※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

63 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/06/05(月) 02:23:08 ID:HVNZGBN/
 翌日。幹也は学校が終わると同時に、喫茶店「グリム」へと向かった。
 ヤマネが「明日」と言ったからではない。
 単純に、退屈だったからだ。退屈だったからこそ、いつものようにグリムへ行き、地下の狂気倶楽部へと向かった。
 いつものように、そこには二人の少女がいた。
 マッド・ハンターと、ヤマネだ。
 幹也は唄いながら十三階段を降り終え、二人に挨拶した。

「おはよう」
「ん、ん、ん? おはようと言った所でもう夕方よ」
「授業中退屈で寝てたんだよ――おはようヤマネ」

 言葉を向けられると、ヤマネの顔に、満面の笑みが浮かんだ。
 脳が蕩けたかのような笑顔を浮かべながらヤマネが言う。

「おはよっ、お兄ちゃんっ! 今日はなにするっ!?」

 にこやかに挨拶をするヤマネに笑いかけ、幹也はいつもの指定席に座る。
 長机の一番奥の椅子に。
 いつもと違う事があるとすれば――幹也が本をとるよりも早く、その膝の上に、ヤマネが乗ってきたことだ。
 まるで、昨日の分も甘えるとでも言うかのように、ヤマネは全身で幹也にすりよる。
 臭いをつける猫に似ていた。
 ヤマネが、二つ名の通りに『ヤマネ』ならば、今ごろ幹也は穴だらけになっていただろう。

「今日はずいぶんと甘えるね」

 幹也もそう感じたのか、言いながら栗色の髪の毛を撫でる。
 撫でられたヤマネは気持ち良さそうに微笑み、言う。


「――お兄ちゃんっ、昨日のコって誰かなっ!?」


64 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/06/05(月) 02:32:12 ID:HVNZGBN/
 唐突なその問いに、幹也の手が止ま――らなかった。
 まったく動揺することなく、頭をなでながら、幹也は言う。

「妹だよ」
「妹?」

 逆に、ヤマネの動きが止まった。
 その答えをまったく予想していなかったのか、瞳はきょとんとしていた。
 何を言っているのかわからない、そういう顔だ。
 家族がいないとでも思っていたのだろうか――そう思いながら、幹也は言う。

「妹。家族だよ」
「仲」惚けたまま、ヤマネは問う。「良いのかなっ?」

 見ての通りだよ、と幹也が応えると、ヤマネは「そっかぁ。えへへ」と、笑った。
 楽しそうに、笑った。
 楽しそうに笑う場面ではないというのに。安堵の笑みなら分かる。幹也を取られないという安堵ならば。
 けれども、ヤマネの笑いは違った。
 どこか被虐的な――自嘲じみた、歪に楽しそうな笑みだった。

「家族かぁ! いいなぁ、いいねっ! お兄ちゃんも、ヤマネの家族だよねっ、だってお兄ちゃんだもんっ!」

 楽しそうに笑ったままヤマネは言う。
 幹也は「そうだね」と適当に頷き、ヤマネの軽い体を机の上に置く。
 退屈だった。
 妹もヤマネもどうでもよかった。退屈を潰せるのならば。
 いつものように――幹也は、ヤマネの首に手をかける。


「うふ、ふふふっ、うふふふふっ! あは、あはっ! お兄ちゃん、楽しいねっ!」

 ヤマネは笑っている。
 いつもとはどこか違う、歯車が一つ壊れたような笑み。
 幹也は構わない。歯車が壊れても遊べることには変わりない。
 歪な、歪な今までとは違う歪さの二人。

 その二人を見ながら、マッド・ハンターはひと言も発さず、楽しそうに笑ってみている。






65 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/06/05(月) 02:39:15 ID:HVNZGBN/
 結局、その日は、いつもよりも早く帰ることになった。
 ヤマネの反応が、いまいち面白くなかったからだ。常に笑っているだけでは、壊しがいがない。
 反応を返してくれるからこそ、退屈しのぎになるのだ。
 そう考えながら、幹也は一人、家へと帰る。
 ごく普通の一般家庭の中に、普通の子供として帰る。
 肌に少女の臭いが残るだけだ。家族は情事としてしか見ないだろう。
 まさか首を絞め、異常な交わりをしているとは、少しも思わないだろう。

「雨に――唄えば――雨に――唄えば――」

 ワン・フレーズを繰り返しながら幹也は歩く。
 頭の中には、もうヤマネのことはない。あるのは、里村・春香のことだ。
 図書室から飛び降り自殺をした春香のことを考える。
 今もなお考えるのは――死んだ瞬間、春香のことが好きだったからだと、幹也はなんとなく考えている。
 一瞬だけ退屈がまぎれるような――人を好きになれるような――幸せだと感じるような――
 不思議な感覚が、『あの一瞬』にはあった。
 人にとっては異常とも思える思考と記憶にたゆたいながら、幹也は家へと帰る。

「雨に、唄えば――」

 唄いながら扉を開け、家へと入る幹也は気づかない。

――電柱の陰に隠れるように少女がいる。ワンピースをきて、栗色の髪の毛をした少女が。裸足のまま、じっと、幹也が入っていった家を見ている。

 ヤマネに、後をつけられ、家を知られたことに、幹也は気づかない。
 幹也の家を知り、幹也の部屋に電気がついたことを確認したヤマネは、楽しそうに笑いながらその場を去っていく。
 ヤマネの頭にある考えは、一つだけだ。


――お兄ちゃんは、ヤマネだけのものなの。



(続)