※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

533 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/11/23(木) 15:48:20 ID:3lqbU3Je
    ◎シーン1:主人公罰ゲームで負けて、学校で一番根暗といわれている冥子に告白
 「あの、好きです。入学式の時から好きでした、あんの、そ、つ、付き合ってくださいっ」
 『・・・・・・』
 「え、あー、あの、ダメ? ははっ、まー……ね? だよね。にゃはっは」
 『わたしも、好きでした』
 「!?」

    ◎シーン2:取り合えず付き合い始め深い仲になり
 『お弁当、作ってきた。いっしょにたべよ♪』
 「お、おーんっ、いいねぇ。たべましょたべましょ(なーんかなぁ)」

    ◎シーン3:最初から乗り気でなかった主人公、彼女の拘束はだんだんキツくなり
 『ねぇ、景子ってだれ?』
 「ちょっ! ケータイみたの? 酷くね!?」
 『ねぇ、景子。景子って誰なの? すごく気になるの。』
 「いや、ただの友達だって。つーかケータイチェックやめてよマジで(ふざけんなよコイツ)」

    ◎シーン4:主人公景子に告白、で成立。冥子を振る
 『どうして、ねぇ、どうし、どうして!! どうしてよぉ!! 私のこと好きっていったじゃない!!』
 「ゴメン、でもそれが一番いいから。お前とはもう一緒にいられないんだよ。」
 『いやっ、いやよ絶対!! あんなに愛してるってぇぇ!! 愛してるっていたじゃない!!」
 「っせぇーーなぁ!! うぜぇんだよてめぇはよぉ! 大体付き合ったのも罰ゲームだったんだよ!」
 『!?』
 「好きで付き合ってたわけじゃねぇーんだよ! 気づけよそんくらい。つーかもう行くから、じゃあな」


534 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/11/23(木) 15:49:51 ID:3lqbU3Je
    ◎シーン5:ストーキングを始める冥子、主人公の家族に取り入る 
 「ただい――ま゙!?」
 『おかえりなさい』
母「あらあらお帰り。まったくもう、こんなカワイイ彼女を待たせるなんて、ダメねぇ」
 『あ、いいんですお母さん。私がいきなり来たんですから」
母「んま~~ごめんなさいねぇ、うちの子気が利かなくて、嫌いにならないでやってね」
 「・・・・・・(マジかよ)」

    ◎シーン6:夜這いをかけられた主人公、一部始終をビデオに押さえられ脅迫される
 『景子さんと別れてください。でないと、このビデオテープ、警察に提出します」
 「ハアッ!? なんで警察なんだよ!? 意味わかんねーよ!」
 『あなたにレイプされたって。どうなると、おもいます?」
 「……てめぇ」

    ◎シーン7:冥子宅にて主人公、冥子を拘束レイプ、証拠のビデオを発見、焼却
 「はっは!! これでもう何もできねーだろ!! ニ度と俺に近づくなよテメェ」
 『フフフ、こういうプレイが好きなんですね、あなた』
 「ハ、ハア? マジうっぜぇんだよ! キメェんだよテメェ!!」
 『うぐぅ!? ……ぅふっふふ、もっと、してもいいんですよ? もっと、もっと」
 「ハァハァ、うっせ! 死んどけ!(怖ぇぇ、本気で怖ぇぇコイツ)」


535 :名無しさん@ピンキー [sage] :2006/11/23(木) 15:50:33 ID:3lqbU3Je
    ◎シーン8:主人公景子とデート中、地下鉄で
 「あ、ゴメンちょっとトイレ」
景「うん、わかった」
 ・主人公景子の傍を離れる
 『こんにちは』
景「え? あ、えーっと?」
 『冥子っていいます』
景「!! あ、彼の……こ、こんにちは」
 『ええ、こんにちは』
 ・電車がホームに進入
 『そしてさようなら』
景「えっ?」 
 ・ホームは波紋が広がるように悲鳴の嵐となる
 『人の恋路を邪魔するやつは……ふふっ』

    ◎シーン9:主人公ブチ切れて冥子宅へ乱入、しかし返り討ちに
 「あ、が、がぅぁ」
 ・バチバチと火花を散らす改造スタンガンを手にした冥子
 『大丈夫です、死にはしません。そんなこと絶対させません』
 「て、めぇぇ、ぅぁ、ち、くそぉぉ」
 『これをずぅっと脊椎に当て続けると、どう、なるとおもいますか?』
 ・火花が散るスタンガン
 「!? ちょ、ぉおいっ」
 『大丈夫です。だいじょうぶ、ぜぇったい死にはしません。ただ、』
 「ま、まって、まってくれぇぇ、おねが、まってぇぇ!!」
 『ただ、私がいないと、生きていけない体に、ね? でもだいじょうぶ』
 「ッッッ!! ぎゃぁあ!! あぎゃぅ、ぅがえ! うげぁぁあ!!」
 『だぁいじょぉぶ♪ ずーっといっしょに居てあげます♪ ずぅーっと、ずぅぅぅぅっと!!』

    ◎シーン10:教会でライスシャワーを浴びる二人の男女、男性は車椅子
 『うふふっ! 幸せっ、いま私すぅっごく幸せよ! あ・な・たっ♪』
 「あ、あ、ああ、うあ」
 『うふふふ!! うん! そうだねっ! 幸せだねっ私たち♪』
 「う、あ、ああ、ううう」
 『(チュッ)あははっ!! うふふふっ!! あはははっ!!』
 ・参列者の拍手と歓声を浴びながら車に乗り込む二人
 『愛してるよ♪ あなたはもうすべて、体も、心も、人生も』
 ・車椅子の男には、頬に一筋の涙
 『  わたしのもの  』
  
    END