※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

581 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/03(日) 21:59:00 ID:mF3XkySr
兄さん……兄さん…………
なんて素敵な響きだろう……言葉として口に出さずとも、
頭の中で繰り返すだけで心が、身体が、暖かくなる。
他の誰もが発することの出来ない、私にだけ許された言葉。私の人生そのもの。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――


私の側にはもの心ついた時には兄さんが居た。
私の記憶があるのは、私が二、三歳くらいの時からだ。
兄さんは私のことをいつも気にかけていてくれた。
私を愛してくれた。私は兄さんの愛に包まれて育ったのだ。
兄さんを愛さないはずがない。


582 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/03(日) 22:00:28 ID:mF3XkySr
私は小さい頃から学校が嫌いだった。
兄さんが学校に行っている間、私は何をして過ごしていたのか覚えていない。
ただ淋しかった。そして私から兄さんを引き離す学校を恨んでいた。
日が傾き始めてからが私の時間だった。私と、兄さんの時間。
兄さんが居て、私が居る。ただそれだけのことだったが、
私はそれが嬉しくてしかたがなかった。

だから、兄さんから、私も学校に行くことになる、ということを聞いて、喜ばない訳がなかった。
これからは一日中兄さんと一緒だ。
嫌いだった学校を一気に好きになる程に私は有頂天になった。


583 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/03(日) 22:02:30 ID:mF3XkySr
幸せの真っ只中にいた私だが、それはいとも簡単に破られた。
期待を粉々に打ち砕かれ学校に裏切られた私は、この時一つの教訓を得た。

兄さん以外には、信ずべき存在など有り得ない。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今日は色んなことがあったなぁ。
兄さんの手を繋ぎながら今日のことを思い出す。
まず学校を楽しみにして、でも学校は思ったようなとこじゃなくて、
やっぱり私の味方は兄さんだけだなぁ…って確認した。
じっと兄さんを見つめる。
うん、やっぱりカッコイイ!


584 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/03(日) 22:04:01 ID:mF3XkySr
「…どうかした?」
私が見つめているのに気が付いたのか、
兄さんはテレビから私のほうに顔を向けてきた。
「ううん、なんでもない。」
そう言って兄さんの腕に抱き着く。
あはっ、兄さんの匂いがするよ…


次の日、
私は今、1時間目の授業が終わるのを待っている。
早く兄さんに会いに行きたいのだ。居場所は昨日聞いた。
十分くらいしか一緒に居られないけど、それでも早く会いたい。
身体がうずうずする。
時計を見る。授業の終わりまであと少し。
チャイムが鳴る。
私は矢のように飛び出した。
兄さん、いま、会いに行きます。


585 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/03(日) 22:05:55 ID:mF3XkySr
廊下を駆け抜け、目指す場所まで一直線。
見えた、兄さんだ。
「えへへ、兄さん、来ちゃった。」
兄さんは少し驚いた顔をして、少しして笑った。
「へぇ、よく場所がわかったね。」
当然だよ、兄さん。だって私は兄さんの妹なんだから。
兄さんは近づいて来て私の頭を撫でてくれる。
あは、あははっ、あはははは!
気持ちいいなぁ…兄さん、すごく、気持ちいい…。
兄さんに撫でられているとこからとけちゃいそうで、
触られてるだけなのにすごく甘い。よくわかんないけど、なんだか甘い。
兄さん、もっと、もっともっと撫でてくれる?


586 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/03(日) 22:07:32 ID:mF3XkySr
その後も、授業が終わる度に兄さんに会いに行った。
短い間だけど、昼の間、全く会えなかった時より最高に楽しかった。

その日の帰り道、兄さんと並んで歩いていると、兄さんが喋り出す。
「美奈、もう教室には来ちゃいけないよ。」
…なんで?疑問はそのまま口から出てくる。
「なんで!?教室に行かないと一緒に居られないよ?」
すると兄さんは答える。
「そうじゃないよ、美奈。美奈、学校っていうのはね、………」
……ねぇ兄さん、何を、言ってる、のかな?
私、全然わかんないよ。兄さんの側に居るより大切なこと、あるわけないよ。


587 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/03(日) 22:10:09 ID:mF3XkySr
「わかんない、わかんないよ。
だって…兄妹なんだよ?一緒に居ないなんておかしいよ。そうでしょ?」
……そう、おかしいよ…兄さん、なんでこんなこと言うの?
「美奈、学校に兄妹を持ち込んじゃ駄目だ。兄妹でいるのはそれ以外の場所。」
兄さんの言葉を聞きたくない…
「なんでなんで?そんなの、変だよ!!それに」
「美奈!!」
ッ!!!!!!!
……心臓が跳ね上がった…………息が吸えない………胸が……ドキドキして……
……頭がガンガンする…………気持ち…悪い…
……身体の中のものを……全部……吐き出して……しまいそう…