※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

173 :107の続き [sage] :2006/06/25(日) 02:32:12 ID:+sD7Pgg/

 ヤマネは――笑っていた。
 どうしようもないほどに、どうにもならないほどに、満面の笑顔でヤマネは笑う。
 その笑顔の向こうを幹也は見る。それ以外は見ようともしない。
 血に沈んだ家族も。壊れて散乱した家具も。割れた窓も。
 穏やかで、退屈だった日常の残骸を幹也は見ようともしない。
 血に濡れた笑顔だけを見つめている。

「ただいま、ヤマネ。どうしてここに?」

 幹也は問う。
 どうしてこんなことをしたのか、ではなく。
 どうしてここにいるのか、と。
 その問いに、ヤマネは笑ったまま答えた。

「だって、ヤマネはお兄ちゃんの妹だもんっ!」

 言って、ヤマネは包丁を放りなげてすりよってくる。
 手から離れた包丁が宙を回り、中ほどまで床に突き刺さった。
 血をぱちゃぱちゃと踏み鳴らしながら、ヤマネは幹也へと抱きついた。
 すぐ真下にある髪からは、いつもと変わらない少女の臭いと、真新しい血の臭いがした。
 その血の臭いも、部屋に満ちているそれと混ざり合い、すぐに分からなくなる。

「ヤマネねっ、お兄ちゃんのために頑張ったんだよ?
 お兄ちゃんを閉じ込める、ニセモノの家族を倒してあげたの!
 ね、褒めて、褒めてっ!」

 傍から聞けば、錯乱しているとしか思えないヤマネの言葉。
 けれど、この場には『傍』に立つものは誰もいなかった。
 血に濡れた部屋に立っているのは、ヤマネと幹也の二人だけだ。
 力の限り抱きついてくる少女を、幹也はそっと抱き返して言う。

「そう。――がんばったね、ヤマネ」

 答える幹也の顔は、邪悪に笑って――などいなかった。
 笑ってもいない。
 怒ってもいない。
 いつもと変わらぬ、退屈そうな表情のまま、幹也はヤマネを抱きしめていた。



177 :173の続き [sage] :2006/06/25(日) 02:49:15 ID:+sD7Pgg/

 腕の中、ヤマネが猫のように喉を鳴らし、頬を摺りつけてくる。
 ふと、幹也はその細い首に手をかける。
 キスをしたい。そう思う反面、このまま首を絞めてしまいたくもなった。
 そうすれば、少しは暇ではなくなるだろうから。退屈が紛れるだろうから。
 この異常な状況においてなお――幹也は、どこまでも平常だった。
 けれども、幹也が何をするよりも、ヤマネの動きの方が早かった。

「お兄ちゃん、そろそろ行こっ!」

 幹也から離れ、首に添えられた手を握り、縦にぶんぶんと振ってヤマネが言う。
 上下に振られた手を追いながら、幹也は呟くように答えた。

「行くって――どこに?」

 当然といえば当然の言葉に、ヤマネは「決まってるよっ!」と前置き、

「こんなところ、もういらないよね? ね、ヤマネと一緒にいこっ!」

 ――こんなところ。
 その言葉を聞いて、幹也は部屋の中を見回してみる。
 二人分の死体と、一人の死に掛けと、血と死と破壊で満ちた家。
 すでに終わってしまった場所。
 成る程、もうここは要らないな、と幹也は内心で納得する。
 退屈な家から離れて、殺人鬼の少女と退屈な逃避行。
 それも暇つぶしだ、とすら思った。

「そうだね。行こうかヤマネ」

 ヤマネの手を握り返し、幹也は言う。
 その言葉を聞いて、ヤマネは、これ以上ないくらい嬉しそうに笑った。

「うんっ! ここも、喫茶店もヤマネいらない!
 お兄ちゃんがいればそれでいいよっ!」

 ヤマネは手を繋いだままぴょんと跳ね、幹也の隣に並ぶ。
 繋いだ手の温もりと、血に濡れる感触を感じながら、幹也は踵を返す。
 視界の端に、重症の中まだ動いている――最後の生き残った家族が見えた。
 もはや家族ではなくなった少女に向かって、幹也は言う。

「――ばいばい」

 それが、別れの挨拶だった。
 幹也も、ヤマネも、振り返ることはなく。

「雨に――唄えば――」
「唄え――ば――」

 二人仲良く歌いながら、家の外へ、夜の街へと消えていった。