※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

323 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/08/08(火) 00:48:50 ID:QzuSxDAU
腰に回された手は柔らかく、とても優しい。毎日のように床に這いつくばっているシンデレラには、とても遠いものだった。そうして、目の前で微笑む王子の顔は美しい。すっきり通った鼻筋、きらりと透き通る青い目、ふわりと揺れる金髪。あぁ、なんて素敵な王子さま!
ゆらゆらと踊りながらシンデレラは、堪らない幸福に包まれていた。王子さま、ねぇ王子さま、わたしは床を舐めながらあなたをいつも思っていたの。

(わたしだけの王子さま、)
(誰よりもあなただけを愛しい)

「ねぇ、王子さま…」

シンデレラの顔がとろりと溶けていくのを、王子は見てしまった。恍惚に濡れた瞳。蜜を煮詰めたような声。紅潮した頬。清楚で純粋そうなシンデレラが、そういう表情をするのは酷く欲情を誘う。背徳の、うつくしさ。

「私のことを、愛していただけますか?」




324 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/08/08(火) 00:51:10 ID:QzuSxDAU

「――勿論だよ」

気が付いたら答えていた。ふわりと、シンデレラは笑った。これ以上ないほど溶けて崩れた幸福の中を、シンデレラは泳ぐ。この人の腕の中、今ここで死にたいと思った。あぁでも、まだだめ…。まだ、死んではいけない。

(この人をほんとうに手に入れるまで)

「嬉しい」

控え目に、けれどしっかりシンデレラは王子に抱きついた。王子はそれに応えて、シンデレラをきつく抱き締める。その流れはあまりに滑らかで、ただ、幸せだった。

「私のことだけを」

じんわりと染み込むように、王子の耳元で囁いた。背徳と淫靡を溶かして、欲情を誘う甘い声。ぞくりと王子の背中を走ったのは、間違いなく本物、だ。

「愛してくださるのなら」

――ゴーン、

鐘の音が響く。12時を告げる、それは魔法の解ける死刑宣告にも似た。

けれどもシンデレラは笑っていた。笑って王子の腕から抜ける。あまりにも美しく自然に笑うので、王子は腕を伸ばすことも忘れてしまった。

「私を見付けて」

(あなたの愛で)

動きを止めてしまった王子を尻目に、シンデレラは駆け出した。その姿が見えなくなってからようやく、王子は我に返る。シンデレラが走っていった階段を見下ろせば、綺麗なガラスの靴だけがひとつ、きらりと光っていた。