※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

43 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/05/31(水) 02:41:17 ID:ju7bF4dq
 里村・春香と出会ってから分かれるまでの数ヶ月の間、幹也は春香を好きだと思ったことは一度もなかった。
 ただ、彼女の左手に隠すことなく刻まれた細く数多い傷跡は、幹也の興味を惹くだけのものがあった。
 幹也には自傷癖も他傷癖もない。そういうことをする人間に対する興味はあった。
 なぜそうするのか――それを考えていれば、正しく暇つぶしになった。

「どうしてこういうことをするの?」

 夕暮れの図書室。紅く染まった、本と埃の、時の積み重なったにおいのする部屋。
 二人だけの世界で、幹也は、春香の手首を舐めている。
 手首につけられた傷跡を、穿り返すかのように、丹念に舐めている。
 春香は光悦とした表情とともに答えた。

「人による。狂気倶楽部には、手首を切る人は多いけど、みんな理由が違う」

 狂気倶楽部、という名前を、幹也は図書室で「遊ぶ」ようになってから幾度となく聞いていた。
 それが何かと聞いても、春香は決して教えようとはしなかった。
 いつか教えてあげる。それまで誰にも秘密。その二つだけしか言わなかった。
 幹也もそれ以上尋ねようとはしなかったし、誰にも話すつもりはなかった。
 そもそも、学校では「可もなく不可もなく特徴のない」生徒だった幹也には、そういうことを話す相手はいなかった。
 家でも、学校でも、彼は普通である。ただ、退屈していただけだ。
 何の理由もなく、何の原因もなく、生まれつき彼は――ただひたすらに、退屈していた。
 だからこそ、こうして退屈しのぎと称して、退廃的で倒錯した行為にふけっている。
 手首から舌を外して、幹也はもう一度尋ねた。

「なら――春香の理由は?」

 幹也は、学校では『12月生まれの三月ウサギ』ではなく、名前で呼んでいた。
 春香がそう懇願したのだ。まるで、特別な絆を作るかのように。
 春香は微笑んで、答えた。

「死にたいから。死にたいけど怖くて、手首しか切れないの」

 分からなかった。
 どうして死にたいのか。
 だから、幹也は尋ねた。

「春香は、どうして死にたいの?」

 笑ったまま、春香は答えた。

「生きるのが怖いから」

 この答えの25日後、里村・春香は言葉どおりに、屋上から飛び降り自殺をした。
 そしてその遺言に従い、幹也は暇をもてあましながら、喫茶店「グリム」を訪れたのだった。



44 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/05/31(水) 03:08:51 ID:ju7bF4dq
 退廃的で倒錯的な行為を終えて、幹也はグリムの身体から離れた。
 机の上で、グリムは、ぐったりと力を失って気絶している。
 フリルのついた、黒いワンピースが乱れていた。
 色こそ違うものの、その姿は、いつかの日のヤマネに似ていると思った。
 それもそうだ、と幹也は内心で頷く。ヤマネにやったようなことを、グリムへやったのだから。
 行為を終え、椅子に深く座りなおした幹也に、マッド・ハンターがにやにや笑いと共に話しかけた。

「やぁやぁやぁ。『盲目のグリム』は有望な新人でしょう?
 排他的でも自傷的でもない、誘いうける依存者は久しぶりだよ」

 幹也は、眼前の机の上で横になるグリムと、昔と変わらず対角線上の端に座るマッド・ハンターを見つめて言う。

「喫茶店の名前はつけないものとばかり思ってたよ。分かりにくいことこの上ない。
 途中から喫茶店に向かって話しかける気分になった」
「まぁ、まぁまぁそれも仕方がないよ。この子、どうにもマスターの関係者らしいよ。
 会ったことはないそうだけれどね」

 随分と曖昧で適当なことだ、と幹也は思う。久しぶりに来たが変わりはない。
 あの頃。
 春香を失い、暇をもてあまし、マッド・ハンターとヤマネと過ごしていた頃と、何も変化はない。
 きっと、永遠に変化しないまま、唐突に終わるのだろう。
 まったく変わらないマッド・ハンターは、やはり変わらない笑いを浮かべながら幹也に言う。


「しかし、しかし、しかしだね。三月ウサギ君はどうにも、『妹』に好かれやすい節があるね。
 ヤマネの時もお兄ちゃんと呼ばれていただろう? 懐かしいね。
 君の本当の妹も、お兄ちゃんって呼んだのかな?」
「狂気倶楽部の外の話は、ここではナシだったはずだろう?
 そのルールも変わったのかい、マッド・ハンター」
「いやいやいや。変わってないよ。ただし、君の場合は有名になりすぎたからね」

 ――有名。
 マッド・ハンターの言葉は間違っていない。
 ヤマネと分かれ、狂気倶楽部からしばらく離れるきっかけになった事件で、幹也は有名になった。
 マッド・ハンターも、その事件を知っているし、本来秘密のはずの幹也の本名も知っている。
 それでも二つ名で呼んでくれるのは、マッド・ハンターの優しさなのかもしれない。

「それで、それで、それで? 君はまたしばらくここにいるの?」
「いや――」

 幹也は言葉を斬り、失神したまま動かないグリムを見る。
 今は失神しているだけだ。
 けれど、いつかは死ぬかもしれない。
 里村・春香のように。
 そして――ヤマネのように。

「この子を愛せるようになったら、またどこかに行くさ」

 グリムの黒い服と白い足を見ながら、幹也はふと思い出す。
 ヤマネのことを、春香のことを。
 忘れることのない、一瞬だけ退屈から救われた事件のことを。


(続)