※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

539 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/11/25(土) 00:05:58 ID:dWlM3zuU
俺は理想的な家庭に生まれ落ちた。
優しい母親に尊敬出来る父親。何不自由なく育てられた。

しかし、五歳の頃にその理想は崩れた。
断片的な記憶だが、最近は頻繁に思い出す。

始まりは母親が出産祝いに、と伯母夫婦に送った二枚の旅行券。
伯母は生まれたばかりの娘は置いて行けないと最初は遠慮したが、
母は『何言ってんの、これから忙しくなって夫婦水入らずなんて出来なくなるんだから!
美奈ちゃんのことは私達に任せて、楽しんで来なさい!』と強く勧めたこともあって
伯母夫婦は出掛けていった。


540 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/11/25(土) 00:07:26 ID:dWlM3zuU
その帰り道。
旅行バスの崖からの墜落。生存者はいなかった。

母は責任を感じていたのか、後を追うように急死した。

遺されたのは俺と親父と…美奈だった。
親父は俺に告げた。
『修治、俺は親として情けないことを頼もうとしている。聞いてくれるか?
俺の仕事は帰りが遅いことは知っているだろう?
だが俺は今の仕事でしか金を稼げない。
生後間もない美奈の面倒を見ることが出来ない。
だから、美奈の母親がわりに面倒を見てやって欲しい。
五歳のお前に言うことじゃないとわかっている。が、
やって、くれるか?』


541 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/11/25(土) 00:09:28 ID:dWlM3zuU
『美奈は、誰かに愛されている、存在を必要とされている、ということが
教えられなくてはいけないんだ。それが出来るのはお前だけだ。修治。』

「うん、わかった!」
俺は素直に答えた。別に深く考えていたわけじゃない。
ただ、尊敬していた父に頼まれたという事実が嬉しかった。
自分が親父に近づいたような気がして、大人になったような気がして嬉しかった。
だから俺は、自分がもてる精一杯の力を統べて注いで、美奈の世話をした。
美奈の母になろうとした。
美奈が必要不可欠な存在だと、実感させようとした。