蛾ども。
一匹一匹撃ち落すのはいささか面倒ではあるが、主との二人だけの世界のため。
苦労があるからこそ、喜びもひとしおだ。
二人きりの時間、主と私の至福の一時。

油断した。
少しペースをあげすぎたか、犬どもに嗅ぎ付けられた。
見つかってからの奴等の対応は意外と早い、思ったより優秀。
それが鼻につき逃走途中に数人を地獄へと突き落とす。
仲間を殺され怒った奴等は数を増し、あげく特殊部隊までご登場。
どっちが悪いのかも分からないのか、所詮犬だ。
そして愛の逃避行は終わりを告げる。
囲まれた、地上は盾を持った亀に包囲され、高所にスナイパーが3人、スコープから主を視姦する。
後数分もしない内に主は狙撃され死ぬだろう。
それは嫌だ、とても嫌なことだ。
けれど、主を他人の手に渡すことはもっと嫌だった。
だからせめて、最後は私の手で。
そこで気づいた。気づいてしまった。
私では主の心臓を打ち抜くことができない事に。
その時、音速を超えた鉛が主の胸を貫いた。
Aim HeartShot
正確に心臓を貫かれ開いた穴から血液が噴出し私へ降りかかる。
ああ、なんて、あたたかい……
私を離すことなく、膝から崩れ落ちる主。
HeadShot
主は頭部の半分を亡くし絶命し、私は地面へ放り出された。
広がる主の血の海に沈みながら、主の匂いに包まれながら私は願う。
もしも、生まれ変われたのなら、私をもう一度主のモノにしてください、と。