※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

190 :177の続き [sage] :2006/06/25(日) 22:39:19 ID:OwitErRI

 ――そして、半年後。

 街へと消えていったはずの幹也は、今、喫茶店「グリム」地下の図書室にいる。
 机の上でぐったりと放心している少女――グリムに覆いかぶさるようにして。
 そこにいるのは、ヤマネではない。
 机の反対側にはマッド・ハンター。胸の中にはグリム。
 かつて幹也の傍にいたヤマネは、此処にはいなかった。

「ふむ、ふむ、ふぅむ! それにしても君は本当にどうしてここにいるのかな?」

 行為が終わったのを見計らって、マッド・ハンターが口を挟んだ。
 その声は、いつもと変わらない嬉々としたものだ。ヤマネがいたころから。あるいはその前から。
 そして、これから先も変わらないであろう笑顔に向かって、幹也は答える。

「退屈になったから。それだけだよ」

 簡潔な答えに、マッド・ハンターはあは、あはは、あはははと笑い、

「君はいつもそれだよね。退屈、退屈、退屈! 
 ――その退屈を紛らせてくれたヤマネはどうしたのかな?」 

 確信的な、あるいは核心的な言葉を聞いて、幹也は微笑んで答える。

「君が知らないわけないだろ。ニュース見たよ。
『少年少女謎の失踪』。『殺人カップル』『少年死亡説』、他には何があったっけ」
「『悲惨な事件の生き残り・須藤冬華の賢明なリハビリ』。
 ニュースに出たおかげで、三月ウサギ君の正体を知ったのよね」
「ここで名前を呼ばないのは嬉しいけどね。で、どういうことなんだよ」

 なにがかな? とマッド・ハンターはとぼける。
 とぼけた顔は笑っている。解っていて、彼女は笑っているのだ。
 そのことを悟っている幹也は、ため息と共に言う。

「どうして――死んだはずのヤマネが、失踪扱いになってるんだよ」

 その言葉に、マッド・ハンターはこの上ない笑みを浮かべた。